瀬田川

こちらでは 瀬田川 に関する記事を纏めてあります。また 瀬田川 に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

ヒルデブラント スピナーベイトブレード写真

瀬田川へ (10月22日) ギルがプカプカ バスがウロウロ

先週末は強風予報のために 湖上関係は休み。来週からは トーナメントウィーク となるので 自身の仕事を前倒した週末でした。どちらにしても この時期は一年で厳しくなる季節。オカッパリからの方が狙い安くなりますね。本日も30分程の瀬田川調査へ.. 天気予報 早朝と深夜は寒いが、日中は暖かい琵琶湖水系周辺。トップでも釣れている様子。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 10月 22日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -34cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 21.0℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。次の大雨で激変しそうな気配。魚はえらく元気ですよ。 毎日、水が濁ったり クリーンアップ...
瀬田川バス釣果 2018年 写真

瀬田川おかっぱり釣果 45cm!! (bv六文銭)

ディープポイントを引いて来て釣れた45㎝~ 引いて止めたタイミングでヒット。通常のパターンで釣れたので満足、同じ場所で後1回コツと反応が有ったのですが乗らず。   水位・雨量・放水量 日時 2018年 10月 21日 (日曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -34cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 19.0℃ 昨日は良くて今日はダメ。明日はどうでしょうか?
瀬田川おかっぱり釣果 49cm写真

瀬田川おかっぱり釣果 49cm!! (bv六文銭)

今日は食ってきた49㎝~ 日々ノーバイトが続いていましたが、キャストして着床したらヒット。あまり操作しない方がよいのかな。   水位・雨量・放水量 日時 2018年 10月 18日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -32cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 19.0℃ 魚に脂が乗ってきましたね!
瀬田川ジグ瀬田川スピナーベイト紹介

瀬田川へ (10月16日) 来年はどうなるのか不安と期待

本日も 16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川へ行ってきました。途中、他のアングラーさんと情報交換した所、朝方はトップでも釣れてれているそうです。久々の瀬田川は 悪くない状態でした。 天気予報 今週はまたまた曇り空が続く。外も生暖かい気温でした。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 10月 16日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -31cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 22.0℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。本湖のインサイドでは好感触らしい。 チャリンコもオーバーホールしていい感じです。錆は落として エアブラシで塗装。チェーン周りの古いオイルは洗浄、オイルは柔らかいモノに限る。モノは大切に使うのが自分流。 本日も オリジナルスピナーベイト18...
瀬田川バス釣果 2018年写真

瀬田川おかっぱり釣果 51cm!! (bv六文銭)

3gスプリットで51㎝~ 数ヶ所を移動しながら一ヶ所で粘っていたら、岸際に来たときぐうときてヒットしました。ワーム/デスアダ3in。   水位・雨量・放水量 日時 2018年 9月 25日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -24cm 洗堰放流量 (現在) 150m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 24.0℃ また凄いリグ出してきましたね!
瀬田川バス釣果写真 2018年8月 写真

瀬田川おかっぱり釣果 45cm!! (bv六文銭)

放流量が上がって食ってきたバス45㎝~ ある程度流れが有った方が活性が良いようです。放流120tの前に中型が釣れました。流れが速まり着床しにくいですがワームを流していると36㎝が食ってきました。   水位・雨量・放水量 日時 2018年 8月 30日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -31cm 洗堰放流量 (現在) 120m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 30.0℃ ヤリマシタネ!

最新の記事

新スピニングリール “19ヴァンキッシュ” を完全解説!! (シマノ)

あの ヴァンキッシュが軽くなって登場! 人気のヴァンキッシュが2019年モデルチェンジ!16ヴァンキッシュから3年、デザインは13ヴァンキッシュを思わせるブラック系に変更されています。16ヴァンキッシュの完成度が高く、軽さの部分は特に評価されていたリールですが、19モデルはさらに軽く、各モデル10グラム以上の軽量化に繋がっている。また極度の軽量化を達成したにも関わらず、最新のハガネギア、ハガネボディをはじめ、軽水圧にも耐えられるXプロテクトを搭載。従来モデル以上の耐久性、剛性アップを実現している。

1765456

error: