デイリーアーカイブ 2018年2月7日

メンテナンス日記#547:シマノ 06 アンタレスDC 組立&注油

オーバーホールで受付けしました シマノ 06 アンタレスDC です。中古で購入したが、調子が悪いそうです。社外製のハンドルが取り付けており メーカーからの 作業を受けられない方、海外に駐在しておりリールのメンテナンスが受けれない方、 このような ケースでお困りの方は お問い合わせ ください。リップラップオーバーホール事業部ではスペアパーツも 豊富に在庫があります。 PR: 2017年4月より、シマノ社とダイレクトで取引開始しました。シマノ製リールの修理&メンテナンスはお待たせしません。お急ぎの方はご相談ください。 何か おかしい場合は...

新作!! ザ・スタンダード フック の紹介!! (リューギ)

兵庫県丹波市に本社を構える (株)ささめ針。そして2010年に発足された バス用フックブランドが「RYUGI」今回も 山本訓弘氏 が 新製品を紹介する。フィッシングショー2018会場にて なんでもガンガン使えるフック "VOH" ザ・スタンダード フック・・・ワイドでもナローでもなく、多種多様なワームにフィットする ギャップ設定。太すぎず、細すぎず、タックルや状況を選ばず使える バーサタイル なフック。平凡な形状のフックだが、各フックセクション一つ一つが持つ意味を考え、細かいコダワリを封入。サイバーメタル と TCコート で基本性能を更に強化した。幅広い状況で使いやすいが、このフックの特性を理解すれば、他に無い性能を発揮する非凡なフックでもある。
バンタム 170UH-SB フィッシングショー2018 紹介写真

新作!! バンタム 170UH-SB の紹介!! (シマノ)

シマノ初 受注生産限定モデル 170UH-SBはスーパーパワーゲームに特化したロッドで、ビッグベイト、マグナムベイトといったビッグルアーを操るため、800gまで背負えるように設計されたバンタムシリーズ最強のパワーロッドです。マグナムベイト用のロッドは、その多くが8フィート前後だと思いますが、テストを繰り返すうちに長いことのメリットよりもデメリットを多く感じるようになり、最終的に7フィートに落ち着きました。 短くしたことのメリットは、横方向にジャークするにも、上方向にあおる操作をするにも非常にさばきやすいこと。そして何よりも、キャストが楽になり、アキュラシー性能が飛躍的に高まったことが、このロッドの最大の特長といえます。

最新の記事

ハードヘッド・ビッフルバグ ~ボトムズル引きメゾット~ 紹介

ここ数年ですっかりと定着した "ジカリグ" を使用してのバスフィッシング。ジカリグというワードを使わないで説明するならば シンカーとフックが分離しており ワームが常にフリーな状態になるリグ が世界中で流行っている。自分も色々と使用してみたが、平均的にイージーにデカバスが 釣れた。惜しくもこれらを括るワードが まだ国内では まだ誕生していない。ただ 本国アメリカでは既に ハードヘッドジグ や スイベル・ジグヘッド、スウィンギング・ジグヘッド という括りが誕生している。 元祖!ハードヘッドジグの生みの親...

1584488

error: