タグ フラッシュユニオン

タグ: フラッシュユニオン

新ワーム”アバカスシャッド”の説明!! (藤木淳)

新ワーム"アバカスシャッド"の説明!! (藤木淳) 1
アバカスシャッドとは?・・・フラッシュユニオンより新発売されたシャッドテールを持ったクリーチャーワーム。引き始めに水を素速く引っ掛けるスティンガータイプのシャッドテール形状により、デッドスローでのテールの動き出しを可能にします。高速リトリーブ時に は、テールが反り上がり、上部のステップダウン形状により、ダウンフォースを発生。ボディの傾きを抑制し、安定したアクションを維持します。さらにディー プリブボディとの相乗効果で生物のような複雑な動きを可能にします。

新ワーム “アバカスシャッド” を紹介説明!! (フラッシュユニオン)

「ソロバン」という意味を持つ アバカス。スティンガーステップダウンテールは、ピックアップが早く、ハイ ピッチで大きく左右にテールを振るのが特徴。大きな爪は、このテールが大きく振ったときに時折ヒットするように設計されています。この ときに発するワーム同士が当たるサウンドや波動はバスにとって極めて新鮮。オーソドックスなシャッドテールワームに慣れたスレバスも虜にします。

新スモラバ “フラッシュスモラバ” を紹介説明!! (フラッシュユニオン)

新スモラバ "フラッシュスモラバ" を紹介説明!! (フラッシュユニオン) 5
ダイレクションジグとは?・・・フラッシュユニオンから発売されたスモラバ。ジグの低重心化を可能にしたデルタキーパーが、カバーに挟まりにくい小さなヘッドでも常に姿勢を制御。フックポイントが上を向こうとすることで、驚くほどのスリ抜けを可能にしました。フックには高強度“ゼロフリクションコート”ノガレスフックを採用することで、ケタ違いのフッキングレスポンスを獲得。

新プラグ “スピードキラーシャッド” を紹介説明!! (フラッシュユニオン)

スピードキラーとは?・・・スラックを取るだけで動き続け、スローリトリーブでは水面直下を弱ったベイトのようにノタノタと泳がせることが可能。ファーストリトリーブでは、超高速のシャッドに早変わり。止めていても醸し出されるライブ感でバスのバイトを誘発します。

新スイムベイト”ユニオンギルスイマー”を紹介説明!! (フラッシュユニオン)

新スイムベイト"ユニオンギルスイマー"を紹介説明!! (フラッシュユニオン) 3
ユニオンスイマーとは?・・・界初の機能を満載した画期的なフローティングスイムベイトです。浮力が高いため、ボディショットやネイルシンカーで、好みの浮力に調整することが可能。また、引くだけでボディが水を受け、速やかに潜るように計算しつくされたデザインにより、デッドスローでもテールが大きく動き出し水面直下をスローに引くことができるので、従来のスイムベイトに比べバイトチャンスが格段にアップします。

冬のバスをメタルバイブで攻略!! ~オカッパリ編~ (中村大輔)

フラッシュユニオンとは?・・・2014年、夏に株式会社イマカツを退社した藤木淳プロ(JB TOP 50)が立ち上げたNEWブランド。第一弾でリリースしたユニオンスイマーやユニオンクローなど、様々なノウハウの詰まったルアーが既に発売。今後の注目に期待の高まるルアーブランドである。

最新の記事

瀬田川へ (4月17日) モロコもまだ釣れていない

本日も夕方から ロッド&リール の室内業務日でした。出勤前の毎度の寄り道ならぬ 寄り川です。最近はタックルなんでもサービスみたいになっており 「リールの錆びを落としてくれ」「リールの異音をみてくれ」「ガイドのセッティングをみてくれ」「ゴールデンウィーク釣りに連れてってくれ」とか色々なリクエストがあります。フィールドが近いと本当に便利ですね。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2019年 4月 17日 (水曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 5cm 洗堰放流量 (現在) 40m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 2.4mm 水温 14.0℃ 本日は夕方から 小雨が降った。春のデカプリ祭り開幕まであと少しですね。 瀬田川 ~最南端エリア~ 本日は瀬田川最南端エリアを見てみます。目の前に見えるのが 南郷洗堰(なんごうあらいぜき)...

1809672

error: