ワーム

こちらのカテゴリーは「ワーム&ソフトベイト」についてまとめてあります。

カユーガレイク戦のパターンが公開!! (マイクアイコネリ)

米時間 2016年6月23〜26日にニューヨーク州で開催されたバスマスターシリーズ「カユーガ レイク戦」にて11位にランクイン。獲得賞金は約120万円。キャッチした魚の数は4日間で67lb-8oz (30.3kb)の20尾。ラージマウス換算で約37cmを20尾となる。彼のYOUTUBEチャンネルに使用したタックルとパターンがアップされているので要点紹介です。英文も起こしておきますので参考までに 天候に合わせた"強いパターン"と"弱いパターン" ハイ!日本のみなさん元気にしていたかな?マイクアイコネリです。今日は先日のニューヨークアップステートにて開催されたバスマスター・カユーガレイク戦のパターンを紹介するよ。結論からいうと沢山の魚、沢山のデカバスが釣れた。試合期間は全4日間で行われ初日と最終日が曇天強風。そして試合2日目と3日目が無風のフラットなコンディションだったんだ。 これがカユーガ湖さ。通称:フィンガーレイク(指湖)っていうんんだ。 私が4日間で用意したテクニックは2パターン。まずは初日と最終日の強風日パターンを紹介するよ。強風日は大きなブレードの付いたホワイトスピナーベイト5/8オンスを使用した。トレーラーにはシャッドテールをセット。これをグラスエリアにてスローロールで使用したんだ。特に朝方にキャッチした魚は大きかったよ。これらのキッカーフィッシュが後でポイントに繋がった。ロッドは7フィートのミディアムアクションを使用。 そしてスピナーベイトを巻いていたグラスエリア周辺には穴が空いており、所々に岩が絡んでいたんだ。そんな場所には3/4オンスのテキサスリグで撃っていき、リアクションストライクを狙っていったよ。ワームはデビルズスピア(ウォータメロン/赤ラメ)をセット。キャストしてボトムで2回 跳ねさせて聞いていくんだ。ロッドは76のミディアムヘビーを使用。ラインはフロロの20ポンド。 次に2日目と3日目のパターンを紹介するよ。この日は快晴フラットな天気でね。極端にバイトが遠かったんだ。それ故に用意したのがスピニングタックル。これに6.5インチのストレートワーム(ウォーターメロン/銀ラメ)7グラムのダウンショットをセットして昨日と同じ場所を撃っていったんだ。そして周辺の2.1〜3.0メートルラインに魚がスクーリングで浮いていた。そんな魚にはフレンチフライテクニック(バックスライド)で狙い撃っていったよ。このテクニックは過去に紹介してあるから参照してみてくれ。 ロッドは76ミディアムアクション。ラインはPE1号にリーダーは8ポンドのフロロを使用。 今回の試合は4日間とも攻めるポイントは同じだったよ。ただ天候や風の吹き始めなどの状況変化に合わせて2本のタックルを織り交ぜながら試合展開を築いていったんだ。結局は11位だったけどいい試合だったよ。みんなも"Power"と"Finesse"を使い分けてみてくれ。 Hey tackle warehouse fans IKE is here I want...
レッグワームの革新に迫る ~誕生から動作法まで~ (小森嗣彦)

レッグワームの革新に迫る ~誕生から動作法まで~ (小森嗣彦)

30年以上もの歴史を持つ「バサーマガジン」数年前より雑誌のオンライン版 "SITE B" に過去の記事が一部無料で掲載されるようになりました。この記事にはレッグワームについての動かし方やセッティング方法が掲載されています。

ミサイルベイト社からクローファーザー!! (ICAST 2016)

人気のストロングワームをリリースしている Missile Baits社よりリリースされるクローワーム Craw Father 昨年のデストロイヤーから続く大型のワーム。イッシュはなんでもチャターベイトのトレーラーで使用しているらしい。 Introducing the Missile Baits Craw Father. Designed by Elite...
新ワーム"アバカスシャッド"の説明!! (藤木淳) 1

新ワーム”アバカスシャッド”の説明!! (藤木淳)

アバカスシャッドとは?・・・フラッシュユニオンより新発売されたシャッドテールを持ったクリーチャーワーム。引き始めに水を素速く引っ掛けるスティンガータイプのシャッドテール形状により、デッドスローでのテールの動き出しを可能にします。高速リトリーブ時に は、テールが反り上がり、上部のステップダウン形状により、ダウンフォースを発生。ボディの傾きを抑制し、安定したアクションを維持します。さらにディー プリブボディとの相乗効果で生物のような複雑な動きを可能にします。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~加納様~ 42cm 19

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~加納様~ 42cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。6月4日。近畿地方と東海地方が梅雨入り。雨は降らず空が高い少し肌寒い日が続いています。琵琶湖に訪れるアングラーの数も少なかった今週の琵琶湖でした。 ヘビダン10グラムで狙え! 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの加納様です。加納様は以前から琵琶湖に熱心に通われています。今月も色々な場所に行かれては毎回連絡をくれて「あそこではこれが釣れた!」とか「ここではこのワームが良かった!」等々の連絡を頂いています。今日はどうしますか?という質問に「どうしましょうか?」という答えで「じゃ!ヘビダンをやりましょう!ロッドも貸しますよ。」という事でスタートです。 朝一は空が高い。ひんやりとした空気が流れ込む。 本日は曇り空。雨は降らず少し寒く釣果はノンキーが沢山釣れていた。 2016年6月4日(土) 6時の琵琶湖水位 -13cm 現在の洗堰放流量 50m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 7.6mm 水温:22.50℃ まずは準備です。毎回、クライアント様はこのボートの上が「予習」で「復習」は自分でボートを借りて浮くのだという。今回はエバーグリーン社ウォリアー66ミディアムをレンタル。ヘビダンやライトテキサスには凄く使い易いロッドです。クライアント様はフックやシンカーを持ってきていない。ワームやフック選びにも時間が掛かります。 加納さん。お久しぶりですね。今日はよろしくお願いします。 朝一はライトリグのダウンショットでシェイクの練習です。 シェイク!シェイク!シェイク! ここでトラブル。エンジンが「キュル〜キュル〜シャラ〜シャラ」と鳴り、最高速に入らなくなってしまった。100回位に1回のトラブルは本当だった。 浅い所には投げないでください。3メートルラインでお願いします。「ヒッヒッヒッ〜」 コツを掴んだクライアント様。シェイクを第3者の方にも解り易く説明して頂くと、上記の図面が最適だと思う。トップがティップ。ボトムがリグ。リグを引っ張るのではなく、ラインスラッグを「揺らす」「叩く」「踊る」という表現。水面までのラインは垂らして、叩いた分の反動が水中のラインに伝わる。タコ釣りに似ているらしい。 バイトをドンドン獲ります。デカイヨ〜!ポロ〜ン。ばれちゃいました。 もう一回!42センチ。(>°))))彡)イッヒッヒッ〜! 私にもヒット!グッドサイズ。 私にもヒット!グッドサイズ。 私にもヒット!55センチ。 加納様、本日は有り難うございました。またよろしくお願いします。P.S ごちそうさまでした。

最新の記事

メンテナンス日記#597:シマノ 14カルカッタコンクエスト201 洗浄&注油

オーバーホールで受付けしました シマノ 14カルカッタコンクエスト201 です。自身でオーバーホールしてから 調子が悪い... 自身の近所に釣具店が無い... このような ケースでお困りの方は お問い合わせ ください。リップラップオーバーホール 事業部ではスペアパーツも 豊富に在庫があります。 社外製のパーツが装着されたリールのメンテもやります。 PR: 2017年4月より、シマノ社とダイレクトで取引開始しました。シマノ製リールの修理&メンテナンスはお待たせしません。お急ぎの方はご相談ください。 ギア用オイル&グリス、通常ベアリング用 オイル、ワンウェイクラッチ用グリス...

1615687

error: