瀬田川へ (7月4日) ペインティングいろいろ

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

本日も16:30に仕事を〆て、瀬田川へ30分程の調査へ。さぁ釣れるかな?


天気予報

水位・雨量・放水量
日時 2017年 7月 4日 (火曜日)
琵琶湖水位 (6時平均) -15cm
洗堰放流量 (現在) 150m³/s
平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.1mm
水温 26.2℃

本日も爆風な一日となった。雨が欲しいと思っていたら、少し爆風過ぎですね。


ギルは元気良く泳いでいました。途中でアングラーさんとお話した所、ライトリグには反応は鈍い様子。大きいモノがいいかも知れませんね。


本日は クワイエットファンク社 デカダンストーイ 投げます。このルアーは10年位前に亀山ダムで知りました。当時、自分は おりきさわボートで定期的に開催されていた「レイクブルートーナメント」に3回程、エントリーさせてもらいました。その時に川島氏(当時はアブ)が使用しており、50アップを釣ってきた事で購入に至りました。実に10年ぶりのキャストです。


アクションが結構むずかしい… いきなり動かないんですね。今年は羽モノや缶モノ、関節モノ等のビックノイジー系を探ってみようと思っています。釣れたら面白いですしね。P.S 六文銭さん、ごちそう様でした。


ペイント完成

こないだの メガバス社 ジャイアント eFエックス が完成した。ちょっとキモち悪くなってしまいました。魚の形をしたモノに不自然なカラーを配置すると、見ている人を不快にさせますね。まるで黄色いドラエモン…まぁでも実釣主義なので宜しくです。フィッシングゲスト様には無料でレンタルしますよ。


こんな事を言ったら怒られるかも知れませんが、このカラーでしか釣れない魚も存在する事は事実だと思います。自分がキャストすれば、魚が初めて見るカラーですし、市販されている色でしたら、見切られるかも知れません。(例えマジックで塗っても)B.A.S.S の選手もオリジナルカラーで全部ペイントしている選手も多いそうです。どちらにしても、釣れるルーアには更に念を入れたい所、つまりはリペイントの利点ですね。


あとは ZPI社の旧マグネシウムスプールの塗装にも挑戦です。旧型のモノはドブ浸けで塗装してあるようで、簡単に剥離できた。左はブルーエンブレムを剥離して、ブランキング加工後にマジョーラで塗装されたブツ。エアブラシでは塗らなく回転計で塗ります。スプールをネオンカラーで塗装されたら、これまた営業用になります。


アメブロもやってますので、よろしくお願いします。


Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.
biwako-bass-fishing-guide-uketuke2 624
カテゴリー: タックル、ボートメンテナンス, テクニック、パターン&テーマ, トップウォーター, ルアー リペイント塗装 タグ: パーマリンク

コメントを残す