テクニック、パターン&テーマ

テクニック、パターン&テーマ

こちらのテゴリーでは「テクニック、パターン&テーマ」関係のリンクです。

ブーヤー・トードランナー フロッグ写真

水中映像:ブーヤー “Toad Runner Frogs”

クルクル、360度 回るフロッグの"足"デス 今年の3月に発売された 米蛙屋&風車屋の ブーヤー・ベイト からの 「ToadRunner トードランナー」これは従来のフロッグのテール部分に ソフト樹脂製のテールを 逆付けにセットした 全く新しいスタイルの フロッグとなる。フロッグライクなバズベイトともいうべきだろうか... このフロッグのメリットは 「誰でもフロッグフィッシングを楽しめる」という所にある。そんな フロッグの水中映像が Wired2Fish...
バークレー パワーベイト マックスセント写真

次なる臭いワーム “マックスセント” 登場 (バークレイ)

去年の ICAST2017 にてデビューした バークレー社 からの新製品 パワーベイト・マックスセント シリーズ のワーム。これは バークレー社 の持ち味である "ワームに臭いを付ける" といったモノ。過去にも バイオソルトシリーズ や...
VMCネコリグ専用フック 写真

アメリカからきた “ネコリグ” 専用ストレートフック

今現在の アメリカバスフィッシング 市場で検索されているワードランキングで常に上位に ネコリグ というワードがランクインしている。ここ近年、アメリカでは爆発的に人気の出ているリグとなる。ご存知 ネコリグは '90-'00年に 村上晴彦氏によって考案されたモノで 「根こそぎ魚 を釣り上げる」という意味で ネコリグ というリグ名が付けられている。*ネコ掴みの容易から猫リグではない。この ネコリグがアメリカに渡り現地のアングラー達の間で広まり、色々と新しい道具が開発されている。今回は ラパラの傘下にある...
琵琶湖ガイドプラクティス 6月26日 写真

琵琶湖へ (5月26日) 沖のブレイクで54cm56cm

本日は 湖上業務のために 14:00 まで湖上調査へ。気温も今年一番の記録を更新しており、水中も激変している様子。さぁ 釣れるのでしょうか? 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 6月 26日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -20cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 2.3mm 水温 23.9℃ 明日からは少し風が吹き荒れるらしい。ここ最近の琵琶湖周辺は 釣り人が少なかった。 本日も強めのタックルをボートに積んで北から南、ディープレンジからシャローレンジを見ます。 湖上へ 毎年、この時期は水温の上昇と供に 魚が一気に移動し始めるので狙うのが、難しくなります。逆を返せば何処でも誰でも釣りやすい 季節となりますね。 水のいいエリア、魚が活き活きしてる場所を探します。 ピッピッピッ〜と...
ビッフルバグ ワーム 紹介写真

ハードヘッド・ビッフルバグ ~ボトムズル引きメゾット~ 紹介

ここ数年ですっかりと定着した "ジカリグ" を使用してのバスフィッシング。ジカリグというワードを使わないで説明するならば シンカーとフックが分離しており ワームが常にフリーな状態になるリグ が世界中で流行っている。自分も色々と使用してみたが、平均的にイージーにデカバスが 釣れた。惜しくもこれらを括るワードが まだ国内では まだ誕生していない。ただ 本国アメリカでは既に ハードヘッドジグ や スイベル・ジグヘッド、スウィンギング・ジグヘッド という括りが誕生している。 元祖!ハードヘッドジグの生みの親...
スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真

スモラバを自作する ~スモラバ大作戦~

いつの間にか 国内バスフィッシングシーン において定番となった「スモラバ=スモールラバージグ」この手のジャンルの釣りについては 好みが別れる所でもあるが、意外と名アングラー達は これらのスモラバを巧みに操る スモラバマスター が多い。スモラバといっても ラバージグがスモールだけで 比較的 デカバスが釣れる。おまけに 近年スモラバから 派生した「フレア系スモラバ=エリマキ付きスモラバ  via 例:エグジグ、D-JIG等」の釣果は...

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~水田様~ 40cm

リッ プラップガイドサービスの 瀧川です。本日は 琵琶湖で ガイド業を 行ってきましたので リポートです。いよいよサマーシーズンイン!水中の水温もシャローエリアでは 30度 を記録。ただ今月の琵琶湖は暑すぎて 釣り人には優しくない琵琶湖でした。 15年ぶりの琵琶湖 ~2500円で遊ぶ~ 本 日のゲストは京都からお越しの 水田様です。バスフィッシング歴は数ヶ月。学生時代には 毎週、周辺のダム...

1638189

error: