riprap-guide-report-2リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、気温や水温は30度超えの連日でしたが、放水量も 15m³/s になり、琵琶湖本湖のメインチャンネル沿いで大型が狙える状態になりました。既に釣果情報では60が多数あがっております。


琵琶湖!初バスを捕獲セヨ。

shimizu sama
クライアント:清水様

本日のゲスト様は東京都からお越しの清水様です。東京から出張で滋賀県に来たついでに「琵琶湖でバスフィッシングを楽しみたい」といったリクエスト。バスフィッシング歴は亀山ダムと相模湖に数える程。今回は観光も兼ねてのガイド業でした。


biwako bass turi blog chouka guide 4本日も暑い!風が吹けば非常にいい湖上生活。


810本日の天気予報。久々に天気予報とおりの天気となった。

2015年08月10日(月)
6時の琵琶湖水位 -24cm
現在の洗堰放流量 15m³/s
前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm
水温:30.90℃


タックル紹介

biwako bass turi blog chouka guide 17クライアント様が持ち込まれたタックル。これらは清水様の奥様のお兄様からのプレゼントらしい。「滋賀県にいくんだったら、これ全部やるよ!バス釣りは引退するから」と全てが譲り物での釣行となった。


biwako bass turi blog chouka guide 16その他にもこんなルアーもあった。ロッドは63MLのスピニング&66Mのベイトキャストのみ。


biwako bass turi blog chouka guide 22そして私からのリクエスト「ジャッカル社 SK-POP GRANDE」ポッパーでも狙ってみます。


biwako bass turi blog chouka guide 1少し打ち合わせをして…


biwako bass turi blog chouka guide 3出発出船です!


biwako bass turi blog chouka guide 2向かうのは小ノ浜沖です。この間「あそこが琵琶湖博物館です。ここが赤野井、あれが浮身堂です。」とか各所ガイドも兼ねます。


biwako bass turi blog chouka guide 6小ノ浜沖に到着。水路周辺でポッパーをキャストします。「ペヒョ!ペショ!」とやっていると、早速ヒットです。琵琶湖バスがお出迎えです。


biwako bass turi blog chouka guide 5またまたヒット!イェ〜イ。


biwako bass punching chouka natu 7開始2時間程でトップが出なくなったので、小ノ浜のチャンネルラインへ「アユの魚探シューティング釣法」へパターンをシフトです。


biwako bass turi blog chouka guide 23ここで使用するのがZOOM社のカーリーテールの3.5グラムのライトテキサスです。


biwako bass turi blog chouka guide 7この写真が実際の絵です。8メートル水深の4メートルラインに鮎がビッシリ映っています。



biwako bass turi blog chouka guide 8そして右の6メートルラインに映っているのが、バスの絵です。アユの群れに突っ込んでいるような絵です。アユの群れは何処かのハンプの上なんかにサスペンドする癖がある魚ですので、こういう絵が映る場所を探すのがキーポイントです。時々、いろんな所で「バチョ〜!」ってなるのはバスがボトムから表層にアユを喰い上げているからです。


biwako bass turi blog chouka guide 9ゲスト様に多数ヒットですが、全ての個体が小さいです。理由はボトムが取れていないようからでした。ゲスト様:「ディープは難しい〜」


biwako-bass-turi-blog-chouka-guide-25私に…ヒット!35センチ。


biwako-bass-turi-blog-chouka-guide-26ヒット!40オーバー。


biwako bass turi blog chouka guide 10ヒット!40オーバー。腹パンパンです。


biwako bass turi blog chouka guide 21胃袋チェックです。鮎とエビが山盛りです。


biwako bass turi blog chouka guide 11ゲスト様にもヒットです。


biwako bass turi blog chouka guide 3ここでゲスト様のリクエストでシャローに移動です。


biwako bass turi blog chouka guide 19ここではZOOM社のマグナムスワンプでウィードのエッジを狙います。


biwako bass turi blog chouka guide 9早速ヒットです。


biwako bass turi blog chouka guide 13初シャローフィッシュをゲット。イェ〜イ。


ここで本日最大のスゴイ魚がかかりますが…ポロンッ。ウォ〜!!


biwako bass turi blog chouka guide 14またまたヒットです。「落ちないでくださいよ〜!!」「オッ〜!オッ〜!」


bewaf-shigaken

biwako bass turi blog chouka guide 15琵琶湖2015夏フィッシュ。約38センチ (>°))))彡) 「あの魚は本当に大きかった…」笑顔がサングラスの奥から見えた瞬間でした。清水様。本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。


»ネコリグのマス針についてimage327本日のマス針に使用したハリス結び(外掛け,内掛け)です。コブを作らないのでラインブレイクに繋がり難いです。またシャンクにそのままラインを結び付けるのでフッキングもとても良いです。


biwako bass turi blog chouka guide 18マス針はワームに合わせた針選びが必要かと思います。この写真はダメな例です。針が小さ過ぎです。


biwako bass turi blog chouka guide 19このワームサイズにはこれ位の1番サイズが推奨サイズです。フックはガマカツ社のWORM329HDを使用。琵琶湖のバスにはかなり使えます。


biwako bass turi blog chouka guide 20こちらは60にも絶えれるマス針。FINA社のパワーフィネス 2/0 *フックガードは自作。この針はフックポイントが内側に入っている為に根がかりがし難い。73MHのロッドでガンガン使用しても大丈夫です。全ては挑戦&調整です。