20.2 C
Kyoto
2024年4月16日(火)
タグ Mike Iaconelli

タグ: Mike Iaconelli

アイクがミノーの食わせのキモを公開!! (マイクアイコネリ)

アイクがミノーの食わせのキモを公開!! (マイクアイコネリ) 8
あの Mike "Ike" Iaconelli が春先のミノーの使い方のキモを説明しているので紹介します。まずシャロービルを使うのは水深が30cm~3mmまでだそうです。そして、少しスローシンキングチューンにしておいた方がいいようです。 春先のキモはやはりポーズだそうで... ジャークをしてポーズを入れる。 ポーズを入れた時のスローシンキングの時にバイトが集中!! との事です。是非試してみてください。 Asking yourself, "How do I catch bass in the winter?", "What bait or lure catches lots of lethargic bass in winter, under cold water conditions?", or "What bait looks so real, even in super clear water, that...

速報!! 最終日の途中経過!! (バスマスタークラシック2015)

バスマスタークラシック "2日目" 途中の様子 (バスマスタークラシック2015) 15
大森選手は朝一はシェイキーヘッド(?)ダウンショット(?)で狙っているようです。 ランディは相変わらずの赤クランク Living Stone の Howeller で狙います。 パックリ!! 一本です。この前に大きいのを一本ばらしたそうです。 初日5位のカシーもライトリグでディープを狙っているようです。リグは巻きジグに SuperFluke Jr (?) でしょうか?超スロー巻きです。 途中でケビンの登場です。今回のハートウェル戦で期待された、ジャークベイトのパターン。事前情報より、風が吹いてなく、水中でベイトが目視できれない限り、ジャークベイトのパターンは成立しないだろうと言われていました。 アイクのタックルです。5XD(?) に Zoom Super Chank のセットです。恐らくこれで勝負をかけるんでしょうか? ここでケヴィンがランディのパターンを見て、この時期のクランクでリアクションを狙う事はとても重要だが、ラージは低水温では動かず、低水温でも活性の高いスポッツ狙いに切り替えるのも、一つの作戦だと述べていました。一度、抜いてしまった魚の再度供給は時間が掛かるのでクラシックで勝つにはストロングパターンを一度、休める必要もあるだろう。と述べていました。 ディーンはボートドック近辺の沈み物のドック(?)を狙っているようです。 大森選手は移動して、ヘビキャロ(?) で探っているようです。まだいい魚は入っていません。 ディーンは粘ります。東条湖みたいな所です。 ランディにパイクがヒットです。パイクも低水温で活性が高い魚です。 途中経過です。続く...

速報!! 2日目のトップは大森貴洋”TO” (バスマスタークラシック2015)

速報!! 2日目のトップは大森貴洋"TO" (バスマスタークラシック2015) 8
まずはウェインの様子からです。深江真一 選手です。うれしそうです。 そして Skeet Reese はスイムベイトボートドック周辺でカスっただけでした。彼のジンクスで昨日のクサイ"黄色い"パンツを履いてた方が良かった(笑)と述べていました。 Mike Iaconelli はライトリグで絞り出してきました。さすがNY-NJ出身です。コールドフィッシングのベテランです。日本でいうならば津久井湖出身です。 そして Dean Rojas もライトリグで絞り出してきました。インタビューでも全然、確信に関わる事は喋りません。 予選のウェイト合計です。5位まで差がない状態です。2004年バスマスタークラシックも大森VSディーンでした... 今年もそうなるのか? 1. Takahiro Omori: 31-11 2. Dean Rojas: 31-09 (0-02) 3. Mike Iaconelli: 31-00 (0-11) 4. Randy Howell: 30-11 (1-00) 5. Casey Ashley: 29-14 (1-13) 6. Brett Hite: 29-07 (2-04) 7. Coby Carden: 29-00 (2-11) 8. Paul Mueller: 27-15 (3-12) 9. Bobby Lane:...

冬のシャッドラップ・テクニックを披露 (マイクアイコネリ)

あの Mike Iaconelli "アイク"が冬のラパラ・シャッドラップの使い方を披露しているので紹介します。このルアーは全国のフィールドでも、未だに使用している人も多いルアーですね。このルアーはバルサ素材の20年前からあるルアーです。お題は「真冬のストロングパターンです。」 冬のラパラ・シャッドラップ戦略:アイクのNo.1ウィンターパターン ①まず彼が使用するルアーは ラパラ・シャッドラップ のサイズは「5」と「7」シャローバージョン、ディープバージョン両方使うそうです。 ②フックは元々、6番が前と後ろに付いているので、4番のショートシャンクの針に変えるそうです。ショートシャンクの方が前と後ろで絡みにくいからいいそうです。あとフックを変える事でサスペンドチューンもできる訳ですね。 ③ロッドはスピンニングの「ミディアムライト」位を使用。ラインは6−8lbのフロロを使用する。 ④釣り方は「ゆっくり、ゆっくり、巻いて」時々、ジャークを入れて、ステイ。こ れがバイトのトリガーだそうです。このシャッドラップ独自の凄くタイトなウォブリングにノンラトルが効くそうです。つまり巻いて食わせるのではなく、止め て食わせるという事ですね。また浮く時もブルブルと震えるそうです。プラスチックのルアーでは出来ないアクションのようです。 これがアイクの「No.1ウィンターパターン」だそうです。  A lot of people ask, "How do I catch fish in the winter?", or "How do you catch fish when the water gets cold?"  Professional BASS angler/fisherman Mike "Ike" Iaconelli talks about catching winter bass with the Rapala...

USアブから新しい “IKE” ロッドシリーズが発売 (マイクアイコネリ)

USアブから新しい "IKE" ロッドシリーズが発売 (マイクアイコネリ)
マジョーラカラーの アイク サグネチャーモデル あの Mike Iaconelli デザインによるロッドが、間もなくUSでリリースされるらしい。(全15本)ここで面白いのはアイクは、ロッドに対しても「Ratio=レシオ」という言葉を使用している。このロッドはレシオが80-20らしい。ミッドベリーが80でティップが20くらい曲がるということ。 The best secret tip that I can give anyone, which is not-so-secret, is use the right tool for the job. It's hard wrestling big bass out of the grass with a light action spinning rod. Check out this series...

24分以内に読まれた記事

6525020