藻だるま対策商品!! "ウィードチョッパー" (エレキの修理屋さん) 1

藻だるま対策商品!! “ウィードチョッパー” (エレキの修理屋さん)

シャフトに絡み付いたウィードをブッタ切れ ウィードチョッパーとは?・・・エレキのシャフトにからみつく、あのうっとおしいウィードを上下する刃物でカットするアイテム。The Weed Chopper Trolling Motor Helper is basically a guillotine you attach to the...
スルーダウンショット実釣!! ~琵琶湖編~ (田中次男) 4

スルーダウンショット実釣!! ~琵琶湖編~ (田中次男)

カバーを貫く、カバーの中でもステイ可能 ス ルーリグ/スルーダウンショットとは?・・・ヘビーダウンショットのリーダー部分が商品になったモノ。リーダーの素材はフロロラインの60ポンド位と硬い 為にウィードの中やカバーの中でリグが寝ないメリットを持つ。カバーに入れたままの放置メゾットやカバーに串を差し込む撃ちなどのトーナメントでも活躍で きる可能性を持ったリグ。全く新しい感覚のリグ。今回は琵琶湖のバス職人田中次男プロが実釣を踏まえて説明する。

バレッジスイマーの実釣説明!! (武田栄喜)

バレッジスイマーとは?・・・老舗ルアーメーカー「JACKSON」から発売されたスイムジグ。 高低差のあるウィードの中をすりぬけるアイテムがほしいという要望に応え、Qu-onとJBのトップアングラー市村直之が共同開発をしたのがバレッジスイ マーである。 通常のジグヘッドはヘッド形状が丸く、どうしてもウィードに絡んでしまいストレスを感じてしまうところだが、このバレッジに関しては、ヘッドを鋭角に成形 することで、ウィードレスを可能にした。今回は実釣を踏まえてジャクソン契約プロスタッフの武田栄喜氏が解説する。
エバーグリーンのニュージグ "グラスリッパー" (大西健太) 2

エバーグリーンのニュージグ “グラスリッパー” (大西健太)

グラスリッパーとは?・・・抜群の対グラス(ウィード)すり抜け性能を備えたラバージグ。ただグラスに絡みにくいだけのジグではなく あえて適度なスタック感を付加することで、手元に伝わる感度がアップするのと同時にすり抜けた後にストライクゾーンから大きく離れるのを防ぎます。 また、その回避能力&操作性により、ウィードのみならずブッシュ、リーズ、ゴミ溜り等、あらゆるカバー撃ちに広域対応する性能も併せ持ちます。

最新の記事

琵琶湖湖上へ (12月28日) 一年間ありがとうございました。

早いもので 2019年 令和元年 も終わりを迎える。今年は 急激に激変した琵琶湖に 対応するべく色々と動いた年で 秋からドタバタとしてしまい 自分のために時間を費やす事となった。マリーナも 来客数 が少なくなったという事で  ボート保管会員 の差別化を図るため テント保管クラス を新設して...
error: