スイムベイト

こちらのコーナーでは「スイムベイト」関係の記事をまとめてあります。

瀬田川 マキマキ琵琶湖 写真

瀬田川へ (5月30日) ワンナップシャッド

本日も16:30に仕事を〆て、30分程の久々な瀬田川調査へ。さぁ釣れるのでしょうか? 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2017年 5月 30日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -8cm 洗堰放流量 (現在) 100m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.1mm 水温 22.7℃ 一昨日より蒸し暑くなってきた。次回の雨で梅雨入りかな? スイムベイト 本日は サワムラ社 ワンナップシャッド の "マキマキ" で狙います。マキマキとは琵琶湖発祥の釣りで、その名の通り、ウィードのツラを 巻きながら引いて来る釣り方 です。南湖では5月初旬から9月頃までと出番が多い。 瀬田川も水の...
ニュースイムベイト"ダンクル"が発売!! (ジャッカル) 3

ニュースイムベイト”ダンクル”が発売!! (ジャッカル)

記事元:ニュースイムベイト"ダンクル"が発売!! (ジャッカル)

冬南湖攻略のゲーリーハートテール!! (市村直之)

冬の南湖にてハートテール・スイムジグセッティングで実釣。琵琶湖に限らず全国的に釣れる「ウォブリング:ロール=6:4」の究極アクションの水中映像や四季折々のハートテールローテ法を徹底解説!出演:市村直之(ゲーリーヤマモト, ジャクソン) テールがハート形の "スゴイ"ワーム ゲーリーヤマモト ハートテールとは・・・GY社から発売された やや大きめのスイムベイト。テールがハートの形をしている。発色鮮やかなノンソルティ素材をボディの上部に、スイムバランスを安定させる従来の高比重ソルティ素材をボディの下部 に配置することにより、テールが生み出すギル波動で、比類無きスイミングアピールを実現しました。 ボディのスリットはフッキング性能を向上させ、そのボリュームバランスはあらゆるリグにアジャストできるようデザインされている。
フラッシュユニオンからスイムベイト!! (藤木淳) 3

フラッシュユニオンからスイムベイト!! (藤木淳)

画期的なフローティングスイムベイト登場 ユニオンスイマーとは?・・・ユニオンスイマーはフローティングスイムベイトです。浮力が高いため、ネイルシンカーで好みの浮力に 調整することが可能。また引くだけでテールが大きく動き出し水 面直下をスローに引くことができ従来のスイムベイトに比べバイトチャンスが格段にアップさせました。また強め のジャークを入れることで、左右にキレのあるダートを実現。チェイスだけで終わったバスをリアクションバイトさせることが可能です。フックには、ノガレス 初のトリプルフックを採用。研ぎ澄まされたフックポイントに加え、更にテフロン加工を施すことで、ビッグバスの硬い顎を確実に貫きます。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~田井中様~ 43cm 24

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~田井中様~ 43cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、心配していた台風21号は 北西 ユーラシア大陸方面に大幅に反れた模様。今週から朝とお昼の気温差が約10度程もあり、一日を通して魚を狙う時間帯が難しいようにも思えました。 ターンオーバーを克服セヨ!秋バスへの挑戦。 本日のゲスト様はリップラップガイドサービスのご利用は初めてとなる、田井中様です。最近まで東京に住んでおられ、今は一時的に滋賀県に在住だそうです。クライアント様の弟様がバスフィッシングが大好きだそうで、最近またバスを再会されたそうです。普段は仕事が忙しくなかなかボートフィッシングができないそうです。本日はクライアント様が挑戦したいピッチングの釣り。そして希望するエリア2.3ヶ所。そして私のオススメエリアの紹介等々、いろいろ纏めてご案内させて頂きました。 9月28日の朝。本日の朝は車の通行量も多かった。月末の平日の朝は騒騒しい。もう9月も終わりです。 本日の天気予報。本日は全面的に北風が強かった。お昼からは真夏日のような日差しだった。 2015年09月28日(月) 6時の琵琶湖水位 -31cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.6mm 水温:23.20℃ タックル紹介クライアント様が持ち込んだタックル。ベイトタックルのみ。リールはシマノ&アブ。ロッドはシマノのゾディアスやエクスプライド。この辺りのロッドはコストパフォーマンスは凄いと思う。アメリカ製品のようにガイドが曲っていたり、スレッドがしっかり巻けていなかったりと、検品業務もしっかり行われているのが素晴らしい所。本日はリールのブレーキブロックが欠品しており、鬼バックラッシュの嵐でクライアント様のピッチング練習が出来なくなってしまった。次回からは予備のブレーキブロックを用意しておかなければならないと思った。 同時にクライアント様が持ち込んだ O.S.P社のドライブシャッド 4.5 このワームが大のお気に入りとの事。「このワームで釣りたい!釣れる場所に釣れていって欲しい!」とのリクエストを頂いた。 出発出船! 朝から日差しが強い琵琶湖。 今週は魚のバイトタイムがレイトアフタヌーンにシフトしている様子。それなので午前中はテキサスのピッチングの練習に移動です。 クライアント様はまだテキサスで釣った事がないそうで、ゆっくり撃っていってもらう事にしましたが、リールのバックラッシュに悩まされます。 次にカナダ藻の奥を撃ってみたり、ノーシンカーをやったりといろいろ試します。 本日はバイトがとても遠い一日。 再度、移動です。 この辺ですかね〜 スイムベイトやってみます!デカバス釣りたいです。 了解!これ位のスピードで巻くのがいいと思います。 結構、コンコン。アタリますよ! ゲスト様にヒットです!激しい魚です。 〜ジャバ〜ン!!〜 お〜!! 43センチ!!(>°))))彡) イェ〜イ。 私にも...ヒット! ヒット! ヒット! ヒット!42センチ。 ここでタイムアップです。次回はレンタル用のリールも用意しておきます。田井中様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。

バレッジスイマーの実釣説明!! (武田栄喜)

バレッジスイマーとは?・・・老舗ルアーメーカー「JACKSON」から発売されたスイムジグ。 高低差のあるウィードの中をすりぬけるアイテムがほしいという要望に応え、Qu-onとJBのトップアングラー市村直之が共同開発をしたのがバレッジスイ マーである。 通常のジグヘッドはヘッド形状が丸く、どうしてもウィードに絡んでしまいストレスを感じてしまうところだが、このバレッジに関しては、ヘッドを鋭角に成形 することで、ウィードレスを可能にした。今回は実釣を踏まえてジャクソン契約プロスタッフの武田栄喜氏が解説する。

最新の記事

ベイトリール塗装リペイント (ダイワ スティーズ SLP TW)

DAIWA STEEZ SLP TW リール塗装サービスで受付しました  ダイワ スティーズ SLP TW です。今回は かなり使用してある個体を リファイン も兼ねて フルオーバーホール&フルカスタム させて頂きました。ダイワ...

2012862

error: