16.4 C
Kyoto
2024年5月19日(日)
タグ デプス サイドワインダー バーディック HGC-610MLXF の修理はコチラ!!

タグ: デプス サイドワインダー バーディック HGC-610MLXF の修理はコチラ!!

デプス サイドワインダー バーディック HGC-610MLXF (ロッドカスタム日記 #171)

今回のご依頼は デプス サイドワインダー バーディック HGC-610MLXF の破損修理です。ご覧のように1節目 と 2節目の間で ポッキリ と折れてしまっております。色々と修理できるお店がなく当店に辿りつきご相談頂きました。近年、急増する軽量系の カーボンロッド は カーボン厚が 薄いモデル も多数存在しており 折れやすいのも現状です。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに カスタム修理 致します。ロッド釣竿 に関する ご相談 お見積もりは こちらから お問い合わせ ください。 デプスサイドワインダーバーディック HGC-610MLXF: ムサシロッドリペア&カスタムで破損修理 まずは 折れた部分(印籠)を製作します。全く同じモノがないので やや太いモノを設定して削ってつくります。印籠部分 は 無地の特殊な素材です。 中継ぎのパイプを削ってから... 工場出荷。そこでは 再度のロッドに 焼き (硬化炉) を入れます。ボンドで 接着硬化 させればいいという訳ではないんです。ボンド接着だけでは 耐久性 がでません。ロッドは曲がるモノなので 難しく ややこしい代物です。 話は反れますが...旋盤作業は基本が大事ですね涙。四爪チャックの芯だしができるか?部材の切削スピードはあっているか? 切削スピードを割り出す公式を解っているのか?...

24分以内に読まれた記事

6755532