タグ 琵琶湖バス釣りガイド料金

タグ: 琵琶湖バス釣りガイド料金

こちらでは 琵琶湖バス釣りガイド料金 に関する記事を纏めてあります。また 琵琶湖バス釣りガイド料金 に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

6~7月のガイド業務につきましてお知らせいたします。

6~7月のガイド業務につきましてお知らせいたします。5月下旬から6月の梅雨入りする頃になると バスの産卵が終盤を迎えます。そして 水温が23度位を境に 魚が活発に餌を追い始めます。一般論からですと この時期は「どこのレンジでも どんなルアーでも 最も釣りやすい季節」となります。6月は ミドルレンジ (3.0m~2.0m) からシャローレンジ (2.0m~1.0m)、そしてトップウォーター。7月は ミドルレンジの巻物、ストラクチャー や ウィードのフォール系の 案内 で考えております。特に水面を激しく割るトップウォーターでの 50オーバーの魚との やりとりは一生の思い出となる事は 間違いないでしょう。 この時期の琵琶湖の天気は、突発的な豪雨や落雷に注意が必要です。そこで提案させて頂くのは 予め天気予報 で天気を調べて頂き 前々日にオーダーを頂ければ幸いです。ガイド業務が風で中止になる事は10%程です。午前中から風速4m以上ですと中止を提案させて頂きます。また南東風が、朝から吹き荒れる場合も中止が望ましいと思います。ご予約&詳細、ご相談は コチラ からどうぞ! リグ&タックル紹介: トップ ウォーター攻略用 • ロッド:65ML~70M 中弾性 (バーサタイル) • リール:ベイトリール • ライン:16lb~20ln ナイロンライン ベイト~クランク、巻物~スイムジグ~ • ロッド:70M~72MH 低弾性 (ファーストムービング) • リール:ベイトリール (ローギア・遠心ブレーキ製) • ライン:10lb-14lb フロロライン • ルアー:クランクベイト, スピナーベイト, バイブレーション, チャター ベイト~テキサス&ラバージグ • ロッド:68MH~73MH...

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~加納様~ 23cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が一桁代に突入。釣果の方はまだまだ釣れている琵琶湖ですが、当方的にはかなり難しい冬の琵琶湖でした。 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの加納様です。加納氏は愛知県から車で2時間掛けて琵琶湖に通われています。もう、今年は来ないんではないかと思いましたが、再度のご依頼です。有り難うございます。今日の予定は、午前中は加納氏の行きたいエリアで試したいリグでの釣行。そして午後からは私のオススメプランで狙い撃つ!プランでスタートです。いずれにしても厳しい一日でした。 今日の琵琶湖は絶好の釣り日和になった。お昼頃は湖上でもジャケットを脱ぐ程の気温となった。 2015年12月20日(日) 6時の琵琶湖水位 -28cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.0mm 水温:11.40℃ 2015年も残り1週間... 大きいのを仕留めたいですね。 湖面は面ツルです。午前中は加納氏のリクエストで北湖の鮎屋前へ向かいます。 眩しい朝です。 比叡山も雪化粧でいい景色です。 ウィ〜ン。 誰も居ません。スキー場みたいです。 ここは加納氏のリクエストで、ここでああして... こうして... こうです。ワンバイトあったが乗らずです。 午後からは私のプランのメタルの釣りです。 ヒウオの群れを探していきます。シューティングです。 「加納さん。ここです。キャストしてください。」 ヒットですが... バレてしまいました。結構いいサイズでした。残念。 「デレィ。小さぇいだよ。」本日はこのサイズがマックスでした。 ここでタイムアップです。加納様、本日は有り難うございました。加納氏は、また来週も来られるそうです。P.S 夕飯ごちそう様でした。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート-里様-00cm

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート-里様-00cm 3
リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。先週は琵琶湖方面では纏まった雨が降り続きましたが、水温はそれほど下がらず。今年の琵琶湖は12月でも平均水温が2.3度と高い琵琶湖でした。 サヨナラ2015年!! ラストフィッシュを捕獲セヨ!! 里様 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの里様です。里氏は今年からバスフィッシングを始めて、今回で数回目の琵琶湖です。前回の釣行では自己記録更新の52センチを捕獲。今日のリクエストは「2015年度のラストデカバスを捕獲する事」ポイントを絞り込みながら、慎重にご案内させて頂きましたが、残念ながら今回は魚を触る事は出来ませんでした。レポートのみとなります。 早朝5:30。今年の琵琶湖周辺はまだそれ程、寒くない12月の朝でした。 本日も曇天無風な琵琶湖。釣り納めに来る方も多かった。 2015年12月14日(日) 6時の琵琶湖水位 -31cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:12.30℃ 「今年最後の琵琶湖がんばりましょう!」という事でスタート。ポイントは①②③④と決めて効率よく回っていく展開で様子をみました。狙ったエリアはアウトサイドの3.5mから4.5mラインからシャローへと、エリア的には全てピンポイントでした。 バスらしき魚影は沢山映りました。 途中からはスイムベイトも入れましたが... 結局は「ワンバイト・ゼロフィッシュ」でした。 ここでタイムアップです。難しい展開でした。里様、本日は有り難うございました。また来年もよろしくお願いします。来月にオカッパリガイドで任務遂行で穴埋めします。続く...

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート-竹中様-32cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。先週から午前中(朝方)の気温が一桁代に突入。今週は少し纏まった雨が降り琵琶湖の水温も2.3ど一気に下がりました。釣果の方は例年よりは釣れている琵琶湖でした。 ビワコオープンスペシャル ~後編~ 前回の 続きです。本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの竹中様です。竹中氏は北湖でもバスボートで釣りをされているクライアント様です。普段はラバージグやヘビキャロ、ヘビーテ キサスなどと言った強いスタイルがお好き。ロッドも高弾性のキスラーやノースフォークのみを所有。今回は「ビワコオープン」に参加される との事でご依頼頂きました。本日はそのビワコオープン当日です。今日のリクエストは「小さくてもいいのでしっかり釣る」というプランでスタートです。 本日はいつものマリーナが工事中の為に違うマリーナからの出船です。朝からエンジンの電気系のトラブルでエンジンやチルトがかからない。結局は平ヒューズが切れていた。リアライズマリンの谷岡さんに感謝! 本日の天気予報。本日は朝から防寒着が欲しく風が止んだら、少し暖かくなった。 2015年11月29日(日) 6時の琵琶湖水位 -43cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.6mm 水温:11.50℃ 会場に向かいます。 本日もジャッカルハウスの横にある「フレンズマリーナ」さんからの受付参加です。ビワコオープンのルールはキーパー30センチの3本。7:30スタート帰着は13:00に本部マリーナです。キーパー30センチが難しい所でもあります。 タックル紹介本日の使用したルアーは2点。1つはIK社のフラッピンソニック。2つ目はEG社のリトルマックス 3/8oz。ゲスト様はDEPS社のサーキットバイブを使用した。釣り方は簡単でキャストして、トントントンと軽くティップのアクションで喰わせる釣法。琵琶湖南湖は水深がないのでそれ程、大きくはリフト&フォールはしなくてもいいと思います。 スタートです。 本日の狙った水深は4.0メートルから3.5メートルに絡む、仙人藻(せ んにんも)のエッジです。魚は30センチ位のがかなり映りました。ちなみにアラバマやスイムベイト勢は4.5メートルから5.0メートルで40オーバー (1500グラム)が釣れてました。本来はライトキャロで狙う予定でしたが、魚が沈んでいたのでメタルゲームにパターンをチェンジしました。 記念すべき本日の第一投です。「ビュ〜ン」 なんと一投目にヒットです。32センチ! 私にもヒットです。31センチ! 丸呑みです。どうやら下から上に食い上げたようです。 結構、あたりがありますが、バレちゃいました。残念。 少しずつレンジを移動してきます。 今日は魚の活性が高いです。 少し移動です。 今期最大魚の20オーバーです。 25センチです。 定時になったので帰着です。 本日はDEPSカップです。 ウ ワサの「ギラギラ攻撃」も展示中でした。 本日は241人参加。ウェインしたのは90名。優勝された岡本選手は7860グラム(55センチx3本)という見事な成績でした。当方は下から数番目でしたが、ポイントが貰えました。リザルトはココ。パターンはココ。 な んとジャンケン大会(1/241人)で私が勝ち、3万円分の高級肉を頂きました。あと抽選会でもう一つの高級ロースがアタリました。肉が二個です。この景 品は一年のお礼に竹中氏にプレゼントです。一年間ありがとうございました。12月第2週くらいまでは大型が狙えますが、0or1フィッシュとなります。是 非みなさん遊びにきてください。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート-竹中様-00cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。今週は少し雨が降り琵琶湖の水位も10センチ程回復。釣果の方も例年よりは釣れている琵琶湖でした。 ビワコオープンスペシャル ~前編~ 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの竹中様です。竹中氏は北湖でもバスボートで釣りをされているクライアント様です。普段はラバージグやヘビキャロ、ヘビーテ キサスなどと言った強いスタイルがお好き。ロッドも高弾性のキスラーやノースフォークのみを所有。今回は来週の開催される「ビワコオープン」に参加されるとの事でご依頼頂きました。有り難うございます。今日は今年最後の大型を一発狙いましたが、残念ながら魚が触れませんでした。 今週の近畿地方は生暖かい朝が多かった。朝と深夜は霧が濃かった。 本日の天気予報。曇りではなく時々、晴れ間が広がった。お昼からは9月位の陽気になった。 2015年11月23日(日) 6時の琵琶湖水位 -40cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:16.50℃ 朝一は少し時間を押して打ち合わせです。竹中氏はまだ50アップを釣っていない。自分にもかなりのプレッシャーはあった。 結局、ゲーリー社のハートテール(5インチ)とフットボールでエリア全体を見ながらやり切るプランでスタートです。 タックル紹介本日の使用したルアーは、瀬田川ジグ(フットボール)10グラム。 それと O.S.P社の BLITZ EX-DR。TIMCO社の Fat Papper と入れ替えで使用。 こちらは BLITZ EX-DR の水中姿勢。 こちらは TIEMCO社の Fat Papper の水中姿勢。 ザブ〜ン。 出発出船! 本日は堅田沖方面から西岸をみます。 本日の一投目です!「ズィ〜ン」 本日は凄い人です。移動! 本日はウィードのエッジを極端にみています。 水質やエリアを調整しながらキャストしていくと... 40アップ!エリアがあっていないですね。魚は余り動いていない様子。 東岸のシャローに移動です。 チャターにチェンジした途端に... デッカ〜 デプスワンドに移動です。 竹中氏にはアタリは7.8回ありましたが、恐らくチビが違う魚種かと思われます。 ここでタイムアップです。竹中様、本日は有り難うございました。次回サービスで埋め合わせします。来週に続く...12月第2週くらいまでは大型が狙えますが、0or1フィッシュとなります。是非みなさん遊びにきてください。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~川様~ 35cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖ですが、水位が大減水(マイナス54センチ) になり、小ノ浜の水門が閉鎖。釣果の方は50オーバーの大型が多数釣れているようでしたが、釣り方やレンジが合わないと、コバスの猛攻に当たってしまうの がここ最近の琵琶湖でした。 秋のシャローバスを攻略セヨ!! 本日のゲスト様はリップラップガイド3回目のご利用となる、大阪からお越しの川様です。川氏はある日「ボートで琵琶湖の釣りをされたい」とのリクエストを頂き、それからのお付き合いです。以前、川氏からのリクエストで西の湖に出船。それから数回、西の湖に釣行されているようですが、かなりの苦戦を強いられているようです。本日は年内の〆となる釣行となる為に「50オーバー狙い」でした。(前回は49センチ止まり) 朝一は大津駅で待ち合わせです。川氏は電車で来られるそうです。 本日の琵琶湖周辺の天気は曇り時々雨。お昼頃から結構な雨が降った。事実上の恵みの雨となった。 2015年11月18日(水) 6時の琵琶湖水位 -40cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 15.7mm 水温:16.70℃ タックル紹介本日の使用したルアーはシャッド系。上から EG社 ウルトラスレッジ、IK社 ジレンマ60スーパースティープ。これに1号のPE+8ポンドショックリーダーをセットした高弾性スピニングロッドで巻いていく、そしてボトムに到達する位で叩く。その繰り返しであたりをとる。本日は前日から暖かい雨が降り、シャローの魚の活性が上がったようだったので、途中からシャローのスーパービックパターンにガイド内容を切り替えた。 シャローで使用したルアーはスピナーベイト。EG社 Dゾーン 3/8 oz。シルバー系とゴールド系の2色を用意。ルアーのカラーのチョイス方法は水にルアーを入れてみて、若干ぼやける位がベスト。本日はホットタイガーでは色が強すぎた。ルアー引くスピードはティップから垂らしたルアーを引く位のスピードで巻きます。その際のラインテンションは「糸電話が聞こえるか聞こえないか」位のハリです。動画 朝一は霧が凄かった。 出発出船! ゆっくり進みます。 朝一は西岸のブレイク周辺をシャッドで探ります。 狙った水深は3.5メートル。 クライアント様にヒットです。これより小さいサイズは沢山釣れる。雨の影響で魚の活性が高い。 10:00頃で見切りを付けて、濁りエリアの東岸シャローへ移動です。 小型のクランクを入れると、このサイズがヒットしてしまう。デカバスには対デカバス用タックルやルアーで挑みたい。 私にも40オーバー! 50オーバー!デロ〜ン 50オーバー!デッカ〜 ここでスイムベイトのテキサスを投入!クライアント様に35センチ (>°))))彡) がヒットです。イェ〜イ。 午後になり雨が激しくなり、ここでタイムアップです。本日は比較的バイトは多かった。川様、本日は有り難うございました。またお願いします。P.S 西の湖にまた誘います。12月第2週くらいまでは大型が狙えますが、0or1フィッシュとなります。是非みなさん遊びにきてください。

最新の記事

新スピニングリール “19ヴァンキッシュ” を完全解説!! (シマノ)

あの ヴァンキッシュが軽くなって登場! 人気のヴァンキッシュが2019年モデルチェンジ!16ヴァンキッシュから3年、デザインは13ヴァンキッシュを思わせるブラック系に変更されています。16ヴァンキッシュの完成度が高く、軽さの部分は特に評価されていたリールですが、19モデルはさらに軽く、各モデル10グラム以上の軽量化に繋がっている。また極度の軽量化を達成したにも関わらず、最新のハガネギア、ハガネボディをはじめ、軽水圧にも耐えられるXプロテクトを搭載。従来モデル以上の耐久性、剛性アップを実現している。

1765551

error: