今回は ハイドアップ マッカ HUMRS-72ML-2 の エンドグリップ の 修理修復 をします。こういった 箇所の損傷は 使用には 全然問題はないのですが 気になる方は とても気になります。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに 修理カスタム 致します。ロッド釣竿 に関する ご相談 お見積もりは こちらから お問い合わせ ください。


バスロッド修理 は お任せ下さい ~新品同様仕上げ~

まずは 各部のサイズを入念に計ります。


エンドグリップ から シェイプが加工が入る部分。同時に違う素材に変えたり デザインを変えたり等々の リクエスト にも答えれます。例えば エンド部分が 2cm 長くなれば ロッドを振った時や 腕に添えるバランスが変わります。


ムシムシ と  ムシクリ ます♪ ここでも 特殊 な 溶剤 と機材を使用します。


グリップ形成

今回は エンブレム やら エンドキャップ は 再利用します。


そして プロフェッショナル用 サンドスティック を使用して グリップを削りますこれは 微妙 に反るので 必要以上に力がかからず かかりそうになったら逃げてくれます。サンドペーパー の直当ては オススメ できません。理由は力が 均等 に伝わらなく、もしくは 食って(グリップ)しまい。対象物が 周回毎 にブレてきてしまいます。達人が削る グリップ の 仕上がりはシャッキ と真っ直ぐなんですが 未熟人 が削ったモノは チクワのように ボコボコ 左右に微妙に曲がっています。それは 不思議と小さな フォアグリップ 一個から でも伝わる事です。



グリップ完成!からの メタルチェック の入る 内径加工 を施します。


グリップの接着

グリップ部分の接着ですが 市販のボンドは そのままでは使用できません。理由は 粘度 が高く グリップ 内部まで流れずに途中で止まってしまったり 隅々まで ボンド が行き渡りません。使用している ロッド グリップ の中から ミシミシ と聞こえた事はありませんか? 粘度は フレンチドレッシング位🍅 が 流し込み易い粘度 かな…と思います。


最終加工&完成

エンドキャップを閉めまして…


最後に 手裏剣マークを装着!どこの メーカー さんでも マークの 取り付け位置には 正向き があるので注意が必要です。


後は 最終仕上げ用 の番手で仕上げて完成です。大きいの釣ってくださいね😀 今回の代金は 素材代金込みで 約15,000~20,000円 となります。グリップ素材 や デザインによって代金は大幅に変わります。ロッドの修理 や カスタムで お悩みの方は ご相談ください。修理カスタムの申し込みは こちら からお願いします。