22.8 C
Kyoto
2024年6月20日(木)
タグ 同船釣行

タグ: 同船釣行

琵琶湖へ (2015年 4月11-12日2015年) ~プリスポーン小祭り~

琵琶湖へ (4月11-12日2015年) ~プリスポーン小祭り~ 1
今週末は琵琶湖へ出撃。土曜日はお友達ガイド、そして日曜日はお昼までのチャプター京都のエリア探しへ...釣れるかな? この日は狙うのはブリブリのプリスポーン(産卵前のデブデブなメス)のみ。同船のTAQさんは。まだテキサスやジグで釣った事がないという事で"撃ち"のみで大型を狙う事に...バイトが出ればデカイです。回った場所は主に葦回りや、地形変化の落ちた穴などを狙います。 内湖を見てみたりしましたが、今年は内湖は電気ショッカーの影響で魚が居ない様子。 赤野井チャネル沿いの葦なんかもいいですね〜 私がポイントに入るタイミングを計ります。撃って..撃って..撃って..次の瞬間ラインが走ります!! ド〜ン!!結局、終了してみてビックリ。50オーバー(>°))))彡) の2kgフィッシュをゲット。お腹もパンパンです。やっぱりこの時期はプリのみ狙いたいですね。プリは狙わない限り釣れないのが難しい所です。琵琶湖って凄い!!人生初のテキサスリグで50オーバーのプリを捕獲。TAQさんおめでとう! 翌日は... そして本日はチャプター京都のプラでお昼頃まで出船。狙うポイントは前回に似ているようなエリアで本日は人工島沖のポイント。プリのプリが居るんではないかと思い慎重に狙います。 ~開始してズルズル、コリコリやっていると"ガコンッ"というまたまたビックバイト!! ド〜ン!! (>°))))彡)48センチ 1900g 琵琶ブリ子です。またまたべっぴんさんです。(笑)電撃フッキング!! PF731MHFBの恩恵も受けれています。なんとこの後に周辺にいた、バスボート5.6艇に割り込まれ、斜め前からはハドルストンが投げ込まれます(笑)こういう時は大人の対応で自分が移動します。 これが3本とれれば6000gで結構いい所にいけるんですが、トーナメントはそんな簡単ではありません。しかし再現性は確実にあります!! 今年の目標は去年よりも違った釣り方を見つける事です。結果は気にしない事です。 今回使用したルアーはエバーグリーンのキャスティングジグ (3/8 oz)です。チューンした方が確実にバイトがとれるので、また今度ご紹介します。 タックルデータ詳細 ロッド:ダイワ・ブラックレーベル PF731 MHFB (takahiro oomori) ラバージグ:エバーグリーン・キャスティングジグ (3/8 oz) :アメザリ ライン:サンライン・FCS 16 lb 結び方:ダブルハングマンズノット P.S まっちゃん&TAQさん。お疲れ様でした!!

24分以内に読まれた記事

6756058