ハイ!皆さん元気にしていたかな? フレックスコート代表 のジムです。フィッシングショーは凄い人だったね。本日は 滋賀県のリップラップの作業場から ロッドのスレッドに塗るコーティング剤について送るよ。長年に渡り当社は カスタムロッドビルダー&製造会社と取引をしてきました。今日は そんなテクニックや作業の流れ具体的に紹介しようと思います。

エポキシコーティングに挑戦する


まずスレッドのコーティングには エポキシ という溶剤を使用する。A剤 (青はレジン)と B剤 (黄は硬化剤) を混ぜ合わせて科学反応を起こして凝固させるんだ。さっそくカップに入れて計りたい所だが、冬場は溶剤が硬い。対応としてライトなどの前に30秒程、置いて暖めてもらいたい。ロッドビルディングに置いて正確に等しく溶剤は混ぜるという事は重要な事だからね。では今から2つのテクニックを紹介するよ。


まず… A剤を3cc カップに取る。そして B剤も 3cc カップに取り 合わせて 6cc 作るようにします。(注射の3目盛り) 薬局で売られている注射には、注意して欲しい。注射内部には滑りを良くする為にシリコンが塗られているからね。不純物が混ざると上手く固まらなくなってしまうよ。ちなみに 6cc ではロッド1本の下塗り程度だと考えておくといいだろう。


もし 7cc 以上の溶剤を作る必要がある場合は 必ずミキシングカップを使用するようにしよう。より正確に液体を量れるからね。そして溶剤をカップに注ぐときは かならず B剤からという事を忘れてはならないよ。なぜならば B剤 は A剤 よりも硬くて重い から細かい調整増が難しいからね。そして奇麗に仕上げるには 最低 5cc からミックスする必要がある。溶剤が上手く科学反応してくれるからね。


次はミックスの作業だ。ここでは 必ず細い金属製の棒 かプラスチック製の棒 を使用して欲しい。割り箸や木製の棒などの使用は避けて欲しい。もう一度、不純物やゴミが混入する可能性があるからね。



下から上、上から下 へとしっかりと混ぜるんだ。ミックスを続けると 科学反応が始まりだす。


左から.. ①濁りはじめる ②白濁色になる ③透明色になる 透明になったら しっかりと科学反応が終わったサインだ。明確な時間は示せれないが、おおよそ3.4分~5.6分といった所かな。



おっと!見てくれ。溶剤の中に泡が発生してしまったよ。これは温度が高いから起きる現象なんだ。この部屋も30度程と暖かいからね。あとは速く回し過ぎても泡が発生してしまう。



ミックスが終わったらアルミニウムのお皿に垂らします。こうすれば熱が逃げて凝固する時間を遅らせ 作業時間を稼げるからね。ロッドの修理 や カスタムで お悩みの方は ご相談ください。


Over the years we’ve communicated with custom rod builders & manufacturers about our techniques of measuring and mixing flexcard rapid finish. I’d like to show you how we do it.

In the winter time prior to measure of equal portions we like to warmer finished it’s no longer cold to the touch. This warming is a measure of equal portions and mixing the finish thoroughly. Now it’s time to measure equal portions we’re going to show you two techniques. To measure small amounts three cc’s of each resin are six cc makes we use flex coat syringes. Don’t use the ranges purchase at a drugstore because most of them contain silicon and silicon is like the plague the rod wrapping finish.

When measuring larger amount seven-and-a-half cc’s of each region. We use graduated mixing cups we always measure the part b first the harder because it is thinner and levels quickly for a more accurate measurement. We’re pulling apart a second because it’s heavier than the part b and we’ll go through it and cause it to level the same way the second time.

We never measure less than five cc’s of each part when using graduate mixing cups and we never measure less than two cc’s of each part when using syringes. Now it’s time to mix our finish. We always mix our flex coat in a mixing cup with a small diameter round non-porous plastic or metal stir. We never use wooden popsicle sticks or craft sticks makes the finished early finish well at first appear marble then cloudy then marble again and finally it will appear clearer when thoroughly mixed. It is important to scrape the sides and the bottom of the mixing cup to ensure that all the epoxy is completely mixed makes the finish until it is crystal clear. Some bubbles my farm in the mixture and while a small amount is no cause for concern of order frothy mix.

You can see that we’re really not mixing any bubbles into our finish i think we when we warm it up it might have been around 90 degrees because in our shop is pretty warm too. So we’re really not mixing any bubbles into this finish. You know if you get too many bubbles and you’re finished you really can’t see every molecule combined and you can’t see the cloudiness go away if you’re getting too many bubbles in your finish it’s either too cold or you’re mixing a little too fast a few bubbles doesn’t hurt. You have to scrape the bottom and the sides of the cup to get a really good thorough mix.

You know i don’t like to talk about the length of time for mixing because i want you to mix the fish till it turns clear but if you finish it happens to be around 80 to 90 degrees it could take three or four minutes to mix it if you finish is cooler it could take up to five or six minutes thoroughly mix it till it turns clear. It really doesn’t hurt to over mix finish a little bit say 30 seconds past clear that will it really extend the life of the finish and make its a bright and pretty for a long time when your rod notice we got a paper plate covered with aluminum fall and we pour that finish out on the aluminum fall and that will conduct the heat out of the fittest when the catalytic reaction starts. Now we’re going to take you back and show you the finished when we first started mixing and here the finish is almost thoroughly mix notice the difference.

ok now we have a perfect mix match flexco tried wrapping finish absolutely no marble streaks crystal clear all the way down we scraped the walls of the cup and there’s no more marble streets we put out on the aluminum fall that doubles the pot life over leave it in the cup discard the cop now we’re ready to go finish our ride.