リップラップガイドサービス2018リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。記録的な被害の爪痕を残した2018年秋の台風。琵琶湖本湖も増水と放水量の流れにより 一晩で様変わりしてしまいました。今年は状況変化の激しいシーズンを迎えており、訪れる釣り人の数もまばらな最近の琵琶湖でした。


秋のバスフィッシング ~ミドルレンジライン~

クライアント様:永田様

本 日のゲスト様は リップラップガイドサービス 初めてのご利用となる。長野県からお越しの永田様です。普段は オカッパリ専門 で楽しまれているそうです。本日は 秋の琵琶湖に挑戦してみたいとの事でご用命です。クライアント様は大人の事情で顔出しNGですが、ボートのミドルレンドを ハードベイト から ライトリグ に挑戦して頂きました。釣果は厳しかったですが、最後までがんばって頂きました。


天気予報

瀬田川バス釣果 2018 写真

水位・雨量・放水量
日時 2018年 10月 24日 (水曜日)
琵琶湖水位 (6時平均) -35cm
洗堰放流量 (現在) 15m³/s
平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 2.2mm
水温 20.0℃

本日も深夜早朝は寒いが、日中は一時間程の夏日らしい陽気となった。


魚探の故障

朝一は魚探の修理を行う。先日から HONDEX魚探の電源が ON / OFF を自然と繰り返していた。接触不良のようでコネクターがいつも熱を持っていたのは何かマズイかと思っていた。遂には 前回の釣行で 電源が入らなくなってしまった… メーカーに出さなければいけないかと思い 次回の大会で使用できなくなるとへこんでいたが、開けてみる事にした。結局、電源部の根元のハンダが取れていたのが原因だった。接触不良のまま湖上を走ると振動で熱が発生、そしてハンダを融解していた。


同時にコネクターもメタルの2ピンと8ピンに付け替えた。ボート関係のトラブルは自分で治す。


秋の釣り ~フォールパターン~

本日のクライアント様はローギアリールを持っていないという事で リール と ロッド をレンタル。リールは TD-Z の 5.7:1(ビックベイトスペシャル) のギアを組み込んだモノ。そしてロッドは リップラップオリジナル ロッド ウィードマスター 72 をレンタル。先月まで簡単に釣れていた魚も今月からは難しくなる。そんな時には道具に仕事をさせたいですね。ただの同船で釣果が悪かったら「俺知らね!」になるが、サービスとして お代を頂いている以上は最前を尽くす。


業務開始

永田様、本日はよろしくお願いします。でスタートです。「今日は大人の事情でこの顔です。」


いい天気。明日も快晴になるかな?


ウィ~ンと北湖へ。


ビュ~ン


私にヒット!


ヒット!18スピナーベイト にて


琵琶湖 秋のゲーリーバズ釣果 写真
北湖は難しいとの事でギブアップ!南湖へ戻ります。




ヒット!


トントコ!トントコ。バコ~ 瀬田川ジグ にて


アクション習得

クライアント様は ライトリグ がお好きだそうだが、オカッパリ と ボート の釣りは違う。オカッパリは投げて待てばいいかもしれないが、ボートは水深=縦 という概念が入ってくる。同時に繊細な ライン操作 や ロッド操作 が要求される。本日はリグのセットの仕方から 秋のアクション動かせ方(スイミング)を覚えて頂き 実践してみる事にしました。そして やっとヒット! ジリジリ~


38cm「ライトリグは凄いぜ!」


この後は 再度のスピナーベイトで攻めましたが、大きいのは現れず…色々と挑戦して頂く一日でした。永田様、本日はありがとうございました。また 次回よろしくお願いします。