daiwa z2020 clutch kosho shuri 1広島県のお客様から修理とオーバーホールで受付けしました ダイワ Z2020 です。クラッチを切ったままハンドルを回してしまいクラッチがとんでしまったそうです。(通称:クラッチ返り)症状はキャストをした時にクラッチが戻って ギーと音がします。それからはハンドルを弾くとガラガラ音がなります。もしくは中からカラカラと小さな部品が外れている音がしてハンドルが巻けません。修理やメンテナンスに関する事は お問い合わせください。但し、修理や部品の取り寄せに時間の掛かる場合もありますのでご了承ください。


daiwa z2020 clutch kosho shuri 2まずはオープンでポロッ!とクラッチ爪が落ちてきました。


daiwa z2020 clutch kosho shuri 9左が曲ったモノ。右が新品です。パワーハンドルは回す力が強いのでどうしても自損故障になり兼ねないですね。想像以上の力です。


daiwa z2020 clutch kosho shuri 3今回はオーバーホールBコースで受付けました。修理は無料でパーツ代金のみ頂きます。


daiwa z2020 clutch kosho shuri 4オーバーホールする事によって次なる故障やベアリングのヘタリ防止にもなります。


daiwa z2020 clutch kosho shuri 5仮組み上げをしまして、グリスアップで本組みです。[展開図]


daiwa z2020 clutch kosho shuri 6故障した所の細部もチェックです。


daiwa z2020 clutch kosho shuri 7そして磨き上げます。シャキン!


daiwa z2020 clutch kosho shuri 8今回の代金は4000円+パーツ代金でした。リールは大切に!修理オーバーホールの申し込みは こちら からお願いします。