前回の続きです。最近 古いロッド を引っぱり出してきては、カスタム しています。具体的には ガイドの径を換えたり、グリップの材質を変えたり 等々です。フィーリング は 味覚みたいな物で 人それぞれで、千差万別 っていった所だと思います。最近 気に入っている エバーグリーン社 コンバットスティック を ベイトロッド から スピニングロッド へと カスタムする事にしました。SEO対策 として残しておきます。全ては参考資料までとし 自己責任で回覧ください。

ベイトロッドからスピニングロッドへ ~夢の最終カスタム~

今回のカスタムするロッドはこちら エバーグリーン社 ザ・ウォリアー TCSC-66M をスピニングロッドへとカスタムします。まずカスタムする理由は ①好きなブランクなので そのままスピニングにしたい ②琵琶湖用のストロングフィネス用(5gヘビダン 等) という事、そして更に掘り下げると スパイン設定はベイトロッドのままに、そしてグリップは 17サイズ用 のモノを使用する。ちなみに 17サイズ(スピニング用) というモノは主にソルト用で ヒラマサ や カンパチ用、はたまた アメマス用 ロッドに 使われるモノ。従来のバスロッドは 16サイズが標準で使用されている。簡単に言えば 琵琶湖デカバス用 にグリップを太くしたいという考えがある。


各部をバラす

まずは ガイドを全て外す。


そしてグリップを剥がします。


エバーグリーン ザ・ワータイガー 修理カスタム 値段写真全部 剥がして…


そして真っ直ぐに…


グリップ組み立て ~リールシート~

これが要のブツのリールシート「VSS SD17」です。リールのシートは 全部同じに見えますが、実は これ と あれ は組み合わせる事が出来ないとか 色々とあります。


今回は ブラック塗装します。左が17サイズ。そして右が16サイズです。グリップの太さだけで フィーリングはとても変わります。まあこの太さは 琵琶湖だけだと思うんですけどね。


そしてグリップは解体します。エンブレム関係は そのまま移植する事にしました。”chop and flip” チョップ&フリップ カスタム。


グリップ組み立て ~コルクグリップ~

次にグリップを組み上げます。使用するのは ジャストエース社 VTRG17 のコルク。


まずは シェイプ加工です。



ギリギリまで落とす。かなり難しい作業です。今回のシェイプネタは ダイワ社 TD-S シリーズを参考にした。チキンレッグ風にね! [画像]


そして 内径確保しての…


装着。


クリアランス&ギャップを整えての…


完成!


ガイド取り付け

次に ガイドセッティングを行います。全部で6個の 30mm~7mm の大口径仕様。デスアダー6インチをノーシンカーでも 余裕で フルキャスト可能な遊び具合。


そして ガイドを巻きます。


クルクルとね…

ガイドスレッド巻き方



そしてコーティング作業から…

始めてのコーティング


ベイトロッドからスピニングへ改造する 写真ガイドセッティング完了!


ベイトロッドからスピニングへ改造する 写真エンボスステッカーを貼り付けて…シャキーン⚡️⚡️


ベイトロッドからスピニングへ改造する 写真完成!グリップの径はベイトロッド 17サイズ ままのスピニング。PEラインは 1.2号 を巻きます。


実釣テスト

琵琶湖湖上 55cm 釣果詳細
いざ!フィールドへ。


琵琶湖ガイド日記 6月8日 釣果写真初フィッシュは 51cm でした。「ふぅ〜」と良い溜め息が出ます。まだまだ 続く…