22.9 C
Kyoto
2024年4月16日(火)
ヴァルナ110SPの使い方~春編~ (森田哲広) 3

ヴァルナ110SPの使い方~春編~ (森田哲広)

2015年2月に誕生となったO.S.Pのジャークベイト「ヴァルナ」既に発売されて­いる阿修羅92.5mm、ルドラ130mmの間を埋めるべく必要から生まれたジャーク­ベイトのスタンダードサイズがこのヴァルナとなります。11cmクラスのNo.1ジャ­ークベイトになるべく、飛距離やダート等の基本性能、実釣時の使いやすさ、カラーライ­ンナップ、品質・・・すべてをブラッシュアップさせて新登場。

芦ノ湖をミノーで攻略!! (山木一人)

山木一人 プロフィール・・・1967年生まれ。神奈川県出身。実家は芦ノ湖でレンタルボート店「YAMAKI」を営んでおり、物心つく前から釣りに親しんで きた"ナチュラル・ボーン・フィッシャーマン"。箸より先に釣り竿を握ったほどの長い経歴をもっており、バスに限らずトラウトやヘラブナ、ワカサギから シーバスやカワハギなどのソルトウォーターに至るまで、さまざまな魚種のエキスパートとして知られている。

LBローラー実釣解説!! ~ボート編~ (関和学)

全く新しい感覚のハードベイト"巻きミノー" 中層をタダ巻きするだけでバイトを誘発するフローティング・ロングビルクランキングミノー、LBローラー。一般的なロングビルミノーとしてというより、スリムシェイプの2.5mダイバークランクベイトとして基本設計したことで、より幅広い状況への対応が可能になりました。 昨年「EVERGREEN」から新しくリリースされた「LB ROLLER」を関和学プロが利根川で実釣解説。冬とは思えない釣果を叩きだしています。
ラパラの新商品"Shadow Rap"の真相が明らかに!! (US RAPALA) 10

ラパラの新商品”Shadow Rap”の真相が明らかに!! (US RAPALA)

先週のバスマスター週間に新作をリリースすると言われていた「Rapala」の新しい製品「Shadow Rap」の真相が明らかになりました。アドバタイズメントのうたい文句は「Most Dangerous moves ever.=今までで一番危ない動き」でした。どういう意味なんでしょうか?真相が明らかになりましたので要点紹介です。 USラパラの新作ミノー "シャドーラップ" どうやら激死のベイトをイミテートしているようです。ルアーを静止した時に、少し後ろにバックして、左右にヒラを打ってバイトを誘うようです。(Shimmy Seductively While Suspending) そしてこれがウワサのルアーの動きです。確かにトゥイッチの後にシミーアクションしてますね。釣れそうですね。
RERANGE 130SP "ハヤノミノー"詳細がアップ!! (JACKALL)

RERANGE 130SP “ハヤノミノー”詳細がアップ!! (JACKALL)

記事元:開発2年 リレンジ130SPの開発をこだわった訳とは

24分以内に読まれた記事

6525023