シャッド

こちらのカテゴリーでは「シャッド」についてまとめてあります。

バス釣りKOジム MOVIE ! (藤木淳) 3

バス釣りKOジム MOVIE ! (藤木淳)

本日のおすすめのDVDです。バス釣りKOジム MOVIE ! (藤木淳)です。2008年に地球丸出版社からリリースされたものです。バスフィッシング歴が浅い方は、知らない方も多いかと思いますが、藤木プロは2005年の JB TOP 50の年間チャンピオンです。年間チャンピオンは「別格中の別格」の何かを持っていなければ、手にする事はできません。(チャンピオンは一人だけ)このDVDは、雑誌の読者の質問を答え映像にしたもの。How to物にしては、クオリティが高いです。ジグの打ち方や橋脚の攻め方とか、どうやってシャッドクランクを通すとか... どうやって針を研ぐのか?とか...毎回、思うのですが、クリエイターが出演しない作品は個人的には面白くないです。続編の製作を強く望みます。ヤフオクでポチれ。 オススメ度:★★★★★★★★☆☆ (10/8)
冬のバスをシャッドで攻略!! ~横利根川編~ (山木一人) 3

冬のバスをシャッドで攻略!! ~横利根川編~ (山木一人)

山木一人 プロフィール・・・1967年生まれ。神奈川県出身。実家は芦ノ湖でレンタルボート店「YAMAKI」を営んでおり、物心つ く前から釣りに親しんで きた"ナチュラル・ボーン・フィッシャーマン"。箸より先に釣り竿を握ったほどの長い経歴をもっており、バスに限らずトラウトやヘラブナ、ワカサギから シーバスやカワハギなどのソルトウォーターに至るまで、さまざまな魚種のエキスパートとして知られている。
秋のシャッドルアー紹介 写真

琵琶湖おかっぱりへ (10月17日) シャッドプラグ紹介

本日も夕方から リップラップ店 での室内業務。リールの修理パーツが纏めて 入ってきたので 作業に追われています。シマノリール を修理依頼された方は 今週中には お渡しできます。  天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2017年 10月 17日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -22cm 洗堰放流量 (現在) 70m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 21.9mm 水温 22.0℃ 本日は...

冬のシャッドラップ・テクニックを披露 (マイクアイコネリ)

あの Mike Iaconelli "アイク"が冬のラパラ・シャッドラップの使い方を披露しているので紹介します。このルアーは全国のフィールドでも、未だに使用している人も多いルアーですね。このルアーはバルサ素材の20年前からあるルアーです。お題は「真冬のストロングパターンです。」 真冬のバスにはバルサでアピール 1.まず彼が使用するルアーは ラパラ・シャッドラップ のサイズは「5」と「7」シャローバージョン、ディープバージョン両方使うそうです。 2.フックは元々、6番が前と後ろに付いているので、4番のショートシャンクの針に変えるそうです。ショートシャンクの方が前と後ろで絡みにくいからいいそうです。あとフックを変える事でサスペンドチューンもできる訳ですね。 3.ロッドはスピンニングの「ミディアムライト」位を使用。ラインは6−8lbのフロロを使用する。 4.釣り方は「ゆっくり、ゆっくり、巻いて」時々、ジャークを入れて、ステイ。こ れがバイトのトリガーだそうです。このシャッドラップ独自の凄くタイトなウォブリングにノンラトルが効くそうです。つまり巻いて食わせるのではなく、止め て食わせるという事ですね。また浮く時もブルブルと震えるそうです。プラスチックのルアーでは出来ないアクションのようです。 これがアイクの「No.1ウィンターパターン」だそうです。  A lot of people ask, "How do...
極寒の冬琵琶湖をスレッジで攻略!! (大西健太) 3

極寒の冬琵琶湖をスレッジで攻略!! (大西健太)

ウルトラスレッジとは?・・・すべてが専用設計された「スーパースレッジ」。今江克隆をして「究極のジャークベイト」と言わしめたダウンサイジングトーナメントモデルです。スーパース レッジは空力抵抗を極限まで抑えた設計により安定した遠投性能を確保。インサートフラッシュプレートとC.B.S.を装備することによって、強烈なイレ ギュラーダートと、ロッドワークによって最大同方向へ3回跳ばすことのできる通称「三段跳び」を実現しました。「過去、これ以上のジャークベイトは存在し えなかった」と今江克隆が言い切ったほどのトーナメントウエポン。それがインスパイア・カスタムルアーズ「スーパースレッジ」です。
トゥルーチューン(アイチューン)のやり方!! (市村直之) 5

トゥルーチューン(アイチューン)のやり方!! (市村直之)

トゥルーチューン/アイチューンとは?・・・ルアーのアイ(糸を結ぶところです)がまっすぐになっていなく、ルアーを リトリーブ すると左右どちらかに 曲がってしまう事をいう。調整方法は ルアーのアイを調節し まっすぐに泳ぐ様にする事。ペンチでもできますが、釣具店で専用の道具もある。

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~水田様~ 40cm

リッ プラップガイドサービスの 瀧川です。本日は 琵琶湖で ガイド業を 行ってきましたので リポートです。いよいよサマーシーズンイン!水中の水温もシャローエリアでは 30度 を記録。ただ今月の琵琶湖は暑すぎて 釣り人には優しくない琵琶湖でした。 15年ぶりの琵琶湖 ~2500円で遊ぶ~ 本 日のゲストは京都からお越しの 水田様です。バスフィッシング歴は数ヶ月。学生時代には 毎週、周辺のダム...

1638181

error: