ネッドリグ ネドリグ 写真

バス新製品情報

ロボワーム・ネッドワーム “Ned Worms”

あの ハンドポワードワーム(手流し) で有名な ロボワーム社から ネッドリグ専用のワームが発売される。全体的に 短いフォルムの3インチ、長めで 艶かしく動く 4.5インチ。これらのワームは既に 機械で生産されているが、7色に輝く独自な オールドスクール ロボ製法は健在となっている。

*ハンドポワードワーム の特徴としては 素材が柔らかく浮力が高く。シェイク や フォールにより艶めかしい動きが出せる。さらに、色も繊細なカラー調節が出来るため、パープルウィニー [画像] などの伝説となったカラー はこの方法でしか作ることが出来ない。ただ、弱点としては 流し込み製法なので ヒゲや足等を備えた 複雑な形に対応 することが出来ず、シンプルなストレート系のワームのみとなってしまう。



ネッドリグ/ネドリグとは?・・・アメリカミッドウェスト発祥のライトリグ。通称:ミッドウェストフィネス とも呼ばれ、冬の厳寒期に多様されるリグである。元々は ギド・ヒブドン氏等 や 地元のガイド陣によって 古くから使われていたリグであった。このリグを世に知らしめたのは Ned Kehde氏という フィッシングライターで 彼がスモールジグヘッドに 某社の短いワームをセットして使った事が 紹介されて “ネッドリグ” と呼ばれるようになった。デフォルトは ジグヘッドに3インチ程の ワームセットして使用するが、近年では ネッドリグに対する解釈も細分化されてきており、専用のマッシュルームタイプ のジグヘッド等も 発売されている。ちなみに ネコリグ と ネッドリグ は同じだと思っている アメリカ人も多いらしい。*全米黒鱒仕掛け 名人秘密大前書より

[価格] ①3インチ/$3.99 (8本入り) ②4.5インチ/$4.29 (8本入り)
[発売日] 12月 2017年
[製品情報] http://www.roboworm.com


Capitalizing on the very popular Ned Rig technique, the Roboworm Ned Worm offers “hand pour” style color schemes that were not previously available to Ned Riggers. The Roboworm Ned Worm features a short, fat profile that makes it ideal for rigging on a small jig head, and its flat bottom also allows it to glide with a subtle quivering action as it falls to the bottom. Very effectively on a wacky rig, drop shot, and Carolina-rig as well, the Roboworm Ned Worm is a deadly finesse bait any way you want to use it.

Poured with Roboworm’s state-of-the-art robotic pouring system, which creates well defined colors similar to old school hand pours, but more consistent, it is also equipped with a Salt Release System that provides a burst of salt when a fish bites to make them hold on longer for better hooksets. Available in a wide range of proven fish catching colors, the Roboworm Ned Worm offers anglers a higher quality soft plastic for the Ned Rid technique.

Over the years, anglers have been asking fishing publications and websites, as well as manufacturers such as Z-Man, to offer tips and advice on the baits Midwest finesse anglers use and how and when to use them. So we’ve taken the liberty to design a dedicated page that offers tricks of the trade for the Midwest finesse style of fishing, also known as the “Ned Rig”.

A modification of techniques pioneered by angling icons like Chuck Woods, Guido Hibdon, and Charlie Brewer, the Ned Rig was conceived and brought to mainstream attention by Ned Kehde, anavid angler and veteran fishing industry writer from Lawrence, Kansas. Kehde’s small jighead and plastic combo may look unassuming on the surface, but its slow fall and darting action are astonishing, almost always eliciting strikes in even the toughest conditions.

©tacklewarehouse / ©Z-man web


関連動画