今回は レジットデザイン ワイルドサイド WSC-72H の ベリー部分 の ガイド を取り替えます。ご覧の様に ガイド抜けてしまった様子です。シングルフットガイド は “細くて軽い” というメリットもありますが ロッド がよく曲がる (たくさんキャスト) と エポキシが劣化して ガイドが知らない間に抜け落ちている または 曲がっている という デメリット もあります。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに 修理カスタム 致します。


バスロッドの ガイド交換 は お任せください。

今回の使用するガイドです。フジ工業製 PKTSG-5.0 (550円) シングルフットガイドです。今回は2箇所ありましたので 2つ用意します。


次に使用するスレッドの選定です。細いモノ、太いモノ、透けるモノ 等々。自分が好きでロッド を 製作 するならば ともかく 修理 は ちょっと違います。ちなみに 当店で修理したロッド を 中古屋さんに売りにいった お方が 多数おられますが “修理品” として査定を減額された方は おりませんでした。

ガイドスレッド巻き方



ポイズン アルティマトップガイド修理 写真そして コーティングを施して完成です。コーティングは 数回に分けて施工します。


レジットデザイン ワイルドサイド WSC-72H ガイド 修理写真今回の代金は ガイド代金込みで 約3,500~7,000円 となります。スレッド色 や ガイド種類 によって代金は変わります。ロッドの修理 や カスタムで お悩みの方は ご相談ください。修理カスタムの申し込みは こちら からお願いします。


bass_rods_shuri_custom-2019-1164