琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~藤原様~ 44cm

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

琵琶湖バスフィッシングガイドサービスリッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週から近畿地方の気温もグングンと上がり、水中のウィードも一気に伸びてきました。水温も30度代に突入し、暑さの中で釣りをするのが、厳しい季節になってきました。


ラバージグ&ポークでデカバスを狙う!

fujiwara5555

藤原様

本 日のゲストは兵庫県からお越しの 藤原様です。今回で6度目のご利用となります。普段は野池のみの おかっぱり を楽しまれているようで 今年からはボートフィッシングにも本格的に挑戦したいとの事です。本日は「琵琶湖らしい沖展開」でのリクエスト。本日はタックル面での苦労はありませんでしたが、数よりもビックサイズを狙いましたが、惜しくも大きい魚は目の前でフックオフされてしまいました。


天気予報

水位・雨量・放水量
日時 2017年 7月 15日 (土曜日)
琵琶湖水位 (6時平均) -21cm
洗堰放流量 (現在) 15m³/s
平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 1.7mm
水温 28.4℃

一昨日から放水が止まった。本湖周りではウィードマットも沢山できてきました。



朝6:15にマリーナへ向かいます。瀬田川周辺ではバスボートが既に集結していました。


タックル紹介

本日はクライアント様の大好きなリグ “ラバージグ” を使用します。ウェイトは 10グラム と 14グラム を使い分けました。使い方は簡単でとにかくキャストを繰り返します。ワームの釣りに比べたら、バイト数は少ないが ジグ はジグだけの面白さがあります。


そしてトレーラーはポークを使用しました。名前の通り豚の皮を加工した動物素材のルアー。これをフックにチョン掛けで使用する。これで釣れてくる魚はアグレッシブでワイルドな個体が多い。ポークには「アタリ物」とか「5年物」や「10年物」といったウィスキーの様な世界観がある。寝かせれば、寝かせた方が良い… というコレクター心をくすぐらせる所がある。


これで7年くらい。鍛えれば鍛える程、動きは艶かしい。結局は 途中でロストしたり、バクテリアに喰われてしまう。このポークルアーには熱烈なファンが多い。クライアント様もそんな一人だった。


業務開始

藤原様、本日はよろしくお願いします。でスタートです。「今日もまた来たよ!イェ〜イ」


10日間でマリーナ前は「モジャモジャ」になってしまいました。


もの凄い数のボートです。


朝一はトップで様子を見ますが、反応は得られず。


シャローに移動して、ラバージグのみをキャストします。


釣果

ヒット!


bewaf-fish-hook-offバチャ〜ン!フックオフ…


50後半のデカバスでしたが、フッキングできておらず。残念…


またヒット!44cm


他のエリアも見ましたが…


サイズは30クラスが多数でした。


ここでタイムアップとなり、本日の業務は終了です。藤原様、本日はありがとうございました。次回、穴埋めさせて頂きますので、またよろしくお願いします。


Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.
:-)
カテゴリー: フィッシングガイド釣果, 琵琶湖(南湖), 釣果関係 >全部見る タグ: パーマリンク

コメントを残す