タグ フィッシングショー2016

タグ: フィッシングショー2016

これが NEWアルデバラン BFS XG だ!! (シマノ)

これが NEWアルデバラン BFS XG だ!! (シマノ) 2
正確なピッチングを実現する専用設計 2016 アルデバラン BFS XGとは?・・・’16年にシマノ社から新しくリリースされる、軽量リグ専用のマグネット式ベイトリール。以下引用、軽量ルアーのピッチング性能を徹底的に追及したシマノベイトリールの最軽量モデル。画期的なスプール&ブレーキシステム「FTB」を搭載し、ベイト フィネス用リールとして開発された専用設計で、ピンポイントへの正確なピッチングがよりスムーズに行えます。またギア比は8:1に設定し、手返しの効率も アップ。自重130gはシマノベイトリール最軽量です。※LEFTモデル:2016年2月発売予定 ※RIGHTモデル:2016年4月発売予定

フィッシングショー対談 ~トレンドの今と昔~ (清水盛三x今江克隆)

2016 大阪フィッシングショーで行われた清水プロと今江プロによる対談です。音声データでお楽しみください。以下引用、アラバマリグが流行ったのは3年前だよな。次はなにがくると思う? ビックスプーンはもう古いなぁ?ネットで入ってくる時点で情報は古いよな。やっぱり現場で活躍している人が一番早いよね。やっぱり最近まではディープクランクが流行ってた!みんな10X..

新ロッド3機種の紹介!! ~スティーズ~ (ダイワ)

最先端テクノロジーと超機能。極限マシンSTEEZ ダイワ スティーズとは?・・・ダイワ社の展開するバスフィッシングのハイエンドブランド。20年以上の歴史と独自のノウハウでマーケットに旋風を巻き起こす。また米国B.A.S.S.プロアングラーもサーポートしている。ロッドの特色としては "圧倒的な軽さと感度を持ちながら、ランカーを掛ければ凄まじいトルクで主導権を渡さない" といった感じが望ましい。2016年度よりルアーブランドも市場に投入する。

新ロッド8機種の紹介!! ~セルペンティ~ (エバーグリーン)

新ロッド8機種の紹介!! ~セルペンティ~ (エバーグリーン) 3
カレイド セルペンティとは?・・・2016年エバーグリーン社からリリースされるトーナメント系スピニング バスロッド。以下引用、低レジンピュアカーボンをメイン素材に採用。元ガイドから下のバット部分に、斜め補強の密度が高くより大きなパワーを発揮する±30°カレイド・スーパークワトロクロス製法を採用。独自の超軽量セミマイクロガイドセッティング。ロッドが曲がった時にラインがブランクスを擦らないギリギリの高さにセッティングしているため、ロッドの芯を食いやすく、キャスト時やフッキング時のパワーロスを減少させます。インスピラーレ:グランドコブラ の説明動画はコチラ。

新ロッド4機種の紹介!! ~ワールドシャウラ~ (シマノ)

新ロッド4機種の紹介!! ~ワールドシャウラ~ (シマノ) 1
ワールドシャウラとは?・・・村田基氏によるプロデュースによるロッド。村田氏の理想。情熱と創意で築き上げられたシマノの技術。ふたつの熱き思いを惜しみなく注ぎ込 み、理想高きアングラーの声に応えるべく誕生したドリームロッドが「ワールドシャウラ」です。バスフィッシングはもちろん、サーモンやトラウトなどのフ レッシュウォーターから、シーバスや真鯛、青物、ロックフィッシュなどのソルトウォーターまで、日本はおろか海外の大物にも挑むことが可能です。

新ワーム “フリックカーリー” を紹介説明!! (ジャッカル)

新ワーム "フリックカーリー" を紹介説明!! (ジャッカル) 3
フリックカーリーとは?・・・以下引用、カーリーテールは釣ってもらう為のワームとしてガイドでは欠かせないものです。今でも市場には多くのカーリーテールが存在していますが、単純にカーリーテールと言っても様々なサイズもあり、目的もそれぞれに違うのです。私が求める釣れるカーリーテールというのは、ストレートに泳いで、1/16ozから1/4ozの実釣ウェイトで泳ぎ、ボディをバイブレーションさせること。そして、シンカーやロッドワークで動かした後に、フォールでもテールが自発的な動きをするように開発しました。

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~川様~ 51cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。ここ数年は決まったように起こる 50年ぶりの異常気象。西日本も7月下旬に梅雨明け宣言、そして8月になり 梅雨明け を迎えたと同時に酷暑と 踏んだり蹴ったり なシーズンを迎えております。 お久しぶりのリハビリフィッシング 本 日のゲスト様は リップガイドサービス 11度目の利用となる大阪からお越しの川様です。普段は 淀川の おかっぱり で週末を エンジョイ されているそうです。数年前から琵琶湖にも通われており、ロッドもスピニングから...

1890105

error: