タグ スモラバ

タグ: スモラバ

レイドジャパン エグダマ 入荷!! (つり具のブンブン・大津店)

レイドジャパン エグダマ 入荷写真
バス入荷情報 レイドジャパン エグダマ 入荷 ハイプレッシャーのタフな状況を打開する最終兵器「エグダマ」。JBTOP50の中でも有数のスモラバ使いである江口俊介が、試行錯誤の末に辿り着いたスモラバの理想形だ。抜群のフッキングレスポンスとスナッグレス性能を高次元で両立。オープンウォーターからライトカバーまでをカバーし、ナチュラルかつ強い波動を生み出す専用設計シリコンラバー "テーパー付きラバー"は使用する水質を問わない。レンジキープ能力はシャローからディープウォーターまでを完全カバー。乱長短のラバーカットは、フォールさせるだけで強い存在感と集魚能力を持つ魅惑の乱水流を発生し、コンパクトで曖昧なシルエットがスレきった天才バスを騙しきる。…基本はキャストしフォール&シェイクするだけでOK。まさに最終兵器と呼ぶに相応しい究極のアイテムだ。 関連動画 https://youtu.be/lOnRYSyoYM0

スモラバを自作する ~スモラバ大作戦~

いつの間にか 国内バスフィッシングシーン において定番となった「スモラバ=スモールラバージグ」この手のジャンルの釣りについては 好みが別れる所でもあるが、意外と名アングラー達は これらのスモラバを巧みに操る スモラバマスター が多い。スモラバといっても ラバージグがスモールだけで 比較的 デカバスが釣れる。おまけに 近年スモラバから 派生した「フレア系スモラバ=エリマキ付きスモラバ  via 例:エグジグ、D-JIG等」の釣果は すこぶる良いと思う。今回は自分なりの スモラバ製作方法 をSEO対策として 残しておこうと思います。参考までにどうぞ! https://bewaf.com/blog/%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%90-%e3%82%a8%e3%82%b0%e3%82%b8%e3%82%b0-%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%81%a8%e8%aa%ac%e6%98%8e-%e6%b1%9f%e5%8f%a3%e4%bf%8a%e4%bb%8b/ 制作に必要な道具 ~スモラバを作ろう!~ ①PEライン (抜き糸用) ②Aスレッド (細いモノに限る) ③ピンバイス または リューター (ガードの穴を開ける) ④ニッパー ⑤ペンチ まずは ジグヘッドを用意する。スモラバには様々なコンセプトが 既に存在している。1.水平姿勢を保てるジグヘッドが良い 2.ヘッドが小さい方が根掛かりを回避できる とか...諸説色々とあります。まずは自分で試してみるベしと言う事で 今回は デコイ社 ヴァイオレンスジグヘッド を使用する事にした。 ジグヘッド加工 開封後に一番 初めに行う作業、ジグヘッド首元への 溝入れ加工 を行う。首元をニッパーで軽く摘み 回転させます。これはフレア系スモラバを製作する上で一番重要な作業の "キモ"となる。 何故かというと図のように 切り込みが入る事により、スレッドを巻きつけた時に エリマキを「ピン」と立たせる事が可能となるからだ。 因みに左側が 溝無し のジグヘッド、そして右側が 溝付け を施したヘッドとなる。美味しそうなのどちらか見れば一目瞭然だろう。この巻き方を探してた人も多いハズだ。 次にガードブラシの穴を開ける。ドリルの刃は 1.2mm...

真冬でもカバースモラバ!! (寺沢庸二)

O.S.P タガー youtube写真
O.S.Pプロスタッフ寺沢庸二が厳寒期の1月、千葉県豊英ダムにて良型を次々とキャッチしました。使用したルアーは、カバースモラバJIG05タッガー。真冬のシャローに潜むビッグバスを攻略するためのポイントを寺沢が解説しています。 タッガーとは?・・・O.S.Pが新たにリリースするジグ「JIG 05 TUGGER(タッガー)」は、カバー攻略に特化したスモールラバージグ。カバースモラバのスペシャリスト 寺沢氏によって考案された。オカッパリでのメジャースポットの攻略や、プレッシャーを無視 できないトーナメントシーンで大きなアドバンテージとなるであろう。

スモラバの使い方!! (青木大介)

スモラバの使い方!! (青木大介) 8
少し前の動画ですが、青木大介プロによるスモラバの「How to」モノです。"スモラバ"ってどうやって使うの?とてもためになる動画です。この映像で、青木プロの使用している商売道具は 3/64 oz の EGU-JIG に 3インチ のグラブのテールを半分にカットしたモノ。カットテールのテールだけってのもいいみたいです。

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~原田様~ 49cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。先週から産卵を終えた魚が元気にシャローレンジに差してきており バイトもとれるようになってきました。西日本は 梅雨入りが記録的に遅れているらしく 週の中頃にようやく梅雨入りとなりそうです。ただ釣れるエリアがハッキリとしており 魚のコンディションはやや悪めな 梅雨シーズン到来間近な琵琶湖でした。 またまたまだ巻くよ ~クランクベイト~ 本 日のゲストは大阪からお越しの 原田様です。今回で3度目のご利用となります。普段は琵琶湖~瀬田川にて夜釣りを楽しんでおられるそうです。好きな釣り方は 巻き(クランクベイト、スイムジグ等) ボートフィッシング釣行は年に2.3回、好きなタックルがあれば直ぐに購入する派、どちらからと言えば "釣り" というソフトをライフスタイルに取り入れたいクライアント様でした。今回は巻き展開のみで一緒にポイントを周ってみました。果たして釣果は如何に?! 本日は満員御礼なビワコマリン。早朝から第一駐車場は満車でした。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2019年...

1857537

error: