琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~松本様~ 45cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業に勤めてまいりましたので報告です。6月15日。一昨日より東北地方がいよいよ梅雨入り。来週からは日本全国で本格的な雨になるそうです。今年の降雨量は少ないのか?多いのか? 琵琶湖の"eF"を探せ! 本 日のゲスト様は三重県からお越しの松本様です。以前にブログから書き込みを頂いてから、今回も「毎日ビワエフを拝見しており、今回が初めての利用になります。6月15日は 宜しくお願い致します。」という運びとなりました。松本様は月に一度は琵琶湖に訪れては楽しんでは帰られるそうです。本日も「他の人がどんな釣りをしてるか?見てみたい」という事でガイドフィッシングスタートです。 本日は曇り予報でトップを期待したが大きい魚は出ず。夕方から激しい雨が降った。 2016年6月15日(水) 6時の琵琶湖水位 -18cm 現在の洗堰放流量 150m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:23.5℃ タックル紹介 クライアント様のタックルを紹介。やや短めのロッドが並ぶ。流行には流されず好きな釣りで楽しみたいとの事です。 エンジン故障中。 朝一はトップでテンポ良く狙うが... チビッ子が群れで押し寄せてくる。 レンジを下げてワームで狙います。 35センチ位のがヒット! お昼からはテキサスでシェード狙いです。 バラしたり...チビがヒットで苦戦しますが...「釣るぞ!釣るぞ!釣るぞ!」 場の雰囲気とリズムを掴んで...45cm (>°))))彡) ここでタイムアップとなり本日の業務は終了です。かなり厳しい展開でした。松本様、本日はありがとうございました。よろしくお願いします。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~里様~ 42cm 13

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~里様~ 42cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業に勤めてまいりましたので報告です。6月11日。今週の中盤には纏まった雨が降り、魚のボジョションが掴み難くやや手強い琵琶湖でした。 ラインテンション&ラインスラッグで釣れ! 里様 本 日のゲスト様は毎度、お馴染み。大阪府からお越し里様です。去年の夏にネットからガイド依頼を頂いてからのお付き合いです。里さんが琵琶湖に来れるのは月2回のみ。うち一回はオカッパリ、そしてボートフィッシング。毎回、色々な難題にぶつかり釣行が難しかった2015年。今年は去年よりも少しでも前進できれば...というのが目標です。今日のお題は「ベイトで釣る!」です。 本日の琵琶湖は曇天微風。西岸エリアでは魚の活性が低く釣るのが難しかった。 2016年6月11日(土) 6時の琵琶湖水位 17cm 現在の洗堰放流量 80m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:23.5℃ 蒸し暑い朝。 おはようございます。先週にオカッパリで琵琶湖へ来られてノーフィッシュだったらしい。クライアント様はベイトリールのみでのスタイルで大雑把になっているようだった。それなので午前中はスピニングリールをレンタルして「ラインテンション」「ラインスラッグ」「フォールカウント」の3つを練習する事にした。 スピニングタックルでラインスラッグを出して、ラインテンションで釣りたい。 ラインテンションを弾いて喰わせてきます。 今度は応用でカバー撃ちへ移動です。 いいカバーはあるかな? この辺はどうかな? 3.5グラム+クレイジーフラッパーのテキサス。ラインスラッグを出して、ラインテンションで釣る!ロッドの構えはバッチリ! 40センチ!(>°))))彡) 意味が理解できたら魚が答えてくれるのがうれしい。 今度はもう少し沖へ。ここでもラインスラッグを出して、ラインテンションで釣る! スイベルネコリグ!42センチ!(>°))))彡) 私にもヒット! ここでタイムアップとなり本日の業務は終了です。かなり厳しい展開でした。里様、本日はありがとうございました。クライアント様の次回のオカッパリ釣果が楽しみです。よろしくお願いします。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~加納様~ 42cm 19

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~加納様~ 42cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。6月4日。近畿地方と東海地方が梅雨入り。雨は降らず空が高い少し肌寒い日が続いています。琵琶湖に訪れるアングラーの数も少なかった今週の琵琶湖でした。 ヘビダン10グラムで狙え! 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの加納様です。加納様は以前から琵琶湖に熱心に通われています。今月も色々な場所に行かれては毎回連絡をくれて「あそこではこれが釣れた!」とか「ここではこのワームが良かった!」等々の連絡を頂いています。今日はどうしますか?という質問に「どうしましょうか?」という答えで「じゃ!ヘビダンをやりましょう!ロッドも貸しますよ。」という事でスタートです。 朝一は空が高い。ひんやりとした空気が流れ込む。 本日は曇り空。雨は降らず少し寒く釣果はノンキーが沢山釣れていた。 2016年6月4日(土) 6時の琵琶湖水位 -13cm 現在の洗堰放流量 50m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 7.6mm 水温:22.50℃ まずは準備です。毎回、クライアント様はこのボートの上が「予習」で「復習」は自分でボートを借りて浮くのだという。今回はエバーグリーン社ウォリアー66ミディアムをレンタル。ヘビダンやライトテキサスには凄く使い易いロッドです。クライアント様はフックやシンカーを持ってきていない。ワームやフック選びにも時間が掛かります。 加納さん。お久しぶりですね。今日はよろしくお願いします。 朝一はライトリグのダウンショットでシェイクの練習です。 シェイク!シェイク!シェイク! ここでトラブル。エンジンが「キュル〜キュル〜シャラ〜シャラ」と鳴り、最高速に入らなくなってしまった。100回位に1回のトラブルは本当だった。 浅い所には投げないでください。3メートルラインでお願いします。「ヒッヒッヒッ〜」 コツを掴んだクライアント様。シェイクを第3者の方にも解り易く説明して頂くと、上記の図面が最適だと思う。トップがティップ。ボトムがリグ。リグを引っ張るのではなく、ラインスラッグを「揺らす」「叩く」「踊る」という表現。水面までのラインは垂らして、叩いた分の反動が水中のラインに伝わる。タコ釣りに似ているらしい。 バイトをドンドン獲ります。デカイヨ〜!ポロ〜ン。ばれちゃいました。 もう一回!42センチ。(>°))))彡)イッヒッヒッ〜! 私にもヒット!グッドサイズ。 私にもヒット!グッドサイズ。 私にもヒット!55センチ。 加納様、本日は有り難うございました。またよろしくお願いします。P.S ごちそうさまでした。
バスギャラリー:亀山湖のスーパーロコ (川島勉) 1

バスギャラリー:亀山湖のスーパーロコ (川島勉)

亀山ダムフィールド情報・・・関東のメジャーリザーバーとして有名な亀山湖は房総半島のほぼ中央に位置し、年間を通して50upの実績も高いフィールドである。 複雑に入り組んだ地形や、豊富なストラクチャーがコンディションの良いバスを育む要因となっている。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 00cm 5

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 00cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖ですが、南湖エリアは産卵が終わり、そろそろ夏らしいエリアでも釣果が出てきている様子でした。今週は沖よりもシャロー側が釣れている感じでした。 がんばれ!竹中さん。ビワコオープンへの挑戦! ~後編~ 竹中様 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの竹中様です。竹中氏は今年からはビワコオー プンも参加されたいとの事で全戦出場でのリップラップガイドサービスをロックアウトでのご利用です。今回のリクエストは前々回から依頼を受けていた「ヘ ビーダウンショット」の特訓でした。本日は昨日の続きでいよいよビワコオープン第2戦の当日です。 今日の琵琶湖は10:00頃から快晴が広がった。 2016年5月28日(日) 6時の琵琶湖水位 -5cm 現在の洗堰放流量 100m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 13.3mm 水温:22.50℃ 本日は朝一はやや霧が掛かっていた。 受付はマリーナフレンズから7:30にスタートして、13:00に会場のアークロイヤルに帰着で終了となる。 本日もヘビーダウンショットで徹底抗戦です。①手前にキャスト ②ボトムを取り3回シェイク ③アタリがきたらあわせる。狙ったエリアはヤマハマリーナ前の1.2m〜2.0mのカナダ藻新芽エリア。産卵から回復を待つ50オーバーがウロウロしています。キャストを繰り返すと...ビックバイトです。 3キロ級がヒット!ボート際でランディング寸前にラインブレイクです。 どうやらアワセが遅くてラインが口の中に入っていたようです。リーダーも何故かメインラインよりも細かった。12ポンドは細いです。 ベイトリールでもドラグを使用するのを知らなかったというクライアント様。大会はもう一人の自分に勝てるか?というのが一番な課題かもしれないです。ばらした魚は自慢できないし検量もできない。 11:00頃からバイトがではじめてきました。落ち着いて撃っていきましょう! 結局は3バイト3ばらしノーフィッシュに終わってしまった。ガチガチに緊張しているようで、調子が乗せれないクライアント様。大会の釣りは難しいです。 会場ではビックウェイトが飛び出していました。 バス焼きを食べて反省会となった。竹中様、本日は有り難うございました。またよろしくお願いします。P.S ごちそうさまでした。
ウィラーレイク戦のパターンが紹介!! (マイクアイコネリ) 4

ウィラーレイク戦のパターンが紹介!! (マイクアイコネリ)

米時間 2016年4月28〜5月1日にアラバマ州で開催されたバスマスターシリーズ「ウィラーレイク戦」にて19位でフィッニッシュしたマイクアイコネリ。彼のYOUTUBEチャンネルから使用したタックルとテクニックがアップされているので要点紹介です。英文も起こしておきますので参考までに。 ハイ。日本のみなさん元気にしていたかな?今日はこないだ行われたトーナメントの結果とパターンを報告しようと思うよ。まず大きなトーナメントは大抵3.4日で行われる。つまりはいくつかのパターンとエリアを押さえて置く事が必要になるよね。とても難しい事さ。また沢山のアングラーが同じスポットで釣りをするからプレッシャーも凄いんだ。 メインに狙ったエリアはロックバンク。この縦モノ系に付く魚というのは増減水に関わらずポジションが変わらないんだ。だから安定した釣果が得られる。 そして使用したワームはトリックワーム。(カラー:グリーンパンプキンレッドラメ)1949年から発売され続けている人気ワームなんだ。 そして私が今期新しくプロデュースした製品「フィネス ラグビージグヘッド」これは90度のアイでロックバンクなどをスローにグラインドフォールさせるのに適している。スティープなエリア程いい魚がいたよ。使用したロッドは6’6”MH のスピニングにフロロラインの8ポンド。 そしてもう一つのパターンが、シャッドのスポーニングパターン。湖の途中のエリアにはウィードが沢山残っていた。そんなエリアの周辺ではシャッドが産卵真っ最中だった。そんなシャッドを補食している魚を狙ったんだ。使用したルアーはラパラDT-6のカリビアンシャッド。フックをワンサイズ上げて少し潜るようにチューンアップして使用した。  tackle warehouse fan's Mike I can only hear what to give...

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~藤井様~ 33cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。記録的な被害の爪痕を残した台風21号。琵琶湖本湖も増水と放水量の流れにより 一晩で様変わりしてしまいました。今年は状況変化の激しいシーズンを迎えております。 秋の巻きモノ~スピナーベイト~ 本 日のゲストは愛知県からお越しの 藤井様です。初めてのご利用となります。年に2.3回ほどの琵琶湖釣行を立てられているそうです。今回は秋の釣行で 昨日は北湖、本日は南湖で釣りをされたいそうです。正午まででしたが、一緒に出船する事になりました。残念ながら 大きな魚には触れずに終わってしまいました。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 9月 17日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -22cm 洗堰放流量 (現在) 130m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 14.5mm 水温 24.0℃ 本日の早朝も少し雨が降った。朝は蒸し暑く、湖上の体感気温は想像より肌寒い。 昨日からハンドルスロットルが重い。ちょっとした事が色々とありますね。 タックル紹介 クライアント様の持ち込んだタックル。最新系のタックルがズラリと並ぶ。本日も スピナーベイト...

1663383

error: