riprap guide biwako kakuyasu ninki iblogリッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。9月23日。今年の秋は例年に比べて気温は高く、琵琶湖周辺では半袖で過ごせる程の気温でした。全体的に釣果の方も上向きでした。


逃した魚は実寸サイズよりおおきい!

uesugisama
上杉様

本 日のゲスト様はリップラップガイドサービス9度目のご利用となる、三重県からお越しの上杉様です。上杉氏からは、ある日突然ガイド申し込みを依頼をされて からのお付き合いです。タックルやルアーはそれ程のコレクションはなく、ある道具とルアーを工夫して釣りたいというスタイルです。また来年からはオカッパリ大会にも参加する事を提案させて頂きました。本日のお題は「風裏でカバークランキング」です。本日は今年一番の大失敗したガイド業務となってしまいました。


biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-1朝一はマリーナへ向かいます。毎年この時期の朝焼けは奇麗です。


1023本日の風予報は公表より早い時間に吹いた。ヤフーの風速4メートルはエンジン付きのボートで移動は可能だが、ボート上では釣りは出来ないと考えた方がいいと思う。本日は強風でエンジンベルトが飛ばされてしまう程だった。

2016年10月23日(日)
6時の琵琶湖水位 -24cm
現在の洗堰放流量 15m³/s
前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm
水温:20.5℃


タックル紹介

biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-3RC 1.5 リペイントクライアント様のタックル紹介です。上杉さんは7フィート以上のロッドを所有していない。それなので来年からは 7フィート以上の “撃ちモノ用”と “巻きモノ用”のロッドを用意して頂ける事になった。上杉さんは毎回のデカバスとのやり取りでウィードに潜られてたり、やや負け気味のやり取りとなってしまう。琵琶湖にはウィードが生息しているので、ウィードを切るといった作業もロッド側で必要になる。特にディープクランクやヘビースピナーベイトを扱うロッドは他の水系では出番がない程の番手が欲しい。本日はやや短めのロッドに RC 1.5 をセットしてイレギュラーなアクションを演出して攻めた。


biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-4上杉様、本日は宜しくお願いします。


biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-5本日は10:00頃から風が吹く予報なので、風裏のウィード裏をラッキークラフト RC1.5でかすめながら魚を狙っていくパターンです。風が吹いていても、雨が降っていても悪条件を利用しながら、好条件に替えていきます。


biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-6朝一からしっかりと狙っていきます。本日は風も強いのでバイトは少ないが、ビックチャンスは絶対に獲る!


biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-7そしてビックバイトです。50クラスのデカバスです!この写真を撮った次の瞬間…


biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-10ボートの下に入り込まれてしまい モーターにグルグルに巻き付いてしまった。そのままゴリ巻きでラインブレイク… エレキのヘッドにはウィードカッターが装着してあるので注意してもらいたかったが残念。痛恨の極み!一番犯したくないミスを発生させてしまった。この後はチビしか釣れず…


biwako-guide-aki-yasui-nedan-kakuyasu-8結局、夕方から風が収まったが、早上がりで終了です。上杉様、本日はありがとうございました。P.S いろいろとごちそう様でした。