本日は NBCチャプター琵琶湖 最終戦 (第4戦の振替戦) タックルベリーCUP に参戦するために、琵琶湖へ行ってきました。チャプターとは NBC=ニッポンバスクラブが主催している、バス釣り競技会のオフィシャルアマチュアトーナメント。アマチュアと言っても参加する選手の半分はプロ大会を経験している ベテランアングラーが集います。アマチュアなので 賞金制ではなく お菓子やジュースが振る舞われます。*朝 4:52 頃の瀬田川周辺の様子。


天気予報

水位・雨量・放水量
日時 2019年 9月 1日 (日曜日)
琵琶湖水位 (6時平均) -28cm
洗堰放流量 (現在) 300m³/s
平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.5mm
水温 26.0℃

本日も小雨がパラついたり 時折 真夏日と同じ位の日光が降り注いだ。


朝の 6:45 には ミシミシ と バスボート がひしめきあっています。凄い迫力!


ミーティング ~冠スポンサー紹介

朝の7:08 にミーティングが始まります。本日は総勢 58名の参加。参加されている選手の殆どは ベテランが多く、トラブルは全く無く 進行はスムーズに進みます。本日の 冠スポンサー タックルベリー は2000年に設立。この不況下の中で急成長を遂げた中古釣り具 全国チェーン店となる。本社は神奈川県藤沢市。2019年より 都市圏を中心に ビックベリー という大型店を展開している。令和元年 10月に消費税は10%となり これからますます 中古市場 は拡大すると思う。その他の理由には 現在の釣り具市場は メーカーの開発&宣伝する(ディベロッパ)側 から 消費者(エンドユーザー) までに浸透するまでの タイムラグ が慢性的に発生している。簡単にいうと 3年前位に発売された良いルアーを友達から教えてもらった時には どこの量販店にも売られていないし メーカーも再販(廃盤)していない状態になっている。ならば転売屋から買えばいいかと思うが買わない人が大半だ。そんなマーケットに マッチ したのが タックルベリー だ。ちなみにタックルベリー は プレミアムプライス(付加価値)を付けてはいけないらしい所も支持される企業の理由だろう。wiki jpより抜粋


トーナメント開始

7:18にスタート。ルールは魚3本の総重量で競い合う。キーパーサイズは30cm。13:15までに本部に帰着カードを申請して終了となる。途中、禁止エリア や ボート操船等で 他選手からクレームが入った選手は 失格となる。


本日のパターン~ ラバージグ

本日の使用したルアーの紹介です。今回は エバーグリーン社 キャスティングジグ 14g を使用。トレーラーのチガークローは 頭節 と 足 はカットしてセットしてある。このラバージグをキャストして ラバー をしっかりと動かすように繊細に操る。3年前からセッティングを試して自分流に煮詰めた。近年、様々なリグやルアーが ネットメディア から情報発信される。それら情報の信憑性は極めて薄い。一方 ラバージグ や テキサスリグ は世界中で50年以上も前から支持され釣果も信頼もある 釣り方 だ。バスフィッシングに置いての 原石(ダイヤモンド) と言っても過言ではないだろう。


六本中北

まずは 六本中北 へバウを向ける。ここでは 6mハードボトム から 4mのブレイクに掛かった 小カナダ藻 をラバージグとマグナムクランクで狙う。



マグナムクランクをバシュ~ン と ラバージグのバシバシアクション を繰り返す。二時間程のノーバイトが続く…


赤野井縦ストラクチャー

またまた バックアップパターンへシフト。10:09に赤野井湾へ移動。前日のプラクティスでは水質と水温をチェックし 程よい濁り が入っていた。また赤野井湾 は水が動かず季節の進行が遅れるエリアでもある。ここでは真夏なサマーパターンで攻めます。



キャストしていくとビックバイト!


約58cmの3キロがヒット!現在時刻 10:39


そしてもういっちょ40アップ 現在時刻 12:13


木ノ浜

ラスト45分!ビックワンを求めて木ノ浜へバウを向ける。


手に付いたキズとは裏腹に小さな バイトが一回あったのみ…


帰着

ここでタイムアップとなり帰着。本日も前回同様に他の選手は釣れているのか、釣れていないのか 分かりません。いざ検量へ!


大会結果

今回の上位入賞者5名 [結果] 自分は4,220グラムの4位(47ポイント)をゲット。年間ランキングも上がって 5位 [結果] となりました。本日の上位陣3名は ディープホールにて ワカサギの群れ にミドストで当てていくといったモノ。全く新しい琵琶湖新時代を迎えています。これにてチャプター琵琶湖2019年(全6戦)は終了なり。 今年一年は天候等の不便もあり大変でしたが、運営者の方々&参加選手の皆様 お疲れ様でした。また 来年もみなさん応援よろしくお願いします。トーナメントに参加している選手方々&西の湖のみんなもありがとう!


チャンピオンシップ

とはいったものの 戦いはまだ終わってはいない。これからが2019年の最大の目標!! この NBCチャプター では各ディビジョンの 年間ランキング上位15%の選手、つまり上位14人まで 西日本チャンピオンシップ(全国大会) の出場権利が与えられるのだ。チャプター琵琶湖からは 私を含めて2名エントリーします。次戦は 10月20日(日) 東条湖 にて準決勝大会が開催されます。皆さんの 応援よろしくお願いします。総括はその試合が終わってから書きます。参加される選手は ライブウェル を洗って待ってろよ笑 今年こそ絶対に勝つ![去年の参戦記事]