タグ シマノ アンタレス AR の修理受付窓口はコチラ!!

タグ: シマノ アンタレス AR の修理受付窓口はコチラ!!

オーバーホール日記#423:シマノ アンタレス AR 洗浄&注油

シマノ アンタレス AR オーバーホール写真
お客様より オーバーホールで受付けしました シマノ アンタレス AR です。Bコースでのお申し込みです。リップラップオーバーホールでは、遠方の方からでも郵送で修理やカスタムを受付ます。また店頭には多数のカスタムパーツの在庫もありますので、同時にカスタムリクエストも受付可能です。こちらからお問い合わせください。但し、修理や部品の取り寄せに時間の掛かる場合も、ありますのでご了承ください。 PR: 2017年4月より、シマノ社とダイレクトで取引開始しました。シマノ製リールの修理&メンテナンスはお待たせしません。お急ぎの方はご相談ください。 オーバーホールは ①完全バラ ②完全洗浄 ③完全磨き上げ が基本です。 ギア類はそろそろ異音が発生しており、寿命が近くなってしまっていました。 今回の代金は3500円でした。リールのオーバーホール&メンテナンス、修理チューンはお任せください。リールは大切に!

オーバーホール日記#132:シマノ アンタレス AR ベアリング交換&洗浄

オーバーホールでお預かりした シマノ アンタレス AR です。巻き心地が最悪だとの事で作業開始です。お急ぎのお方や良く解らないから...という方も郵送でのオーバーホールを受付けしております。 レベルワインド周りもゴリゴリでした。 清掃&洗浄で組立てです。レベルワインドを組んだ後は、面アタリをとってくださいね。樹脂と金属が擦れる部分ですので、予め滑らかさを作る作業です。20回程右から左へと強めで動かします。 アタリがとれたらしっかりと組みます。パーツとパーツがしっかりと連携して動けているかが需要です。 今回は基本料金3500円+ベアリング6個(1ヶ600円)+ドラグワッシャー200円=合計6240円でした。メーカー依頼ですと約12000円程です。リップラップ店で使用しているNSK製のベアリングは某社長様経由でメーカーから取引しているので、非常に状態のいいものが入荷できています。自身を持ってお勧めできます。私も全てリップラップ店のベアリングを使用しています。またベアリングは洗えばいいのでは?と思っている方も多いと思いますが、一度、不備が発生したモノは洗っても直ぐにまたゴリやロックが再発してしまいますので、信用問題も兼ねて、交換対応とさせて頂いております。タックルは大切に。

オーバーホール日記#79:シマノ アンタレス AR 洗浄&ベアリング交換

オーバーホールで受付けしました シマノ アンタレス AR です。巻き心地が悪い事の事でオーバーホール開始です。来週末までに使いたいなどのスケジュールに合わせた作業依頼の受付も可能です。納期に関しましてはこちらから質問ください。但し、修理や部品の取り寄せに時間の掛かる場合もありますのでご了承ください。 汚れがこれ位のお方はオーバーホールの合図です。 中身をオープンです。この時点でベアリングがジョリジョリと異音を立てています。 メインギアも寿命です。「ピニオンと一緒に次回交換ください」とメンテナンスシートに記入します。使えない事はないのですが、巻音が発生します。 リップラップオーバーホールではネジ山を潰さないように対策してネジを締めてます。 この辺の組み上げもパーフェクトに仕上げます。 10年以上たっても使用可能なリールは宝物ですね。 今 回、交換した軸受けベアリングです。4つからの異音ですとジョリ音がハーモニーを奏でます。リールを巻いて音が悪いという時点でベアリングが2.3 個、既に故障している可能性があります。今回の代金は3500円+ベアリング4個(2400円)でした。お急ぎの方はご用命ください。3月末日までオー バーホールキャンペーンを実地中です。合計代金から20%オフとなります。

オーバーホール日記#15:シマノ アンタレス AR ベアリング交換&洗浄

オーバーホールでお預かりした シマノ アンタレス AR です。巻き心地が最悪だとの事で作業開始です。お急ぎのお方や良く解らないから...という方も郵送でのオーバーホールを受付けしております。 ハンドルシャフトにもの凄いガタが発生しておりました。 シムで調整して... 清掃&グリスアップで完成です。今回は基本料金3500円でした。タックルは大切に。

最新の記事

ハードヘッド・ビッフルバグ ~ボトムズル引きメゾット~ 紹介

ここ数年ですっかりと定着した "ジカリグ" を使用してのバスフィッシング。ジカリグというワードを使わないで説明するならば シンカーとフックが分離しており ワームが常にフリーな状態になるリグ が世界中で流行っている。自分も色々と使用してみたが、平均的にイージーにデカバスが 釣れた。惜しくもこれらを括るワードが まだ国内では まだ誕生していない。ただ 本国アメリカでは既に ハードヘッドジグ や スイベル・ジグヘッド、スウィンギング・ジグヘッド という括りが誕生している。 元祖!ハードヘッドジグの生みの親...

1584488

error: