今回は ツララ エルホリゾンテ83 (TULALA El Horizonte 83) のグリップ延長カスタムをします。グリップの長さや格好は色々とあります。最近の傾向は ロングキャスト重視 の方はエクステンドカスタム、ショートキャスト重視 の方はショートカットカスタム が主流です。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに カスタム 致します。


バスロッドの グリップカスタム は お任せください。

エンドグリップ の延長カスタムですが、ツララ エルホリゾンテ83 は元々エンドグリップは長いですが…クライアント様が自身で ショートカット されたモノを再度、元どおりに戻す修復カスタムです。リールシートの上部のチェックからエンドまで 31.4cm を 44.4cm へと延長します。


剥離作業

まずはエンドグリップを外します。以前は半分にカットされたモノにラバーエンドが装着、そしてその上から グリップカバー が施されておりました。


しっかりと 古いボンド を剥がします。


組み上げ作業

グリップを長くするので カーボンパイプ を中継ぎで入れます。内径は16mmですね。


スポッと装着!この加減も難しいんです。


グリップ削り

次にグリップ削りです。こちらのシェイプは DRT ARTEX風 に仕上げます。


徐々にシェイプが出せてきましたよ。黒粉が凄いですが…


いい感じ!ここで安心は出来ません。組み上げの時にセンターが取れないと しっくりこないからです。仕上げの面構え 雰囲気調整みたいな感じですね。


グリップ装着

そしてチェックに合わせて接着します。


次にエンドキャップを付けます。


今回も凧糸を使います。使用した号数は15号を段々巻きで仕上げます。


よっとっと…あとは ボンド を流して乾けば完成です。


エンドグリップには ラバーカバー を付ける事も可能です。今回の作業は 約15000円~20000円 前後の費用となります。後はクライアント様に引き渡す準備をしまして完成です。ロッドの修理 や カスタムで お悩みの方は ご相談ください。