16.4 C
Kyoto
2024年5月19日(日)
タグ 琵琶湖 バス釣り ルアーはコチラ!!

タグ: 琵琶湖 バス釣り ルアーはコチラ!!

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~藤原様~ 00cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の近畿地方は快晴に恵まれた天気が続きました。水温も上がり続け釣果も右上がり。釣果の内訳は 春組 30% と 冬組 70% とで別れているようにも思えた今週の琵琶湖でした。 早春のワーミングに挑戦 ~ステイ&ズル引き~ 藤原様 本 日のゲストは兵庫県からお越しの 藤原様です。前回は秋に2回 来られ 今回で3回目となります。普段は野池のみの おかっぱり を楽しまれているようで 今年からはボートフィッシングにも本格的に挑戦したいとの事です。本日もタックル面の調整などでかなり苦戦した一日となり、残念ながら魚は触れずに終わってしまいました。そのため リポートのみとなります。 朝6:47 KKRマリーナ 周辺の様子。 水位・雨量・放水量 日時 2017年 3月 20日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -8cm 洗堰放流量 (現在) 50m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 8.6℃ 本日の天気です。連休最終日は絶好の 釣り日和 となった。 朝のタックルセッティングを一緒に済ませて いざランチング。 藤原さん。今日はよろしくお願いします。でスタート。 藤原さんは お正月にハワイのウィルソン湖へ ピーコックを釣りに行ってきたそう。ウィルソン湖はノースショアに行く途中にある パイナップル Dole社の 農業用水ダムで ハワイの亀山ダムみたいな場所。この他にもラージやデーモンフィッシュが生息している。 朝一は 大津港沖へ向かいます。 バビュ〜ン と第一投をお願いします。 水中は 極めてスローな状態。アクションは ステイ&ズル引き です。シェイクやラインテンションを掛けると全く喰わない状況。タックルも ソリッドティップ が凄く有効になった。春は豪快な魚が釣れる 反面 一年で一番 繊細な釣り方が要求される。 ヒット!46cm ヒット!43cm 色々と試していると...目の前で事故です。勢いよく走ってきた2人乗りの ブレイブコックス...

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 00cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業務を行ってきましたのでリポートです。今週から南湖周辺では水温も9度台となり いよいよシーズン イン。釣果の方は一般2馬力の出船で 30%の方が魚に触れているようです。 デカプリの捕獲作戦失敗。~2バイト0フィッシュ~ 竹中様 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの竹中様です。クライアント様は数年前から琵琶湖に通われて 色々と挑戦している日々が続きます。クライアント様の理想はしっかりと目標を立てて釣行に望みたいとの事でした。本日は気の早い デカプリ捕獲 に挑戦するためにシャローからミドルレンジまで回ってみましたが、残念ながら魚は触れずに終わってしまいました。そのため リポートのみとなります。 朝焼けが美しい西岸の琵琶湖。時刻は 6:26分 。7時にマリーナ集合です。 水位・雨量・放水量 日時 2017年 3月 19日 (日曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -10cm 洗堰放流量 (現在) 50m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 8.5℃ 本日の天気です。本日も釣り日和。そろそろ正午の一時間程は防寒が脱げる程の陽気。 朝一は連休の影響もあってか、マリーナは大変混雑している様子でした。 竹中様 今年度もよろしくお願い致します。でスタートです。 本日も昨日と同様に沖を見ながら 日が差してきたタイミングでシャローへ移動します。 バビュ〜ンと2017年度の開投式です。 毎度の事ながら 春は日替わりです。午前中はノーバイト。 午後からはシャローへ移動。 おっと!途中で2回程のバイト。ラインがスッ〜と走りましたが、乗らず。サイズが小さいのかな? 東岸のシャローエリアをクランクで攻めます。*写真はパノラマビュー ここでタイムアップとなり本日の業務は終了です。本日の釣果は2人で4バイト0フィッシュとかなり厳しい展開でした。竹中様、本日はありがとうございました。また よろしくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~鈴木様~ 36cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。先週まで強風が吹き荒れた 近畿地方ですが 今週は穏やかな 小春日和となり、南湖の水温もいっきに1.5度程 上昇。ポツポツと釣果も上がってきている琵琶湖でした。 早春のミノーイングに挑戦 ~ストップ&ゴー~ 本 日のゲストは東京都からお越しの 鈴木様です。鈴木様は釣りが大好きで 琵琶湖には年に数回来られるそうです。今回のご予定は 本日はボート、明日はおかっぱりを楽しまれるとの事でした。本日は 「デカバスが狙える シャローでのフリップ等には 興味はあまりなく 自分の好きなルアーで 琵琶湖の景色を見ながら 釣りをしたい」とのリクエストでした。*こちらのサイトには ダイワ SS SV の検索結果から辿りついたそうです。リールの調子も悪いそうです。 朝6:15 浜大津 周辺の様子。 水位・雨量・放水量 日時 2017年 3月 5日 (日曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -11cm 洗堰放流量 (現在) 150m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 8.6℃ 本日の天気です。穏やかな風速予報。水温はここ1週間で1.5度も上昇した。 本日に使用したルアー。クライアント様のお気に入り ノリーズ社 タダマキ112 お腹に板シンカーを貼り 水深2.5m ウィードのトップを "ストップ&ゴー" で狙った。他にもメタルバイブとライトリグを用意したが、深いレンジではアタリがあるが 結局、魚は触れなかった。またリールの方もブレーキが強めにセットしてあり ルアーが遠くへ飛ばなかったので 途中で調整しながらで遠くへ飛ぶようになった事が功を奏した。 「鈴木様、本日はよろしくお願い致します」でスタートフィッシング。 本日は迷う事なく ポイントからポイントへ移動。朝一は雄琴港沖。 ホテル井筒沖。 午前中は ライトリグやスイムジグで2.3回の アタリが得られたが魚は触れず。 午後からは2.3〜2.5mのトップをかすめていく事にした。 ストップ&ゴー で風の当たるポイントを流していると... バコ〜!ヒット。「やっと釣れた!」 ここでタイムアップとなり本日の業務は終了です。本日の釣果は2人で4バイト1フィッシュ。レンタルボート艇も4艇出船で釣果率は50%と厳しい展開でした。鈴木様、本日はありがとうございました。また来年も よろしくお願いします。P.S. ごちそう様でした。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~里様~ 00cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖で2017年度 初ガイド業を行ってきましたのでリポートです。今年の南湖周辺はウィード狩りが 徹底的に行われているようで 沖や岸周辺でもウィード水草が非常に少ない様子。釣果の方はそれでも釣れているように思えた琵琶湖でした。 2017年 初ガイドは魚は触れず。~3バイト0フィッシュ~ 里様 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの大阪市の里様です。クライアント様は毎回、大阪からレンタカーを手配されて琵琶湖に通われている熱心なアングラー様です。 琵琶湖に通われて早3年。今年は船舶免許を取得されて 自分でもボートをレンタルされて出船してみるそうです。本日は冬の定番である フラットなエリアを5ヶ所程 ゆっくりと回りましたが、残念ながら魚は触れずに終わってしまいました。そのため リポートのみとなります。 朝7:00の琵琶湖周辺の様子。山に雪は積もっているが、お昼になり日が昇ると目の前の山の雪は全部、溶けてなくなってしまう。 水位・雨量・放水量 日時 2017年 2月 22日 (水曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -7cm 洗堰放流量 (現在) 220m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 1.6mm 水温 7.1℃ 本日の天気です。水温は以前7.1度で安定。昨日と一昨日は爆風だった。 クライアント様のタックル紹介です。クライアント様はスピニングは持っていない。それなので ①ダイワ SS AIR 8.1 (ベイトフィネス)を使用したネコリグ ②ダイワ スティーズ691HMHFB (マシンガンキャスト) を使用した メタルバイブ で慎重に探る事にしました。 本日も貸し切りのマリーナ。 幻想的な朝の琵琶湖。 里さん。本日はお願いします。でスタート! 表層水温は2度!水温は4度でした。 記念すべき 第一投をお願いします。ビュ〜ン。 本日は4.5メートルから3.0メートルを見てみました。魚が映らない所には映らない。 ここでタイムアップとなり本日の業務は終了です。本日の釣果は2人で3バイト0フィッシュとかなり厳しい展開でした。里様、本日はありがとうございました。また今年も よろしくお願いします。P.S. ごちそう様でした。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~加納様~ 50cm x 2本

リップラップガイドの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週まで纏まった雨が降り続き、濁り等が心配されましたが、本湖には全く影響はない様子。7月の上旬らしい天気で梅雨前線が停滞している7月の第一週となりました。 トゥイッチンフロッグでバスを捕獲セヨ!! 本日のゲスト様は愛知県からお越しの加納様です。一週間前にご連絡頂きまして、電話とメールでのやりとりをさせて頂きました。今回のお題はズバリ!フロッグオンリーの#フロッグ縛りでのガイドです。普段からフロッグフィッシングの大ファンで、前回もバスボートを借りて出船されたそうですが、0フィッシュで少しヘコンでいる様子でした。とにかく「フロッグで釣りたい!」のリクエストでした。 本日の天気です。フロッグゲームにピッタリな天気でした。 2015年07月04日(土) 6時の琵琶湖水位 -6cm 現在の洗堰放流量 300m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 4.8mm ボックスの中身は... フロッグのみ。魚探は付けないで出船です。 持参したタックルは3本のみ。シャローでの「フロッグバス狩り」です。   タックル紹介 出船まえにゲスト様のタックルの紹介です。上から... シマノ×ジャッカル ポイズンアドレナ 176XH ダイワ・タトゥーラ HD・PE58 lb ダイワ ZIL661MHFB Zillion・ジリオン ライムグリーン・PE58 lb ダイワ FR 70MHFB・シマノ '03メタニウムMG・PE58 lb 結局、一日を通して使用したのが、2番のみとなった。ダビートには丁度いいバランス。 そして今回の立役者の「Ima社 Dabeat」フロッグ!用意したダビートが実に10個以上。ゲスト様の一軍フロッグです。 こちらのチューンは3通り。まずフックをワイドゲイプに完全に変更。そして FECOシンカーに変更。そしてあともう一つがマル秘なデチューン仕様です。 出船です。狙うはスーパージャイアントフロッグバスです。 ピチャ。ポチャ。とドックウォークでカエルを演じさせる事が需要です。*ゲスト様のテクニックはプロ級でした。 奥の葦の手前にスキッピングで入れて、ドックウォークを繰り替えします。 ピチャ。ポチャ。ピチャ。ポチャ。とやっているとルアーが消えた!バイトデス。 コバスのカエルバスをゲットです。 本日の私の仕事はエレキの操船のみ。操船時間は約6時間。ゲスト様はフロッグをキャストする事、実に8時間... 根気と体力が必要とされる釣りです。 移動です。 ここで雨が降ってきます。チャンス到来です。 ピチャ。ポチャ。ピチャ。ポチャ。とやっているとルアーが「もわ〜ん」と消えた! お〜! お〜!あっ〜。 う〜! 雷魚!? デッカ〜!50センチのバス (>°))))彡) やりましたね! ダビート(笑) 移動です。 進みます! ピチャ。ポチャ。ピチャ。ポチャ。とやっているとルアーが... バッコ〜ン!スーパーモンドリングビックバイト! 真っ黒な何かです!雷魚か?! MHのロッドがULになっています。のされてます。この瞬間が最高です。(笑) デッカ〜!50センチのカバーバス (>°))))彡) やりましたね! ダビート(笑) また釣れましたよ! 定時になりましたので帰着です。 ドッス〜ン。ライトリグでは捕れませんよ。パンチャーが狙うバスをフロッグで釣った訳です。琵琶湖はいろいろなルアーで、大型が釣れるので楽しいフィールドです。自然の雄大さにも感謝です。 ここでタイムアップです。本日のベスト2本です。50x2本。事実上のゲスト様のフロッグ新記録&人生初のフロッグバス50x2本の捕獲となった。加納様、本日はありがとうございました。また次回もフロッグで大型を狙いましょう!また宜しくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~庄田様~

前略。先日、ルアーショップ「リップラップ」店にてご挨拶させて頂きました。瀧川です。本日は琵琶湖にて「バスフィッシングガイド」業務に努めて参りました。事実上、本日が初出勤日となりました。早速、結果をリポートさせて頂きます。 ジグヘッドワッキーで春バスを狙い撃て! 一昨日に飛び込みで依頼が入り、慌てて準備しました... ボートもピカピカです。このリップラップロゴを背負うという事は責任も大きいです。同時にお客様の命も預かるという事も忘れてはならないがフィッシングガイド業務です。さて本日のゲストは大阪府守口市からお越しの庄田様。去年の夏にバスフィッシングをはじめたばかりで、まだ35センチのバスしか釣った事がないという事で40アップを釣りたいという事と、次回またレンタルボートで出船する時にどんな感じで釣りをすればいいか?といったご相談でした。今現在の琵琶湖は2馬力のレンタルボートが20艇出船で半分がオデコといった厳しい状況が続いています。 タックル紹介 自分がおすすめしたのは、これらのストレート系のジグヘッドの釣りとダウンショットの釣りでした。琵琶湖のミッドスポーン時に威力を発揮するのが、ブルーラメやグリーンラメといったブルー系のラミネーションワームです。水温が上がる10時頃まではジグヘッドワッキーなどでズル引きでボトムを狙い、水温の上昇と供にダウンショットに切り替えて浮かせて狙います。ダウンショットで重要なのがリーダーの長さで約5cm変わるだけ釣果が激変する時があります。今日は10cm程のリーダーが有効でした。 エリア紹介 本日のメインエリアです。西岸は岬の風裏を狙います。東岸は10センチ程のチビの猛攻だらけでした。 まず、ダウンショットの釣りは今日が初めてという事でしたので、キャストからラインスラッグの叩き方まで一連の動作を私と一緒に繰り返していきます。ダウンショットの釣りは私は亀山ダムにて覚えたもので、実は凄い難しい釣りです。私は5年位の習得がかかりました。ボートの釣りはどうしてもラインにテンションが掛かってしまうのが難しい所です。 今回の狙った水深は2.5m。ウィードのショルダーを魚探で探します。画像みたいな凹んだ場所がベストでした。 ここで庄田様にヒットです。小型でしたが、ククッと入り、ジャップしてバレてしまいました。なんとアワセ方を説明していなかったのです。私の責任です。すいません。 再度、動作を繰り返していきます... ズルズル...1.2.3 ズルズル...1.2.3のリズムです。次の瞬間にラインが走っています。 釣果 ロッドが絞り込まれて...初ダウンショットで初40アップ(>°))))彡)です。おめでとうございます。価値ある一本でした。やはりバイトが出始めるのが11頃です。 タイムリミットまで一時間。今度は50オーバーを狙いに水深3mラインを狙います。 すると私に48cm(>°))))彡)がヒットです。申し訳ありません... 12時までの半日ガイドでしたが、2人でバイトが20バイト位とれて、魚も5〜6本といった所です。どうしてもバイトがお昼からに集中してしまうのが、春琵琶湖の難しい所です。一応は目標は達成できて満足して頂けたのが幸いでした。庄田様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。ブラックバスと琵琶湖にも感謝です。

24分以内に読まれた記事

お荷物問い合わせ

6755527