タグ モーターガイド

タグ: モーターガイド

メンテナンス日記#784:モーターガイド ツアー TR109 36V アウターチューブ&シャフトカット

バスボートに装着してありました モーターガイド ツアーエディション TR109(36V) 46インチ です。レンタルボート用 にと シャフトカット(36インチ) して欲しいとの事での 施工依頼 を 受付けました。... 近所にメンテナンス店が無い... このような ケースでお困りの方はこのような ケースでお困りの方は ムサシオーバーホール (財団法人 尾道海技学院 4ストロークエンジン マリン整備士講習終了認定) まで お問い合わせ ください。近県でしたら ピックアップ からの配達も可能(牽引免許&牽引トラックあり)です。 フットコンエレキの メンテナンス作業 は お任せください。 まずは作業台に トローリングモーター をセット! 今回は シャフト を短くカットする作業ですが 全部バラさないと作業ができません。それなので シャフトカット と同時に オーバーホールメンテナンス を 申し込まれるのが おすすめ です。特に今回のように バスボート に装着されていた 個体...

モーターガイドマウントダンパー取り付け

ミンコタエレキとモーターガイドのエレキの性能の違いは?という質問に対しては両メーカー供に同じだと思います。ただマウントに関してはミンコタのフォートレックスの方にはモーターガイドのマウントには付いていない装備があります。それは内部にダンパーが装備されており上げ下ろしがとてもスムースです。モーターガイドのゲーターマウントは重厚な作りで上げ下ろしに「ガッチャン, ガッチャン」言わせてくれます。個人的にはポイントに入る時は静かに入りたいものです。またボートバウやエレキに対して優しくないのも事実です。ハウジングのマグネット割れに繋がるのも原因の一つかと思います。そこでダンパーの取り付けです。市販のもので満足できない自分は更に上のスペックを取り付ける事にしました。それでは取り付けてみましょう! まず用意したパーツがこれです。総額が全部で送料込みで13000円程。ある 機械 の部品を流用します。 アブソーバー2本 マウント金具ホルダー(塗装済み)4個 6mmステンレスボルト 30mm x 4本 6mmステンレスボルト 20mm x 4本 6mmステンレスナイロンナット x 8個 6mmステンレススプリングワッシャー x 8個 30mmステンレスワッシャー x 4枚 6mm x 15mm アルミスペーサー x 4個* *アルミのスペーサーは6mmアルミパイプを切り出して染色してます。手に入らない方はナットを5個位を連結してもいいかと思います。 イメージはこうなります。 金具の取り付けはこうなります。簡単です。金具の取り付け位置にマークをします。 まずはガイドホールの位置決めです。(いきなり6mmでの穴は開けれないので序所に開けていく為に一番始めに小さな穴を開けます)ニードルでポンッ。と叩きます。 次に2mm程のドリルの刃をセットします。知らない方も多いようですが、ドリルの刃をセットした時にちゃんと真円が出ているかチェックしてください。ブレブレしていたらダメです。駒の芯の様に回っているかチェックです。 次に穴開けです。ここで重要なのは回転数は15%程にして、ただ乗せるだけでゆっくり回します。力を入れると直ぐにドリルの刃が折れます。 貫通させる必要は無く、1mm程度で良いです。 で..またゆっくりです。 で..またゆっくりで開けちゃいます。 です。 で30mmのボルトと金具、スペーサー、スプリングワッシャー、ナイロンナットの順で取り付け。 裏から...まだ仮止めです。 次はこのワッシャー。これを裏にハメます。21インチのゲーターマウントに取り付けるには、上部に穴明けをする必要はないです。 で付属のEリングとワッシャーをカチッ!と止めます。 で...ここが難所なんです。メッチャ固いです。ダンパーを押さえたまま上にはめないとならないんです。ケガに注意!! 私はタオルで押さえてスライドさせてます。格闘する事、10分... いきなりダンパーが補助してくれてます。何もしてない状態です。上げ下ろしは静かにスムースで癖になります。 16インチのゲーターマウントにも付けちゃいました。 今回のチューンで購入したパーツはコチラ! https://www.monotaro.com/p/0922/9753/ https://www.monotaro.com/p/0922/9552/

モーターガイドエレキのオーバーホール2015

どうもYです。本日も16:30で仕事を〆てからの瀬田川へ行く予定でしたが、寒かったので魚は刺し戻ったと判断して、エレキオーバーホールです。今週末はチャプター京都に参加する為にいろいろと準備が大変です。自分が使用しているのは Motor Guide TR-82/24V です。 なんと開けてビックリ!! ローターの表面がサビサビ。若干、湿気か浸水があった模様です... 多分、池原で岩にぶつかった時かなと思いますが... 2年使用しましたが、まだ1年はブラシは使えそうです。やはりボートが少し大きくなるだけでモーターに掛かる負担は大きいようです。 コミュテーターも結構痛んでいますが、あえて磨かず次回交換する予定に..磨いた後にオーバーパワーになってコミュを焼いてしまった事が2回もある為です。あえてデチューンバージョンで... コムキャップの中もややサビが...がこの後の掃除で奇麗になりました。 SEモジュールもスターレンチで外します。 ペロっと外した裏です。 そしてセラミックグリスをたっぷり塗ります。食べれません(笑)オーバーホールしといて良かった!!

冬の亀山ダムを攻略!! (川島勉)

冬の亀山ダムを攻略!! (川島勉) 3
人気の無料動画サイト「アピスTV」より... 1日1本出れば十分というほど厳しい亀山ダムに川島勉が挑む。多くのアングラーがディープの釣りをする中、あえてシャローを中心にバスを探す理由とは!?そして番組途中には、こだわりが詰まったジャッカルのNewボートを紹介!©APSTV

24分以内に読まれた記事

3303580

error: