ロッド

こちらのカテゴリーでは「ロッド」についてまとめてあります。

ブラックレーベルプラス(+)とニュースティーズ (川村光大郎) 2

ラグゼ・オルトレ!! (関根健太)

がまかつ-ラグゼからテクノチタントップ採用の注目バスロッドであるオルトレB69MHとB67Mを紹介。解説してくれるのは琵琶湖プロガイドとして有名な関根健太さん。

シマノ ゾディアス [ZODIAS] 2018新機種入荷!! (つり具のブンブン・大津店)

バス入荷情報 シマノ ゾディアス 2018年モデル “X”が鍛えたパワー。 あらゆるルアーを操るマルチパフォーマー。 バスフィッシングの本場アメリカと日本でテストを繰り返して完成したZODIAS。全50アイテムのラインナップは、個々が様々なルアーへの高い対応力を備えます。ハイパワーXで全身を強化し、軽量でありながらフルキャストやビッグバスとのパワーファイトでもネジれず、キャスト、アクション、フッキングの一連の動作がスムーズに決まります。このほか、飛距離と軽さを兼備したセミマイクロガイド、リールシートにはカーボン強化素材「CI4+」を採用しています。 シマノ ゾディアス 170ML-G *手返しよく広範囲をサーチするためのグラスコンポジットモデルです。シャロークランクを中心とした軽量ハードプラグで飛距離を稼ぐためのバランスを追求した一本。 シマノ ゾディアス 175MH *広大なフィールドで効率よくポイントをサーチするためのロングバーサタイルモデル。3/4ozクラスのテキサスリグやスイミングジグはもちろん、大型ハードルアーにも対応します。 シマノ ゾディアス...
瀬田川へ (2015年 6月19日) 10

瀬田川へ (2015年 6月19日)

本日も16:30で仕事を〆て瀬田川へ...さあ釣れるのでしょうか? 天気予報は少しずれた感じで、雨が降ったと思ったら止んでいました。風も無風。 2015年06月19日(金) 6時の琵琶湖水位 -21cm 現在の洗堰放流量 50m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 3.2mm 今日はコレで狙います。エバーグリーンのティンバーフラッシュJrです。 雨が降ってないとダメですね。 ロッドはコンバットスティックのTR・FRです。こちらもコルクグリップにカスタムです。 水質はクリアー。 ニゴイがいます。 また岡の登場です。人に言えないくらい大きいのを釣ったそうです。(笑) »バーナーを製作しました。 瀬田川日記! ビワエフフェイスブック! フロッグガイドのご案内! リップラップガイドサービス! ビワエフネットストア!
ロッドのトップガイドを新品に交換方法 (ロッドカスタム) 59

ロッドのトップガイドを新品に交換方法 (ロッドカスタム)

ロッドのトップガイドを新品に交換する 今回はバスロッドのトップガイドを交換します。トップガイドを壊したり破損した方は簡単に直せます。ただ初期工具費用が掛かるので数本でしたら、お店に依頼した方がお得です。またロッドのカスタムは大切なロッドを破損する可能性もあるので、心配な方は依頼した方がいいでしょう。全ては参考資料までとし自己責任で回覧ください。SEO対策として残しておきます。 古いガイドを抜く まずトップガイドを抜く作業です。ガイドの背中の部分を1秒間程ライター炙り、糊を飛ばします。ここで長く炙ると熱でブランクが曲ってしまいます。必ずブランクには間接的に熱を伝導させてください。糊は直ぐに飛びます。全ての作業は力はいれず、刃は立てずにやさしく丁寧にゆっくりが原則です。 次にペンチで「スポッ」と抜きます。 次に残りのスレッドの表面を炙ります。1秒間程で「ジュッ」と焦げる程度で良いです。 写真の様にヒゲを探します。そしてクルクルと古いスレッドを引き抜きます。 剥けました。こんな感じで残り後があります。 再度に残りのスレッドの表面を炙ります。 次にアセトンで吹きます。アセトンは女性がマネキュアを剥がす時に使用している溶剤です。うまくやってください。 新しいガイドを付ける 次にブランクの径を計ります。ノギスで少し「ギュッ」と押さえた次の瞬間が径です。 そしてガイドを選別します。ガイドはアメリカ製や日本製等々、無限にあります。フジのトップガイドリストはコチラ ちなみに自分は琵琶湖でテストしたデータを取っています。ガイドを大きくしたらどうなるか?小さくしたら感度はどうなるか?とか...あのサイズでバレたけど何故か?とかいろいろ記してあります。例としてシェイクするロッドのガイド径は大きめ。巻きモノの直進性を高めるならば小さめ... 次にガイドの取り付けをします。用意するものは、アルコールランプとホットグルーです。ホットグルーを使わない方も多数います。*ホットグルーとはロウソクのロウのような材質でガイドとブランクの隙間を埋める接着剤です。温度や湿度に関係なく体積が変わらない接着材です。 スポッ! 炙り〜の! 塗り〜の。 次にブランクとガイドを1秒間程、同時に炙ります。 ブチュ!冷ませば固まります。下のはみ出したグルーは取り除きます。 ガイドにスレッドを巻く いよいよ巻きます。フジのハンドラッパーを使用すると便利です。フジのカタログに巻き方が詳しく書かれています。 クルクル。マキマキ。 終わりです。5分程で完了!慣らします。 いよいよコーティングに移ります。用意するものはフジのフィニッシングモーターとエポキシ溶剤と筆です。エポキシ溶剤はいろいろなメーカーからリリースされていますが、アメリカ製の FLEX COAT UV LIGHT がお勧めです。とにかく被りません。 塗ります。 こんな感じで気泡だらけになります。 ここでアルコールランプを使用して、気泡を飛ばします。火を通すのみで気泡が飛ばせます。アルコールランプの燃焼温度はライターの火より低く溶剤が燃え難いです。 奇麗に出来ました。 これ重要です。残りの溶剤をガムテープの上などに塗っておきましょう。天候や湿度、温度で溶剤の乾燥する時間が全く違いますので確認用になります。
新ロッド8機種の紹介!! ~セルペンティ~ (エバーグリーン) 3

新ロッド8機種の紹介!! ~セルペンティ~ (エバーグリーン)

カレイド セルペンティとは?・・・2016年エバーグリーン社からリリースされるトーナメント系スピニング バスロッド。以下引用、低レジンピュアカーボンをメイン素材に採用。元ガイドから下のバット部分に、斜め補強の密度が高くより大きなパワーを発揮する±30°カレイド・スーパークワトロクロス製法を採用。独自の超軽量セミマイクロガイドセッティング。ロッドが曲がった時にラインがブランクスを擦らないギリギリの高さにセッティングしているため、ロッドの芯を食いやすく、キャスト時やフッキング時のパワーロスを減少させます。インスピラーレ:グランドコブラ の説明動画はコチラ。

琵琶湖攻略おすすめロッド3本!! ~冬編~ (平村尚也)

紹介文〜ピュアフィッシングジャパンでファンタジスタシリーズなどロッド全般を手がけてた飯高博文氏とティムコでフェンウィックシ リーズを手がけていた鬼形毅氏の2人が立ち上げた会社。お二方ともにロッドの開発者でJBトッププロの為にロッドを設計&開発、そんなロッド作り の最前線で活躍していた2人が作るロッドが「LEGIT DESIGN=レジットデザイン」今回は現場開発者の平村氏による解説です。 冬を攻略する為に必要なロッド3本 1.ワイルドサイドWSC72MH (アラバマ) *説明はロッド袋をクリック。 2.ワイルドサイドWSS-ST61UL (ライトリグ) *説明はロッド袋をクリック。 3.ワイルドサイドWSC610M (メタル)*説明はロッド袋をクリック。

最新の記事

琵琶湖へ (7月19日) チャプター琵琶湖第5戦

本日は NBCチャプター琵琶湖 2020年 第5戦 ゲーリーヤマモト CUP に参戦するために、琵琶湖へ行ってきました。チャプターとは NBC=ニッポンバスクラブが主催している、バス釣り競技会のオフィシャルアマチュアトーナメント。アマチュアと言っても参加する選手の半分はプロ大会を経験している ベテランアングラーが集います。アマチュアなので 賞金制ではなく お菓子やジュースが振る舞われます。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2020年 7月 19日 (日曜日) 琵琶湖水位...

2127389

error: