shimano daiwa oneway cratch roller bealing-1ベイトリールのパーツに片方向へのみ回転するベアリング 「ワンウェイクラッチベアリング」という部品があります。(呼名:①ダイワ社ワンウェイクラッチ ②シマノ社ローラークラッチ ③アブ社アンチリバース)写真の様にハンドルシャフトの根元に埋まっているベアリングで逆転を防止するベアリングです。このベアリングは一つ一つの表情(個体差)がある部品で交換時期なのに気が付かないで使用している方も多いです。簡単にいうと、この部品を交換する事で新品同様な巻き感覚に戻る事が多いです。特に巻き系のアングラーには心臓部だとも言えます。故障やへたりの症状は…

リールハンドルの逆回転の原因とパーツ

1.クラッチを切っていないのにハンドルが逆回転する。*特に寒い日など
2.ハンドルが1〜2センチの戻り(ガタ)がある。
3.カクカク巻きをした時に一瞬戻る。
4.リールをシェイクしながら巻くとつまずくように止まる。
5.超スロー巻きの時の巻き感が悪い。
6.ガビガビにサビが発生しており動かない。*特にソルトユーザー

寿命は個体差がありますが、毎週末に釣りに行かれる方で、およそ3年程が目安です。また5年間程で逆回転系の異常が発生します。*過去の故障事例


shimano daiwa oneway cratch roller bealing-4
図はシマノ社のリール。26番と27番をペアで交換する事をお勧めします。メーカーとモデルによっては単品で取り寄せが出来ないボディと一緒の物もあります。ですので中古リール以上の修理代金になる事もしばしば…


shimano daiwa oneway cratch roller bealing-1-2こちらがワンウェイベアリング。[通販] 左が故障品で右が新品です。一目瞭然!ローラーの太さが全然違いますね。左のはスリ減ってしまい上手く機能していなかったようです。このベアリングで約6年程の使用です。グリスやオイルは個人の好みがありますのでここでは明記しません。またこのベアリングはリールのボディに強めに圧着されているので、取り外しには注意が必要です。時としてリールを壊す可能性もあります。


shimano daiwa oneway cratch roller bealing-3このクラッチチューブリングも傷だらけでした。このキズがベアリングにも悪さをしていた可能性が高かったです。みなさんもリールのメンテナンスを実施してみてくださいね。