スクエアビルクランクベイトの秘密 写真
米フロリダ大学の教授 Dr. James Liao(Biologist) [動画ch] 彼は バスフィッシング が大好きで自身の生態系研究は そっちのけで 釣り動画 ばかりをアップされている。殆どの内容が「バスフィッシングと科学」といったモノで 「バスが何故ルアーにアタックするのか?」といった内容が多い。米国のサイトでも評価が高いので紹介します。英文も起こしておきますので 参考 までにどうぞ!

スクエアビル・クランクベイトは なぜ釣れるのか?

スクエアビルクランクベイトの秘密 写真
まずはアクションを説明する。20年以上前に発売された コットンコーデルの 「ビック・オー」から、近年でもクラシックウィニングルアーとなった 「RC 1.5」までと スクエアビルクランク の釣果実績は高い。釣れる秘密は動きにある 写真は同じルアーを同期撮影したモノとなる。まず右の ボトム から見たルアーのアクションに注目してみてほしい。ルアーは ただ左右に触れている。そして左の サイド から見たルアーの アクション は アイを中心に明らかな ローリングモーション が描かれている。(substantial rolling motion) 同じルアーなのに魚から見る角度によってルアーのアクションが全く違う。ローリングのアクションに もたらされる恩恵は2つある。1つは 強烈なフラッシングを発生させる。そしてもう一つは根掛かりを回避できるという事だ。


スクエアビルクランクベイトの秘密 写真次に バスの捕食 のメカニズム と ルアーの動作の関係を説明する。まず ブラックバスは 餌を吸い込む(suction feeding) 捕食スタイルだ。それ故に 餌が止まった時 や 方向転換 をした時のみに餌を吸い込む事が可能となる。動いている餌は吸いにくい。この スクエアビルクランク を使って魚に口を使わせる方法は ただ一つ「ストップ&ゴー」にある。ルアーを巻いて障害物に当てた時(例:ウッドやリップラップ)でも アクション は ストップ にあたる。つまり ストップ というのは魚が 方向転換する 前運動 だと思ってくれれば良いだろう。


スクエアビルクランクベイトの秘密 写真
最後に解り安く 検証結果の動画を紹介する。最初のアクションは ただ止まらず巻いていく ルアー。そして次は バスの前で ストップ を入れたアクションとなる。ブラックバス は「一瞬の隙間」というアクション に 瞬時に反応しやすい。バイトの瞬間は 僅かに 0.12秒 と攻撃的に早いのだ。ルアーのフックも大きい方が 時として有効になるだろう。ルアーの 起動がズレた事を 歪み(マイナス) と捉えずに バイトチャンス と覚えておくと良いだろう。


if you’re not throwing a square about crankbait these days you’re not catching as many bass as you ought to be…

Jimmy Liao from fish code studios today we’re going to talk about the magic of a square Bill crankbait. now ever since the days of Rick Clunn and the cotton Cordell Big O has there ever been a bait that can get you 20 pounds in the boat as easily when the conditions are right.

the lip of this bait actually any crank bait causes a nice side-to-side action as you can see here in these two synchronized views the side view on your left and the bottom view on your right notice there’s a substantial rolling motion in Patern

this is where the magic of a square bill happens just look at the eye of the space to convince yourself of this rolling complex motion by rolling this bait can deflect off logs and rocks coming through cover better than any other crank bait out there also by rolling it introduces some flash getting the attention of bass now like any crank bait if you reel it in steadily it’s going to get ignored or at best it might catch you some aggressive fish.

what you want to do is in part a start and stop action now one way you can do this is deflect it off a piece of wood the pros swear by this technique and its deadly but is it the deflection off an object or just a direction change to find out let’s go to the slow motion videotape now one way to change the direction is simply stop the bait this will cause an inactive bass to trigger a strike so you have to pay attention when you do this though because bass feed by suction feeding that means they can inhale your bait without you even feeling it more importantly a bass can spit out your bait hooks and all faster than you can blink your eye 0.12 seconds to be precise so in fishin square bills think direction change not just deflection and pay attention to that