シマノ 15 メタニウムDC 修理写真奈良県のお客様より 修理とオーバーホールで受付けしました シマノ 15 メタニウムDC です。 DCユニットの修理が抜けてしまった そうです。来週末までに使いたいなどのリクエストも受付可能です。こちらからお問い合わせください。但し、修理や部品の取り寄せに時間の掛かる場合もありますのでご了承ください。


シマノ 15 メタニウムDCユニット写真写真では解り難いですが、DCユニット内のベアリングを交換する際に煙突を引っ張ってしまい 煙突が抜けてしまい 中身の銅線が見えてしまっていました。この銅線が濡れたりしてしまうとDCユニットが故障してしまう可能性があります。


シマノ 15 メタニウムDCユニットDCユニットを取り外す方法は まずDCユニットの側溝に薄いオイルを染み込ませます。


シマノ 15 メタニウムDCユニット次に隙間*があるので そこにマイナスを差し込みます。*左右2ヶ所 存在しています。


シマノ 15 メタニウムDC ユニット写真ゆっくりズラし上げます。これで内側のベアリングにアクセスできます。


シマノ 15 メタニウムDCピニオンギア写真今回はピニオンギアもボロボロでした。パワーハンドルはピニオンギアに掛かるパワーも増大します。ピニオンにバリができると スプールを掴んだまま 離せなくなり* クラッチが切れなくなります。*キャスト後にギャ〜と鳴ります。


シマノ 15 メタニウムDC 修理写真ピニオンの削れカスがこんなにも…


シマノ 15 メタニウムDC 修理写真ピンもこんなに曲ってしまっていました。


シマノ 15 メタニウムDC 修理写真対応策としまして、ピニオンのバリをとります。


シマノ 15 メタニウムDC メンテナンス写真オーバーホールは ①完全バラ ②完全洗浄 ③完全磨き上げ が基本です。[展開図]


シマノ 15 メタニウムDC 内部写真組み上げます。


シマノ 15 メタニウムDC メンテナンス写真今回の代金は3200円+ベアリング代金でした。リールは大切に!修理オーバーホールの申し込みは こちら からお願いします。