タグ 六文銭日記

タグ: 六文銭日記

こちらでは バス釣り人気ブログ に関する記事を纏めてあります。また バス釣り人気ブログ に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

瀬田川おかっぱり釣果 53㎝!! (bv六文銭)

瀬田川釣果2019年 写真
ルアーにチェイスしてきたバス、ルアーを再度キャストしてキャッチした53㎝~ 反転流のポイントを引いて来て回収しようと巻いているとルアーにチェイスしてきたので、戻った場所にキャストしてみるとヒットしました。   水位・雨量・放水量 日時 2019年 6月 16日 (日曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -22cm 洗堰放流量 (現在) 41m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 26.9mm 水温 22.0℃ 今日は釣れましたね!

瀬田川おかっぱり釣果 53㎝!! (bv六文銭)

瀬田川オカッパリ釣果写真
正に久しぶりのバス53㎝~ 放流150立方メートルで流れが強いため10gキャロ/デスアダ5inを沖合いに投げていたら深く潜るようなポイントでヒットしました。   水位・雨量・放水量 日時 2019年 6月 3日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -6cm 洗堰放流量 (現在) 150m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 23.0℃ 二ヶ月ぶりですね。やりました!放水が上がればいい事あるかも

瀬田川おかっぱり釣果 48㎝!! (bv六文銭)

瀬田川おかっぱり釣果 48㎝ 写真
傷だらけのフックが刺さったままのバス、48㎝~ 1ヶ所で方向を変えて、5gジカリグ/バイブクローを投げてたら着床ぐらいでヒット。   水位・雨量・放水量 日時 2019年 4月 27日 (土曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 2cm 洗堰放流量 (現在) 51m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 3.2mm 水温 15.0℃ いい感じすね。その調子!

瀬田川おかっぱり釣果 44㎝!! (bv六文銭)

瀬田川おかっぱり釣果2019年 写真
瀬田川のブタバス、ころんころん44㎝~ 石組のへりに沿ってゆっくりゆっくり引いてきたらゴツときました。二匹目が遠かった。   水位・雨量・放水量 日時 2019年 3月 22日 (金曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 0cm 洗堰放流量 (現在) 43m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 2.3mm 水温 9.0℃ いい感じ!その調子っすね。ブヒッ

瀬田川おかっぱり釣果 60cm!! (bv六文銭)

瀬田川釣果2019年 写真
今年の初バス60㎝~ 流れに乗せて引いてきたらどうかと思い上流から流してみたらグウときました。 5gジカリグ/バルビューター。   水位・雨量・放水量 日時 2019年 2月 15日 (金曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -27cm 洗堰放流量 (現在) 90m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 6.8℃ 早春フィッシュやりましたね!

瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー ~BEST OF 2018~

瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー 2018 写真
あの時の琵琶湖は既に 昔話。新しい時代 2018年 総括。今年も色々な方から 激励の言葉 や お叱りの言葉 を頂いた。まだまだ改善すべき事や 意識改革 の課題は山程あるが、来年の糧にしていこうと思います。今年の琵琶湖本湖は 例年になく、普通ではないシーズンだった。台風~地震~酷暑~水質悪化 と「災まみれ」であった。自分が琵琶湖で ルアーを投げたいという理由は「単純に魚が沢山つれて面白い」という事だったが、15年前とは 全く違う湖に変貌してしまった... 毎年、毎年 右下がりの傾向をたどる。店頭に来店されるお客様も バス から離れた方の数はとても多い。その変は残念な所でもあるが、前向きに前進したいと思う。総括はさて置き、今年も短い時間ながら 色々なルアーを投げたり、ロッドを振った。今年は緩めに 「瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー 」と題して、瀬田川日記 と 六文銭日記 から  各3点しぼり紹介します。 六文銭日記より ロッド&リール+ワームリグ をノミネート アブガルシア AbuGarcia エリートオーロラ64リミテッド ・・・まずこのリールはギア比 7.1:1 に改造してあります。重量が200g有りますが軽いロッドと組み合わせてみると、私の手にしっくり握れ、この寒い季節には虹色が気分を癒してくれます。古いリールでは有りますが、一回の巻き取り70㎝という遅くも無く早くも無い巻きスピードが気に入ってます。 エバーグリーン インスピラーレ TKIC-66MH-BK ブラックレイブン ・・・このロッドは持ち重りがせず、細かく動かしてもティップがしなやかに動いてくれて、ヒットした後はリールを巻くだけでロッドのしなりでバスの引きをいなしてくれます。バットは細いですがパワーがあります。これからの粘りの釣りに最適かと思いますし、メタルジグの操作感も上々に思います。 ZBCウルトラバイブスピードクローのヘビキャロ ・・・みなさんはこのワームをテキサスリグやゼロダンに使用しているそうですが、私はヘビーキャロに使用しています。三叉キャロやロングリーダーのキャロを遠投させて流れに乗せるだけです。所謂クロー系としてバスにアピールする力は抜群と思い使っています。特に、水温が低くなってくる時期には良く使用しています。 瀬田川日記より ワーム と リグシンカー をノミネート バークレイ社 パワーホッグ 4インチ・・・毎年、各メーカーから 色々なワームが発売されているが 定番中の定番というワームが本当に少ないと思う。このワームも15年以上前から発売されている...

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~永田様~ 54cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。先週から産卵を終えた魚が元気にシャローレンジに差してきており バイトもとれるようになってきました。西日本は 梅雨入りが記録的に遅れているらしく 週の中頃にようやく梅雨入りとなりそうです。ただ釣れるエリアがハッキリとしており 魚のコンディションはやや悪めな 梅雨シーズン到来間近な琵琶湖でした。 初夏のバスフィッシング ~デカバスを狙え~ 本 日のゲスト様は リップラップガイドサービス 2度目のご利用となる。長野県からお越しの永田様です。普段は オカッパリ専門 で楽しまれているそうです。本日は 初夏の琵琶湖に挑戦してみたいとの事でご用命です。クライアント様は大人の事情で顔出しNGですが...本日は...

1857776

error: