タグ タックルインプレ

タグ: タックルインプレ

瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー ~BEST OF 2018~

瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー 2018 写真
あの時の琵琶湖は既に 昔話。新しい時代 2018年 総括。今年も色々な方から 激励の言葉 や お叱りの言葉 を頂いた。まだまだ改善すべき事や 意識改革 の課題は山程あるが、来年の糧にしていこうと思います。今年の琵琶湖本湖は 例年になく、普通ではないシーズンだった。台風~地震~酷暑~水質悪化 と「災まみれ」であった。自分が琵琶湖で ルアーを投げたいという理由は「単純に魚が沢山つれて面白い」という事だったが、15年前とは 全く違う湖に変貌してしまった... 毎年、毎年 右下がりの傾向をたどる。店頭に来店されるお客様も バス から離れた方の数はとても多い。その変は残念な所でもあるが、前向きに前進したいと思う。総括はさて置き、今年も短い時間ながら 色々なルアーを投げたり、ロッドを振った。今年は緩めに 「瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー 」と題して、瀬田川日記 と 六文銭日記 から  各3点しぼり紹介します。 六文銭日記より ロッド&リール+ワームリグ をノミネート アブガルシア AbuGarcia エリートオーロラ64リミテッド ・・・まずこのリールはギア比 7.1:1 に改造してあります。重量が200g有りますが軽いロッドと組み合わせてみると、私の手にしっくり握れ、この寒い季節には虹色が気分を癒してくれます。古いリールでは有りますが、一回の巻き取り70㎝という遅くも無く早くも無い巻きスピードが気に入ってます。 エバーグリーン インスピラーレ TKIC-66MH-BK ブラックレイブン ・・・このロッドは持ち重りがせず、細かく動かしてもティップがしなやかに動いてくれて、ヒットした後はリールを巻くだけでロッドのしなりでバスの引きをいなしてくれます。バットは細いですがパワーがあります。これからの粘りの釣りに最適かと思いますし、メタルジグの操作感も上々に思います。 ZBCウルトラバイブスピードクローのヘビキャロ ・・・みなさんはこのワームをテキサスリグやゼロダンに使用しているそうですが、私はヘビーキャロに使用しています。三叉キャロやロングリーダーのキャロを遠投させて流れに乗せるだけです。所謂クロー系としてバスにアピールする力は抜群と思い使っています。特に、水温が低くなってくる時期には良く使用しています。 瀬田川日記より ワーム と リグシンカー をノミネート バークレイ社 パワーホッグ 4インチ・・・毎年、各メーカーから 色々なワームが発売されているが 定番中の定番というワームが本当に少ないと思う。このワームも15年以上前から発売されている...

瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー ~BEST OF 2017~

モノは動かず データが動きはじめる。 2017年 総括。今年も色々な方から 激励の言葉 や お叱りの言葉 を頂いた。まだまだ改善すべき事や 意識改革 の課題は山程あるが、来年の糧にしていこうと思います。今年の琵琶湖本湖は 例年になく大型が水揚げされた年になったと思う。ただ 訪れる釣り人の数は 毎年 少なくなりつつある。レンタルボート店も ハイシーズン 6.7.8月 を除いては 稼働率 70% といった感じだった。全ての事が右下がりなのかと思うが... 総務省公表による「大日本ブロードバンド契約者の総トラフィック量」は毎年、約40%の上がりを見せている。これはバブル時代の何か を遥かに超える勢いとなる。この波はくるべくして来た 技術革命で 乗るべき 波だと思う。総括はさて置き、今年も短い時間ながら 色々なルアーを投げたり、ロッドを振った。今年は緩めに 「瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー 」と題して、瀬田川日記 と 六文銭日記 から ルアーとロッド を各3点紹介します。 六文銭日記より ロッド&リール をノミネート ①ロッド:オフィスユーカリー ジョーカー69MH鯰 ②リール:ジリオンTW XXHL 使用用途は 5gキャロで、鯰用でティップは柔らかいですが バットがしっかりしています。見た目がコレまでの鯰ロッドは渋い感じで和風なイメージな物が多いけど、カーボン調のヘッドキャップや クロスラッピング。ライムグリーンの刺し色も使われカッコイイ仕上がりとなっております。 ①ロッド:ヘラクレスレッドマイスター67MH ②リール:スティーズTN6:3.1 使用用途は...

最新の記事

新スピニングリール “19ヴァンキッシュ” を完全解説!! (シマノ)

あの ヴァンキッシュが軽くなって登場! 人気のヴァンキッシュが2019年モデルチェンジ!16ヴァンキッシュから3年、デザインは13ヴァンキッシュを思わせるブラック系に変更されています。16ヴァンキッシュの完成度が高く、軽さの部分は特に評価されていたリールですが、19モデルはさらに軽く、各モデル10グラム以上の軽量化に繋がっている。また極度の軽量化を達成したにも関わらず、最新のハガネギア、ハガネボディをはじめ、軽水圧にも耐えられるXプロテクトを搭載。従来モデル以上の耐久性、剛性アップを実現している。

1765551

error: