今回は ノースフォークコンポジット Jカスタム 2.0 UTR68MH の グリップ交換依頼を頂きました。依頼者様は コルクグリップが嫌いだそうで EVA へと張り替えます。今回の作業内容は ①グリップのシェイプバランスを前方方向へと見直す。②オリジナルエンドキャップ はそのまま使用する。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに 修理カスタム 致します。


ロッドグリップ の 改造 はお任せください。

こちらの ラバーコルク製 の エンドキャップです。これはそのまま使用します。


そしてコルクを剥いて剥きます!こちらのコルクも既に古くなっており張り替え時でした。


グリップを旋盤台にかける

グリップを旋盤台にセット。ロッドのカスタムはいろいろな専用道具が必要とされています。



窪みを作ってから…


削りあげます。


コルクグリップの外径は 28.5mm でしたが 今回は 約2mm 落とします。たかが2mmですが フィーリング や 持ち感覚は全く変わります。皆さんも使用しているロッドの「グリップちょっと太い…」って思った事もあるハズ!?


絶妙な微妙なラインを形成!違和感の無さを創り上げます。


シェイプを一節前にずらしました!


テーパーを手の小指球へ近づけるとテコの原理でキャストがより容易にできます。ゴルフでいうサンドウェッジ効果。ただキャストのリリースもシビアになます。


おっと!最後にこれを接着してからの完成。


完成!今回の代金は 全て込みで 約12000円~18000円 前後 (カスタム免責保証込み) となります。ロッドの修理 や カスタムで お悩みの方は ご相談ください。納期は必ず守ります。


bass_rods_shuri_custom-2019-1164