タグ 琵琶湖ガイド人気はコチラ!!

タグ: 琵琶湖ガイド人気はコチラ!!

こちらでは 琵琶湖ガイド人気 に関する記事を纏めてあります。また 琵琶湖ガイド人気 に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~庄田様~ 49cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、放水量も 150m³/s になり、やや穏やかな琵琶湖になった様子です。ここ毎日は夕方には纏まった雨(夕立)が降っておりました。本日は平日でしたが、チャンネルラインには無数のボートが浮いておりました。パターンがハマれば爆釣している最近の琵琶湖のようです。 ネコリグでデカバスを捕獲セヨ!! 本日のゲスト様は3度目のご利用となる、大阪市からお越しの庄田様です。前々日の夜に「明日、リップラップガイドに行かせて頂きます。よろしくお願いします。」と連絡があった。ガイド内容的には前回の続きで「スピニングを極める釣り」となった。そして本日もいろいろな苦戦を余儀なくされました。 天気予報は見事にハズれた。午前中は太陽が顔を出し、眩しい位だった。また14:00頃には纏まった雨(夕立)が短時間だったが、琵琶湖上空に降り注いだ。 2015年07月30日(木) 6時の琵琶湖水位 -19cm 現在の洗堰放流量 150m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.0mm 水温:27.70℃ 出船前に自分は毎回、クライアント様とタックルを前にして打ち合わせをします。1.何をしたいですか? 2.この道具はどう思いますか? 3.このルアーを使ってみてはどうですか? 等々。ここで一時間位かかる事もあります。ラインを巻き変えたり、シンカーやフックを換えたり。本日は「このタックルにこの針ではバレますよ。」という会話で案の定、大きな魚をクライアント様はバラしてしまった。   タックル紹介 3回目のガイド利用となる、クライアント様にはベイトリールは初心者という事で、ロッドを用意して頂いた、リールはシマノのBASS ONE XT。そしてシマノ・ソディアス(2ピースロッド)66Mとなった。2つ合わせて15000円だったそうだ。同時に本日が入魂式となった。 出港です。釣れるかな〜 まずは小ノ浜沖へ向かいます。トップで様子を見てみる事にしました。 ここではジャッカル社のSKグランデポッパーを使用しました。初ベイトリールフィッシュです。入魂完了?! Oouch… ここで事件です。チビのバスからフックを外そうとした瞬間、ポッパーのフックが刺さりました。さすがはガマカツフックです。刺さりは抜群です。身をもって知るとは正にこの事です。速攻、抜いて北山田へ移動です。フック(針)の抜き方 北山田沖のフサ藻パッチ(縦スト)へ移動です。ワームはコレ。ZOOM社のスワンプクローラーの2連結ネコリグです。50オーバーを狙います。 一匹目!庄田氏:「もうこれで満足です!」私:「まだまだこれからですよ!」 ヒットです。 49センチ (>°))))彡) 自己記録更新! またヒットです。大きいです。 ド〜ン!50オーバー (>°))))彡) *私の不注意で逃がしてしまう!すいません x100 ヒット!49センチ(>°))))彡) 移動です。 さぁ!ここはどうかな? 小さくなりました。 雨が降ってきそうです。 40アップ!(>°))))彡) ネコリグがハマりました。 遂に大雨です。 雨が数分で止み「これで釣ってみましょう!」という事になった。エバーグリーン社のコンバットクランク60です。こちらのクランクも琵琶湖の東岸で非常に良く釣れます。 ドッス〜ン。ヒット!49センチ(>°))))彡) 今度は本当に入魂完了!! 爆釣モードに入っていた琵琶湖。結局、今日は良く釣れた一日になった。50,49,49,47,45,43,40,38,35 といった所です。最後に庄田氏が「1年分のバスを釣ってしまいました〜。ウォ〜!次回はノーフィシュ確定や〜」と悩んでおられました(笑)庄田様、本日はありがとうございました。今度はベイトキャストで50オーバーを狙いましょう!またよろしくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~上杉様~ 49cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。昨日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週と同じく台風12号が接近 してきており、天候が安定しない天気が続いています。放水量も前回放流が続き琵琶湖の本湖でもアングラーが非常に少ない状態でした。 ネコリグでデカバスを捕獲セヨ!! 上杉様 本日のゲスト様は三重県からお越しの上杉様です。事前の打ち合わせですと「キスラースピニングロッドを持っているのでのライトリグのみで琵琶湖に出たい」との事でした。日々の釣りは野池や海釣りがメインだそうです。「了解です。魚を探しながらいろいろやってみましょう!」という事で当日を迎えました。ゲスト様は三重県から泊まりで滋賀県に来られ「後は大きいのを釣るだけ!」といった意気込みで、プレッシャーが掛かります。リップラップガイドサービスではお客さまに合わせたフィッシングガイドが可能です。 本日の天気予報は当たらず。比較的に風の吹かない日になった。本湖でも一日浮かべる状態でした。 2015年07月27日(月) 6時の琵琶湖水位 -18cm 現在の洗堰放流量 150m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:24.00℃ タックル紹介 本日のクライアント様が持ち込んだタックルの紹介です。シンプルに一本。キスラー KLX マルチテクニック 6'9" とリール、ラインはフロロ5ポンド。 出発です。 まずは小ノ浜沖のエッジをチェックします。 4〜5メートルを見ますが、余り魚が映りません。少しインサイドに移動しました。 使用したワームはコチラ。デプス社のデスアダー4インチ。テールをチャートで染めています。このチャートチューンはディープに落ちてる魚には効きます。 ゲスト様にヒットです。 ピカ〜ン。小さいです... 小さいです... 小さいです... 小さいです... オマケ。 南下します。 ヒットです。どうですか〜? サイズアップしてきました。 チビの猛攻にあいます。どうやら大型は縦ストの陰に隠れているようです。ネコリグでササバ藻の隙間へ落としていく事にしました。 ここでZOOM社のマグナムスワンプへ変更です。私はプライベートワームは殆どウォーターメロンのみしか持っていません。理由は塗ってしまえばいいからです。スカッパノンが欲しいので塗ります。 ウ〜ン。いいですね。しかも少しマダラな所が美味しそうです。次にフックの紹介です。 ガマカツ社のWORM 329の2番を使用しています。8インチ位までのジャンボネコリグにはピッタリなフックです。 そして結び方は「ハリス結び」です。これは結び目(コブ)が出来ないのでラインブレイクをおこし難いのと、針に直接ラインが縛れるのでフッキングも非常にいいです。一度、ラインに強いテンションが掛かったら再度、結び直してくださいね。 ジャボ〜ン。ゲスト様にヒットです。まあまあですよ。 少し痩せていますが49センチ(>°))))彡)です。やりましたね! またまたヒットです。デカイですよ!! 大きい魚影です。50オーバーか?! ポロンッ!ばれちゃいました。 ゲスト様はラインスラッグの操作が午前中は上手く出来ませんでしたが、夕方にはだいぶ慣れた感じでコンスタントに釣れましたよ。 1号 (>°))))彡) 2号(>°))))彡) 3号(>°))))彡)  本日の最大魚2本です。49センチと47センチです。2人で20本程の釣果でした。ここでゲスト様から一言「いや〜琵琶湖に遠方から遥々、来た甲斐があったよ。今年の最大魚だわ!」上杉様、本日はありがとうございました。今度はベイトキャストで大きいのを狙いましょう!またよろしくお願いします。 P.S おみやげを頂きました。シェルレーヌ!有り難うございました。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~黒井様~ 50cm

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~黒井様~ 50cm 3
リッ プラップガイドサービスの瀧川です。昨日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週と同じく台風12号が接近してきており、天候が安定しない天気が続いています。放水量も全開放流のままです。琵琶湖の本湖でもアングラーが非常に少ない状態です。 テキサスでデカバスを捕獲セヨ!! 本日のゲスト様は遠方からお越しの黒井様です。黒井様からのリクエストでヘビーカバーでのパンチングやヘビーテキサスで大型のみを狙いたいとの事でした。沖でのライトリグや他の釣りもお勧めしましたが「50オーバーのブリブリ狙いだけでいいや!ゼロフィッシュでも構わない」との事でした。事実上の「パンチング縛り」となった。この縛りガイドはやってみると以外と得られる事が多いです。 本日の天気予報は一日曇りだったが、実際の天気は晴れ間が所々で広がり、午前10時には風速3メートル程のやや荒れの天気となった。水温も放水が続いている影響で下がっている状態。 2015年07月25日(土) 6時の琵琶湖水位 -12cm 現在の洗堰 全開放流 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:23.20℃ 今回、狙う魚は「HAWG BASS=ブリブリバス」よく雑誌の表紙などで見る顔のバス。顎の下に無数にあるシワ、大きい顔、頭もよく非常に賢いです。これらの魚を釣るのは非常に難しいと思います。勿論、沖でも釣れます。ただマッディー水域はシャローで釣れるのはこういう個体が多いです。   タックル紹介 今回のクライアント様のタックルの紹介です。単純シンプルに2本... ダイワ・ジリオンPEスペシャル・カスタムパンチングロッド(スパラルガイド)・PE 5号 ダイワ・ジリオン J-DREAM 7.9・デプス スーパーボーダーFE・フロロ 25lb クライアント様はジリオンの大ファンだそうです。1オンス以上のパンチングにはピッタリなリールです。 今回の使用したヌンチャクリグ。一番上から2オンス、1.5オンス、1オンス、3/4オンス。フックはリューギ社のタントラムコントロールにフックキーパーを自作で付けたモノ。これらの釣りは「柔能く剛を制す」という言葉通りの釣り。ただやたらと強ければいいという物ではなく、着水音を殺したり、ゆすり時のライン鳴りと消すといった、ライトリグ以上の繊細さが求められる釣りでもあります。 今回の使用したワーム。一番上から... ZOOM・ウルトラバイブスピードクロー・アメザリ レイドジャパン・バギークロー・アメザリ デプス・スパイニークロー・アメザリ ウルトラバイブのアクションは「ビロビロ」スパイニークローのアクションは「ビラビラ」この2つのワームで使用目的やエリアは全く異なる。活性が低い時は前者のアクション、高い時は後者のアクション。本日は活性が低くウルトラバイブで反応させる事となった。 出発です。本日はシャロー展開ですので、南エリアの人工島から見る事にしました。 カバーは永遠無数です。自分はまずは耳で魚を探します。ピチェとかポチャとかプクプクとか聞いて探します。こんなエリアを撃っていたら一日が直ぐに終わってしまいます... 移動です。 撃つべし...撃つべし... 移動です。 撃つべし...撃つべし... 移動です。 進みます。 撃つべし...撃つべし... 本日はバイトが遠く活性が低い様子。 瀧川さん。俺って持ってない男なんです。今日は0フィッシュでもしょうがないですね。 もっと信念をもってロッドを振り抜かない限り、大型は絶対に釣れないですよ。持ってるヤツは持って来れるんです。「持ち」を呼んで来てください。やり抜いてください! 移動です。 そしてラスト終了一時間前... ビックバイトです。自慢のロッド!スーパーボーダーがのされてます。(笑) ド〜ン。凄いのキタ。50センチ(>°))))彡) 例の魚です。 事実上のワンバイト、ワンフィッシュとなった。 本日の犠牲者(笑) 本日の魚です。根掛かりと思った程、かなり引きましたよ。ここでクライアント様が私に「いや〜。瀧川さん。俺、やっぱりもってましたわ〜 ワッハッハ」そして一緒に「ワッハッハ〜」黒井様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~吉武様~ 53cm他

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~吉武様~ 53cm他 24
リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週末に台風が接近して大雨になり、琵琶湖は大増水しました。水位は未だに上がったままで放水も全開放水。本湖チャネルラインで小型は釣れるが、大型を狙うのが難しい状況でした。 サーチフィッシングを克服セヨ!! 本日のゲスト様は京都市からお越しの吉武様です。京都嵐山の観光地の直ぐ近くに住まわれているようで、琵琶湖ではよくボートをレンタルされて、月一度は出船されるそうです。今回のリクエスト&お題は「本湖で1から魚を探して最終的に50アップを仕留めたい!」あと、ヘビーカバーのパンチングも興味ありますので一緒にお願いします。といったリクエストでした。 本日は曇り時々の晴れ。天候的にはトップ日和だが、一昨日のチャプター京都の水質からすると、魚が沈んでいる様子と予想した。 2015年07月21日(火) 6時の琵琶湖水位 2cm 現在の洗堰 全開放流 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:24.20℃   タックル紹介 本日のクライアント様のタックルの紹介です。 ロッド:キスラー・H3 MH74XF リール:メタニウム(テキサス用) ロッド:キスラー・H3 ML70F リール:バイオマスター(ダウンショト用) ロッド:モーラ・711XXH リール:シマノ(パンチング用) ロッド:シマノ・AKRAB リール:シマノ(スピナーベイト&トップ用) おおよそだが、トップからディープ。そしてカバーと素早く探れるように4本に絞った。とにかく素早くサーチして50アップに辿り付くのが今回の目標という事でもあった。今回は活性の高い魚を頭順に並べて、水底等高線アウトサイドエッジのトップレンジ(ポッパー)→ミドルレンジ(スピナーベイト)→インサイドエッジのトップ(ポッパー)→ミドルレンジ(ミノー)→アウトサイドエッジのボトム(ヘビダン、キャロ)→インサイド=シャローのカバーとルーティーンを組んだ。これに水温の要素が必要となるとすれば北南間の移動で調整するといったプラン。 出発です。がんばりましょう! まず朝一は本湖チャンネル部のアウトサイドのエッジのトップを狙います。詰め将棋の様にパターンを実行して魚を追いかける事にしました。ルアーはティムコ社のコーリングペッパーです。 ここで出たら大きいですよ!次の瞬間「ボコッ」ウォ〜。大きいか? ありゃま!これはないですね。という事で今度はインサイドのエッジに移動です。 今日から梅雨空けで気候がガラッと変わっていました。 ここでもポッパーです。バコ〜!ウォ〜。 またまた小さいサイズ。今日はトップはダメですね。という事でまたアウトサイドのディープ4メートルレンジへ移動する事にしました。 ここではバークレー社のパワーホグ3インチ、7グラムのヘビダンでウィードのエッジを狙います。本日のワームは全てこのパワーホグのみを使用してリグを変えて、釣りに一貫性を持たせる事にしました。*理由は釣れた原因がワームでは無いと言う事を証明する為にです。 鮎が纏まって映りましたので、ヘビダンを投入して頂いて少し待っていると... このサイズが駆けずり回っているようです。「今日は沖で狙うのは難しそうですね。シャローカバーでいいのが釣れそうです。移動しましょうか?」と提案させて頂き移動です。 赤野井から下物のカバーへ移動です。本日は貸し切り状態です。 ここではヌンチャクリグ=ジカリグ14グラムで狙います。 気温も上がり熱いですが、気合いで撃ち抜きます。アチャ〜。オチャ〜。トウガン・リー。次の瞬間「ゴンッ」バイトです。 来ましたよ!サイズアップです。 次はカバー周辺の浮いている魚を5グラムのテキサスで狙います。チョイパンチ釣方。もうこれでしかないな...と王手!大きいのこい! ゆっくり狙います。ゆすって入れては...落としてを繰り返していくと... ムニュ〜。ビックバイト〜!! デカイですよ。落ち着いて...落ち着いて ガッゴ〜ン!! デッカ〜。 ドッス〜ンコ。53センチ(>°))))彡) *ボート上での写真がピンボケでした。すいません。 ここでタイムアップです。本日はパターンをシフトしていく展開で狙い撃てて良かったと思います。結局、答えはシャローのトップレンジが良かった結果でした。最後にゲスト様の口からは「久々にバスフィッシングしました(笑)」 本日の釣果はこんな感じでした。本日のマリーナ釣果最大魚となった。吉武様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~森様~ 50cm x 56cm

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~森様~ 50cm x 56cm 33
リップラップガイドサービスの瀧川です。昨日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週まで雨が降り続き、琵琶湖の水がクリアーになり今週から快晴。水中の魚も中層に浮いているような傾向。釣果の方も日替わりで狙う釣りがやや難しい状態でした。 ポッパーでデカバスを狙い撃て!! 本日のゲスト様は東近江市の森様です。伊庭内湖から直ぐ近くの所に住まわれているようで、大同川で時々、おかっぱりをされているようです。釣り歴は約2年。電話での打ち合わせでは「トップで大きいのを狙いたいんです。ロッドもトップ用に購入したのでお願いします。自己記録は52センチです。」という内容でした。リップラップガイドサービスではお客様に合わせたフィッシングガイドが可能です。 当日の天気は絶好のトップ日和かと思っていたが、11時から風速を3メートルを超える爆風になった。琵琶湖の予期せぬ風速変化には毎回、悩まさせられます。 2015年07月13日(月) 6時の琵琶湖水位 -19cm 現在の洗堰放流量 150m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm   タックル紹介 今回のクライアント、森様のタックルの紹介です。フェンウィック、レジットデザイン、ブラックレーベル、ノースフォークコンポジット。リールはメインにシマノ。そして本日はトップをメインでガイド業務を行う予定でしたので、選出したロッドは... ロッド:ノースフォーク・J.Custom 2.0 TCR610ML リール:シマノ'13メタニウム ライン:ナイロン:18lb ルアー:ポッパー (ジャッカル:グランデポッパー / ティムコ:コーリングペッパー) このノースフォーク社のロッドはハイビジョンのTVの用に鮮明さがあるようにも思えた。 出発です。 水面は絶好なトップ日和。今日の私の任務はウィード物件の紹介です。チャンネルラインに面した見晴らしのいい物件がベストです。「お客さんこの物件がいいですよ。」とキャストして頂く、既に入居している魚がいればバイトして来るといったパターン。 早速、バイトです! カナダ藻のウィードエッジパターンで50センチ(>°))))彡)をゲットです。(私の不備でランディングが手伝えませんでした。すいません。) ここでどんどん天気が晴れてきます。 移動です。お客さん!!急ぎましょう!! 移動して魚が沢山います。 ここで狙うのはササバ藻「茶柱パターン」です。「お客さん!この物件どうですかね?キャストしてみてください。出るならここですよ。」 カポカポ。カポカポ。モワ〜ン!となった。オオッ。「続けてください!!」30秒後に「バコ〜ン」... ウォ〜。でかいか?!ノースフォークがブチ曲がります。 ドッカ〜ン!! 釣れた〜!! 手が震えている...56センチ(>°))))彡) 社長様が入居中でした(笑)ム〜チョ グラシアス!! このジャッカル社のエスケーポップ グランデ。琵琶湖で良く釣れます。スプラッシュが低弾道で纏まって飛んでいきます。恐らくギルの口は小さくスプラッシュ幅が小さく似ているからなのかな?と思います。釣れるポッパーは釣れる、釣れないポッパーは全く釣れないから不思議です。 釣れたササバ藻。釣れた前に、モワ〜ンとなったのは、チビのギルやバスがピーチク、パーチクとルアーに追っかけてきていたのを、下からモンスターが忍びよってきていて、ビビッて逃げた証拠。 ここで風が吹いてきました。 今度はティムコのコーリングペッパーにチェンジです。こちらは結構、ポップ音も大きく吐き散らす感じです。風が少し吹いてきた時やウィードが多いエリアで効きます。琵琶湖でも実績があります。 まあポコポコが釣れます。 ここで爆風です。 パワードームがエアーウィングドームに...(泣) 風裏に移動です。 テキサスで撃って釣ります。初テキサスフィッシュです。イェ〜イ。 今度は西岸でパンチングです。爆風には負けないぞ! ウィードにも負けないぞ! ペラにラインが巻き付いて、ウィードも巻き付いた(泣)参りました。本日は過酷な琵琶湖でした。 ここでタイムアップです。マリーナで計測です。 今日はこんな感じです。56センチx50センチの50アップの両手持ち。今度はGT用のポッパーで60x2本を狙いましょう!森様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 40up他多数!!

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 40up他多数!! 11
リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週まで纏まった雨が降り続き、放水量も300 m³/sが続き、ほぼ川になった琵琶湖。釣果の方も日替わりで狙う釣りがやや難しい状態でした。 サマーバスをサマーパターンで攻略セヨ!! 竹中様 本日のゲスト様はリップラップガイドサービスの利用3回目となる、竹中様です。今回のリクエスト内容は「1.トップで大型を狙いたい」「2.シャローカバー撃ちやパンチングでも釣りたい」との事でした。基本、撃ちキャストで積み重ねていく様なスタイルが興味あるとの事。天候にもよるので様子を見ながらガイドさせて頂く事になりました。 心配した台風もだいぶそれました。代わりに高気圧が流れ込み蒸し暑い天気に... 本日はトップ日和だと思っていたのですが、10時頃から真夏日になりました。 2015年07月11日(土) 6時の琵琶湖水位 -13cm 現在の洗堰放流量 220m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm   タックル紹介 今回の竹中様のタックルの紹介です。持ち込んだタックルはキスラーロッドが3本。 ロッド:KISTLER・Z-BONE 4MHZ リール:アブエリート (トップハードベイト用) ロッド:KISTLER・Z-BONE 3MHZ リール:アブエリート (7グラムテキサス用) ロッド:KISTLER・Z-BONE 5HZ リール:アブエリート(10グラムテキサス用) キスラーロッドはキャラクターが比較的、しっかりしているロッド。シャッキリ!キッチリ、スパット!と掛けるといった動作にはとても相性がいいロッドに思えた。 今回も多数のルアーがおもちゃ箱みたいなボックスにプラグが多数。遊び心も大切ですね。 湖上でいろいろ試してみましょう!とセット完了です。 出船です。目指すは小ノ浜のインサイドエッジです。 がちゃごちゃ。がちゃごちゃ。取り出したのがデプスのパルスコッド。 キャストして、ポカポカやっているとヒットです。 大きいか! 真っ黒な40オーバー(>°))))彡)のバス。カバーに潜んでいた魚のようですね。 トップでの反応が余りよくなく、日が出てきたのでカバー撃ち&パンチングへ移動。 今日の水質を見る限り結構いい感じ!「竹中さん。そこを撃ってみてください。」 バチャ。バチャ。と早速ヒットです。 小さいけれども初パンチフィッシュです。イェイ! 次にテキサスのカバー撃ちへパターンを変更です。「こうやって...こうやって...フリーにカーブフォールして...」と一緒にカバーの奥の奥へと撃ち込みます。 グン!とアタリです。 結構、大きいですよ。シャローの魚はかなり引き体格がいい。キスラーでフルフッキングでバイトを決めていく竹中氏。テキサスはおもしろい。 ここで竹中様に50オーバー位のがヒットです!が...プツン。ラインブレイクです。14ポンドでは細いですね。琵琶湖のカバーは20ポンド必要です。 このサイズはほぼ入れ食いな状態が続く... 最後に記念撮影でパチリ! 本日のVIPのワームの数々。ズーム社のウルトラバイブスピードクローが大当たりだった。このバイブクローが効く=夏の始まり!!「いや〜バイブクローで3年ぶりに釣りましたわ。ハッハッハ」と楽しいテキサス釣行となって頂けたようでした。竹中様。本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。

最新の記事

メンテナンス日記#684:シマノ バンタム 200 洗浄&注油

オーバーホール で受付けしました シマノ バンタム 200 です。全体的に重いとの事で メンテナンス依頼頂きました。またリールがシートに装着できないとの事でした。自身でオーバーホールしてから 調子が悪い... 近所に釣具店が無い... このような ケースでお困りの方は お問い合わせ ください。ムサシオーバーホール 事業部ではスペアパーツも...

2132494

error: