琵琶湖(南湖)

こちらでは 琵琶湖(南湖) に関する記事を纏めてあります。また 琵琶湖(南湖) に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~岡部様~ 00cm 2

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~岡部様~ 00cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。改めまして、新年明けましておめでとうございます。今年も皆さんに沢山釣って頂けるように努力しますのでよろしくお願いします。今週の琵琶湖はやや暖かく、真冬用の防寒着はまだ必要ない程の暖かさでした。ただ釣果の方は非常に厳しい琵琶湖となりました。 4メートルディープラインを攻略セヨ! 本 日のゲスト様は山口県からお越しの岡部様です。岡部様は今春から琵琶湖周辺に引っ越して来られるという事で、この3連休を利用し物件のアパートを探しながらのリップラップガイドサービスをご利用という形となりました。また今年はボートを購入して琵琶湖に出船したいとの事。かなり熱いお方です。まだ琵琶湖は全然解らないという事でポイントの案内をしながらのご案内でした。残念ながら本日は魚には触れませんでしたので、リポートのみとなります。 今日の琵琶湖は南西の風に悩まされた。攻めたいエリアはチャンネルライン4メートルだったが、結局は最終の一時間のみしか的もな釣りが出来なかった。 2016年1月11日(月) 6時の琵琶湖水位 -22cm 現在の洗堰放流量 30m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.5mm 水温:10.50℃ 例年だとこの辺は雪が積もるのだが、今年の積雪はまだ観測されていない。 岡部さん。よろしくお願いします。向かうのは六本中周辺です。 ウィ〜ン。 3.6m~4.0mラインで釣りたい所です。 コンッ。とか、カンッ。というようなアタリがあるようですが、犯人は... 雄琴より北はかなり険しいエリアとなった。 琵琶湖は寒いですね。現場で得た経験値は全て活かしたいと思います。 15:00頃にはなんとか本湖に浮かべる状態になったが、タイムオーバーとなってしまった。3月に少しサービスさせて頂くという事で本日は終了です。岡部様、本日は有り難うございました。また来年もよろしくお願い致します。
琵琶湖へ (6月23日) 5

琵琶湖へ (2015年 6月23日)

本日は明日のガイド業の為に琵琶湖へ... 午前中のみエリアを素早く下見です。 本日の天気です。琵琶湖は昨日の大雨の影響で、あまり釣れていない様子。 2015年06月23日(火) 6時の琵琶湖水位 -17cm 現在の洗堰放流量 100m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.7mm 出発!北から南へと移動。水中調査がメインです。 スピニングでも使用できるトップ。亀山ポッパー!! これから出番が多くなるヘビダンキャロ収納アイテム「リグラップ」 ポケットにもヘビダンをしまっておけれる優れアイテム。 ウィードもチェックです。 5メートルラインに結構、大型が映ります。写真はギルぽっいですね。 おっ!新種のドラキュラバス(笑) 帰ります。今日は夜中まで仕事です。(汗)P.S 東岸のヒシ藻が沢山の箇所で刈られていました。フロッガーにはピンチです。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~川様~ 35cm 20

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~川様~ 35cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖ですが、水位が大減水(マイナス54センチ) になり、小ノ浜の水門が閉鎖。釣果の方は50オーバーの大型が多数釣れているようでしたが、釣り方やレンジが合わないと、コバスの猛攻に当たってしまうの がここ最近の琵琶湖でした。 秋のシャローバスを攻略セヨ!! 本日のゲスト様はリップラップガイド3回目のご利用となる、大阪からお越しの川様です。川氏はある日「ボートで琵琶湖の釣りをされたい」とのリクエストを頂き、それからのお付き合いです。以前、川氏からのリクエストで西の湖に出船。それから数回、西の湖に釣行されているようですが、かなりの苦戦を強いられているようです。本日は年内の〆となる釣行となる為に「50オーバー狙い」でした。(前回は49センチ止まり) 朝一は大津駅で待ち合わせです。川氏は電車で来られるそうです。 本日の琵琶湖周辺の天気は曇り時々雨。お昼頃から結構な雨が降った。事実上の恵みの雨となった。 2015年11月18日(水) 6時の琵琶湖水位 -40cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 15.7mm 水温:16.70℃ タックル紹介本日の使用したルアーはシャッド系。上から EG社 ウルトラスレッジ、IK社 ジレンマ60スーパースティープ。これに1号のPE+8ポンドショックリーダーをセットした高弾性スピニングロッドで巻いていく、そしてボトムに到達する位で叩く。その繰り返しであたりをとる。本日は前日から暖かい雨が降り、シャローの魚の活性が上がったようだったので、途中からシャローのスーパービックパターンにガイド内容を切り替えた。 シャローで使用したルアーはスピナーベイト。EG社 Dゾーン 3/8 oz。シルバー系とゴールド系の2色を用意。ルアーのカラーのチョイス方法は水にルアーを入れてみて、若干ぼやける位がベスト。本日はホットタイガーでは色が強すぎた。ルアー引くスピードはティップから垂らしたルアーを引く位のスピードで巻きます。その際のラインテンションは「糸電話が聞こえるか聞こえないか」位のハリです。動画 朝一は霧が凄かった。 出発出船! ゆっくり進みます。 朝一は西岸のブレイク周辺をシャッドで探ります。 狙った水深は3.5メートル。 クライアント様にヒットです。これより小さいサイズは沢山釣れる。雨の影響で魚の活性が高い。 10:00頃で見切りを付けて、濁りエリアの東岸シャローへ移動です。 小型のクランクを入れると、このサイズがヒットしてしまう。デカバスには対デカバス用タックルやルアーで挑みたい。 私にも40オーバー! 50オーバー!デロ〜ン 50オーバー!デッカ〜 ここでスイムベイトのテキサスを投入!クライアント様に35センチ...
琵琶湖へ (4月18日) 4

琵琶湖へ (2015年 4月18日)

本日はTAQさんと琵琶湖へ... 朝一は巻物で様子を見ます。と...早速、TAQさんにヒット。しかし、この後は続かない様子。 お昼からは琵琶湖のチャンネル4mラインに60オーバーの大物狙いへとチャレンジします。 25lbのラインにバクラトスイマーで狙います。 4mのフラットに所々にウィードの「コリッ」とした所があればいいですが、エリア探しも難しい所です。 かなりの荒れ模様です... 結局の釣果はこんな感じでした。TAQさんお疲れ様でした。

最新の記事

琵琶湖湖上へ (4月19日) 魚が深いよの56cm50cm

本日は夕方から室内作業日でした。今週は リールペイント のオーダーを沢山頂きました。ありがとうございます。朝は4:00に起床して 正午まで湖上調査へいってきました。 天気予報 ・雨量・放水量 日時 2019年 4月 19日 (金曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 4cm 洗堰放流量 (現在) 48m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.1mm 水温 14℃ 今週から水温も14度に達した。14度になると ミッドスポーン期 に突入します。 朝一は前回の片付けの時に外れてしまった Gopro のマウントを接着作業を行う...予定でしたが、両面テープのみ持参して...

1810076

error: