タグ 琵琶湖バス釣りガイドブログ

タグ: 琵琶湖バス釣りガイドブログ

こちらでは 琵琶湖バス釣りガイドブログ に関する記事を纏めてあります。また 琵琶湖バス釣りガイドブログ に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~里様~ 52cm

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~里様~ 52cm 21
リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖ですが、水位が大減水(マイナス54センチ)になり、小ノ浜の水門が閉鎖。釣果の方は50オーバーの大型が多数釣れているようでしたが、釣り方やレンジが合わないと、コバスの猛攻に当たってしまうのがここ最近の琵琶湖でした。 スイムベイトでデカバスを狙い撃て! 里様 本日のゲスト様はリップラップガイドサービスお得意様の里様です。里氏はある日「ブラックバスをボートで釣りに行かせてくれませんか?」というお問い合わせからのお付き合いです。前々回からタックルバランスの見直しをしたり、ルアーの調整やワームのフックのサイズを調整したりと、全ての事に対して真面目に向き合っている、クライアント様です。本日のリクエストはズバリ「50オーバー狙い」です。 朝一はマリーナヘ向かいます。 本日の朝は湿気が多く少し生温い朝。風はそれほど吹かなかった。 2015年11月13日(金) 6時の琵琶湖水位 -54cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:16.60℃ マリーナに到着して... 里さん。おはようございます。おひさしぶりですね。本日はどうされますか?30cmまでの小型でしたら、沢山釣れますよ〜。 今日はラバージグか巻物でデカバスを狙いたいです。チビバスはいらないです。 了解!がんばりましょう。 タックル紹介本日は超デカバス対応用にテムジン・アマゾンフリップ(ノーマルガイドセッティング・デチューン仕様)をクライアント様が用意した。デカバスの顎をこれで貫きたいとの事。 本日のデカバス攻略用にセットしたルアー。同じモノを1セットずつ用意して一緒に釣りをして頂いた。(全部レンタル可能) OSP社 ルドラ SPEC 2 (フラッシュ)*スロー巻きで使用 OSP社 ルドラ SPEC 2 (ノンフラッシュ)*スロー巻きで使用 TIMCO社 ファットペッパー (ネオン) *3.5m~2.5m チャンネルアウトサイドで使用 TIMCO社 ファットペッパー (ナチュラル)*3.5m~2.5m チャンネルアウトサイドで使用 ジャッカル社 ソウルシャッド *1.5m ウィードインサイドで使用 ジャッカル社 ソウルシャッド *1.5m ウィードインサイドで使用 ラパラ社 シャッドラップ SR-8 *2.0m チャンネルアウトサイドで使用 ラパラ社 シャッドラップ SR-8 *2.0m チャンネルアウトサイドで使用 EG社ワイルドハンチ8フッター...

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~上杉様~ 00cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。先月から纏まった雨が降らず、今週から各水門が閉鎖される程の大減水の琵琶湖。釣果の方はビックベイトやスイムベイトなどで大型も釣れている今週の琵琶湖でした。 上杉様 本日のゲスト様はリップラップガイドサービス3度目のご利用となる、三重県からお越しの上杉様です。上杉氏は2週間に一度は琵琶湖に来られて、いろいろと試されては、また琵琶湖に来られて、その都度、連絡を頂き本日に至る感じです。今回は今年最後の釣行となる為に、上杉氏のレコードフィッシュとなる「55センチオーバー」狙いでしたが、デカバスは捕獲出来ず...リポートのみとなります。 朝一は給油からです。1リットル/125円、安いですね。 マリーナへ向かいます。 本日の天気予報です。本日の琵琶湖上空には気圧の谷間が広がり、湿った空気と雨が降り、水温が前々日よりも1.3度も上昇した。これがビックチャンスに変わりそうだと思ったが... 2015年11月07日(土) 6時の琵琶湖水位 -56cm 現在の洗堰放流量 29m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:17.90℃ タックル紹介朝一はタックルセッティングから始まります。巻物用にセットされている7.9のハイギヤのリールは外したり、66Mにセットされている3/4ozのスピナーベイトは全部外します。本日のクライアント様は40センチ以下のバスには興味は無い、という事でしたのでシャローでの大型狙いにセットを組み直します。 本日のデカバス攻略用にセットしたルアー(全部レンタル可能) ノトス社マッドペッパーマグナム (3.5m~2.5m チャンネルアウトサイドで使用) ノトス社ファットペッパー固定重心 (3.5m~2.5m チャンネルアウトサイドで使用) EG社ワイルドハンチ8フッター (1.5m~2.5m チャンネルアウトサイドで使用) O.S.P社 ブリッツMR (シャローミッドレンジ) EG社 D-ZONE Power Blade (Thin color) EG社 D-ZONE Power Blade (Bright color) フットボールジグ 14グラム (Dark color)(5メートルフラット) フットボールジグ 14グラム (Clear color)(5メートルフラット) 今回のガイドは「単純明確&分かり易く」で魚を触れるようにと勤めた。私はひたすらバズベイトを巻いており、クライアント様には底を狙って頂いた。上で出なければ底で蹴り上げられ出るだろうと思っていた。ダメ所で狙い、最終的には4.5.6のルアーで中層で「ガツン」と出てくれれば良かったのストーリーだったが... かなりの自身はあった。 エリアもA地点、B地点、C地点と3ヶ所のルーティンだった。 出船です。ハイチ〜ズ! スピナーベイトの巻きスピードです。ティップから少しルアーを垂らして手前に寄せるスピードで巻きます。ブレードの抵抗や重さによって巻きスピードが変わります。*写真をクリック ゆっくり巻きます。 貝がヒットです! バイトは2.3回あったがのらず。沖に移動します。ここではベイトがビッシリですが、ディープクランクを投入すると... この28センチ位までのが、水中でヒッチャカメッチャカな感じです。 魚探に映る映像が底ベタなのでフットボールで様子を見ますが、大きいのは現れず。 結局、エリアに入り直しを繰り返し、2.3回の様子をみたが、ビックバイトは得られず。どおしても大きいのを釣って頂きたがったが残念。 https://twitter.com/biwakomarine/status/663618701258702848 ただ釣れていた事は事実だった。 上杉様、本日は有り難うございました。次回は瀬田川に来られるそうなので、瀬田川でガイド補習となりました。詳細はアップします。またお願いします。P.S 夕飯ごちそう様でした。 お菓子を頂きました。はちみつマドレーヌ。有り難うございました。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~山本様~ 00cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。最近は纏まった雨 が降らず減水に悩むシャローボーターも多い様子。釣果の方はビックベイトやスイムベイトなどで大型も釣れている今週の琵琶湖でした。 本 日のゲスト様はリップラップガイドのご利用は初めてとなる山本様です。いつもブログを回覧されているとの事です。ありがとうございます。山本氏は琵琶湖が目と鼻の先である堅田に在住です。先日にメールでのお問い合わせの内容が「シャロークランクとスピナーベイトをマスターしたい」との半日ガイドでのご依頼を受けました。後に電話でお話させて頂いた所、前回のスピナーベイトでの釣果は小学生4年生の時だそうです。つまりは20年以上も前の話になる訳です。今回は釣果の方は0フィッシュでしたが、クライアント様の許可を頂きまして、今後のテクニック向上の為にも記事に残させて頂く事とさせて頂きました。 本日の天気は雨。昨日はマリーナでオーナーズカップが行われた、優勝ウェイトは約3キロ(43センチ3本)とローウェイトだったが、魚は確実に触れる。 本日の天気予報です。10:00より北東の風が吹き荒れた。 2015年11月02日(月) 6時の琵琶湖水位 -53cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:16.90℃ タックル紹介クライアント様のタックルです。高弾性のロングロッドにハイギヤのリールが並ぶ。俗にいう「琵琶湖オカッパリヘビキャロスタイル」メールの問い合わせの時点で察したが巻物用のタックルが無い。また付いているルアーなどもウィード絡み(ハングオフ)のルアーのみが付いていた。(ディープクランク、シャッド、ネコリグ)その為に再度の組み直し、足りないタックル、ルアー、リールは無料で貸し出します。ただし腕は自分で習得願います。 天気はあいにくの雨だった。 本湖周辺はパスしてシャローへ進みます。 本日に使用したルアー。EVERGREEN社のD-ZONE TG 3/8oz。このルアーを水深1.2m程のシャローカバーにキャストしてゆっくり巻いてくる。巻きスピードはティップから垂らしたルアーを水中に入れて、ブレードが回るか回らないかのスピードを目で確認してから、キャストしてゆっくり巻いて頂くだけだったが...(動画)これがかなりの苦戦となった。「難しい」との苦情が出た。以前のガイドのお客様でも「ノーシンカーのズル引き」が難しいとの一件に非常に似ていた。 今回のクライアント様とのやり取りで問題となった3点を挙げて置きます。同時に今後のガイド業務での反省点にもさせて頂きます。 巻くスピード 全ては巻くスピードだった。スピナーベイトが傾く程に巻きが速かった。私が横で大きな魚を掛けるとそれがまた悪影響を及ぼしてしまい、更に巻きが早くなってしまった。途中でリールを5.8比のものに交換、ブレードを細身(thin)な物に交換したが、直ぐに半日ガイドではタイムオーバーとなってしまった。ローギアのリールは必需です。 キャスト 恐らくオカッパリのヘビキャロが影響していると思うのだが、全てのキャストに置いてフルキャストのオーバーパワーだった。ボート上では70%程の力で良いです。またサイドキャストではなく、オーバーキャストのみでのキャストだった。結局、魚が触れそうな雰囲気になった時点でタイムオーバーとなってしまった。 ティップのブレ こちらもオカッパリのヘビキャロが影響していると思うのだが、キャスト後にティップ先が指揮者の様に四方八方にぶれていた。ルアーのトレースラインが上手く決まらず。結局、魚が触れそうな雰囲気になった時点でタイムオーバーとなってしまった。 以上3点ですが、クライアント様ご自身でも気付いていませんでした。実は私はガイド時には全てのクライアント様の姿や癖、仕草を横で見ており、その上でいろいろな事をご提案させて頂いています。また同時に過去のお客様でも似た様な件がありましたが、後日にメールや電話で「釣れたよ!」とか「あの技を習得したよ!」という連絡を頂くので全うするのがいいかと思いました。 本日は風裏展開での一日となった。どうしても天候運はクライアント様にとっては平等でありませんが、得られる事は無数にあります。移動中は濡れてさせてしまいましたが、すいません。山本様、本日は有り難うございました。次回は少し時間サービスで穴埋めしす。またお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 42cm

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 42cm 9
リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。最近は纏まった雨が降らず減水に悩むシャローボーターも多い様子。釣果の方はビックベイトやスイムベイトなどで大型も釣れている今週の琵琶湖でした。 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの竹中様です。竹中氏は北湖でもバスボートで釣りをされているクライアント様です。普段はラバージグやヘビキャロ、ヘビーテキサスなどと言った強いスタイルがお好き。ロッドも高弾性のキスラーやノースフォークのみを所有。本日のリクエストは南湖周辺でフットボールジグを使い、筋肉悠々な大型狙い撃つ予定でしたが、北面からの爆風で苦戦を強いられた一日となりました。 今週の近畿地方の上空には気圧の谷間が広がり、寒気がどっと流れ込んだ。 本日の天気予報です。本日は風速が強い予報でしたので、午前中は本湖周辺。午後は風裏に逃げる予定だったが、9:30には本湖では釣りが出来ない状態となった。 2015年10月31日(土) 6時の琵琶湖水位 -51cm 現在の洗堰放流量 31m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:17.90℃ タックル紹介本日のクライアント様が使用したヒットルアー。KEITECH社のSWING IMPACT(スイングインパクト)このシャッドテール動きは非常によく、早巻き、遅巻き。リフト&フォールと全てのアクションに対応してくれる。またサイズも3インチ、3.5インチ、4インチとオールシーズンを通して、その場にあったチョイスができる。本日は3.5インチのライトキャロで使用した。 竹中さん、おひさしぶりです。では出発しましょう! 向かうのは小ノ浜です。 本日の入投式をお願いします。「ビュ〜ン」 トントン。 魚探で映像を確認しながらキャストしていきます。 結局、2時間程のキャストを繰り返したが、アタリやそれらしいモノはなかった。魚は3メートルレンジに浮いている様子だった。 仕方ないので竹中氏にスピニングをレンタルして頂き、ブレイクの魚をライトキャロでシューティングしていくことに... アタリは5.6回ありましたが、のらず。そして竹中氏にヒットです。落ち着いて〜 42センチ (>°))))彡) イェ〜イ。 午後になりシャロークランクとスピナーベイトでシャローをチェックします。タックルのバランスが凄くシビアな秋の琵琶湖です。 いろいろとルアーをローテーションして、取り出したのが RC 1.5リペイント。鮒を補食してるエリアではこの金黒が効きます。このルアーには適正巻きスピードみたいなのがあり、巻き方が少し特殊です。一緒に流していくと... ヒット!40オーバー。 ヒット!56センチ。デッカ〜 タックルデータ詳細ロッド:ダイワ・ブラックレーベル FM701 MFB リール:シマノ・カルカッタコンクスト 201 ZPIマグスプール ライン:サンライン・FCスナイパーUSA 16lb ルアー:ラッキークラフト RC 1.5 リペイント 本日は風裏展開での一日となった。どうしても天候運はクライアント様にとっては平等でありませんが、得られる事は無数にあります。移動中は濡れてさせてしまいましたが、すいません。竹中様、本日は有り難うございました。またお願いします。P.S 夕飯ごちそうさまでした。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~加納様~ 38cm

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~加納様~ 38cm 11
リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。今週も空気が乾燥してきており寒く感じるようになりました。シャローではビックベイトやスイムベイトなどで大型も釣れている今週の琵琶湖でした。 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの加納様です。先週は私と一緒に伊庭内湖の大会に参加されて、レベルの高さに少しショックだったそうです。その為、次回の琵琶湖オープンへの参加はキャンセル。今回からはスピニングのみで練習されたいとの事でスタートです。これからもがんばって頂きたいものです。 昨晩の滋賀県にはかなりの風が吹いていた。関東では木枯らし一号が吹いたそうだが、滋賀県も同じ風。本日から寒い。 本日の天気予報です。本日は風速が強くなる予報だったので、マリーナ周辺で業務する事にしました。 2015年10月25日(日) 6時の琵琶湖水位 -47cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:18.90℃ タックル紹介本日のリグはこれ!スピニング一本のみ。ライトキャロライナリグ。通称:ライトキャロ。ワームはKEITEC社のスイングインパクト3インチにシンカーは3.5グラムをセット。夏のアクションはリフト&フォールだが、秋や冬は横でのアクションで喰わします。 加納さん。元気でしたか?先週の大会は残念でしたね。また練習してがんばりましょう! 実はね〜。営業先の専務や会社の上司に大会結果を聞かれるんですよね。僕がしゃべらないという事はどういう事か気を使って欲しいだでよ。 バスの大会はレベルは高いですよ。オカッパリの大会でさえハイレベルですからね。大会は3本キッチリ釣れない限りは始まらないですからね。しっかり釣る事を練習しましょう! スピニング技術を取得したいでね。ビワエフさん。頼みますよ。 出船!今年も残すところは約2ヶ月間。 結構、荒れています。西岸の風裏に移動です。 後ろの魚探でクライアント様にいろいろと説明させて頂きながら画面を見ます。本日は急なブレイクより、なだらかなバンクに魚が映った。画面に指をさして「このゴマみたいなのを今から釣りますよ」 コンディションがタフになればなるほどに難しくなりますね。 見ててください。こうやってティップとラインを張りながらテンションをかけてハジきます。イメージしながらですね。 ヒット!39センチ! ヒット!45センチ! 初めてのスピニングで約5時間のキャロ練習です。アタリは5.6回あった。 6時間後にコツを掴めてようやくヒット!です。 38センチ!イェ〜イ。 本日は少し早上がりで終了です。移動中は濡れてさせてしまいましたが、すいません。加納様、本日は有り難うございました。またお願いします。P.S 夕飯ごちそうさまでした。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~田中様~ 43cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。まとまった雨は 降っておらず、ターンオーバーの落ち着いてきたエリアもまちまちでした。釣果の方も上向きになってきている今週の琵琶湖でした。 本 日のゲスト様はリップラップガイドサービス2度目のご利用となる、岐阜県からお越しの田中様です。前回は7月にお会いしてそれからは魚は触っていないそうです。本日は早く帰宅したいとの事で11:00時までのプランでスタートです。時間が短いという事で、デカバス一本狙い。スピナーベイトとクランク、テキサスで北から南へ様子を見ました。 琵琶湖西岸の美しい朝焼けです。車の通行量も多く少し騒がしい土曜日でした。 本日の天気予報です。朝から少し風が吹くという事で期待したが、無風だった。11:00頃から少し北風が吹いた。 2015年10月24日(土) 6時の琵琶湖水位 -44cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:19.90℃ タックル紹介本日はスピナーベイトの展開で大型を狙う予定だった。クライアント様が持参したスピナーベイトはジャクソン社のフラッシンデビル、ジークラック社のGブレード。結局、途中で重大な事に気が付き、途中でスピナーベイトのプランを断念せざる終えなくなってしまった。 7:00になりました。出船の時間です。 田中さん!よろしくお願いします。「はずかしいから撮らないでください。」私:「了解です。透明人間にしておきますよ!」 相変わらず西岸方面はブクブクなエリアが多い。少し雨が降って欲しい所ですね。 向かうのは小ノ浜!フットボールをやりにいきます。 こんな映像の所を狙います。 トントン。トントン。実写版の銀河鉄道の車掌さんみたいですね!笑 が...釣れません。回りの船もロッドは曲っていません。南へ移動です。 ここではスピナーベイトを試します。 ゲスト様は右投げ、右巻きです。左のショアラインを流したいのですが、バックハンドキャストがまだ出来ないということで、レギュラーサイドキャスト。前方の私は邪魔になるので、私は体育座りでエレキを踏みます。つまりは全てがスイッチスタンスでシャローを流している訳です。 が...これが非常に難しいアプローチとなってしまいました。そこでテキサスにチェンジ。 ゲスト様のカバー撃ちのタックルは右投げ、左巻きです。7グラムのテキサスのスイミングで撃っていくと... アタリです!が...スポ〜ン。残念。 そして再度、ヒット!43センチ (>°))))彡) です。イェ〜イ。 フッキングもバッチリでした。 ここで11:00時になったので業務終了です。2バイト1フィッシュでした。田中様、本日はありがと うございました。またよろしくお願いします。 »利き手と釣果の関係 こちらは田中様のタックル。巻物のリールは右巻きを使用。田中氏は右投げ、右巻き。右手でルアーをキャストして、着水と同時にリールを左手に持ち替えてリールを巻く。このスタイルのアングラーは多いと思う。実はこのスタイルはボートでキャスティングアプローチですと非常に釣果に影響します。理想は左手で投げて、右で巻く。つまりは逆利き手でリール巻くのが理想です。(20年以上前は左巻きリールがなかった)本日の事例を説明しますと... 本日はシャローを10グラムのスピナーベイトで、キャストしていく戦略だった。クライアント様は右投げ右巻き。図を参照して頂きたい。ルアーが着水、そしてリールを持ち変える、その間は0.5秒程かかり、同時にティップもぶれる。そうなるとルアーの進行方向も図のようになる。そして... そしてこれが右投げ左巻き(左投げ右巻き)のルアーの進行の図。低弾道でキャストして、ルアーの着水と同時にルアーを静かに丁寧に巻く。特にシャローの展開ですと、これが非常に釣果に影響します。ゲストの方々と一緒に釣りをさせて頂き、身を持って釣果の差を知り、自分でもびっくりしている毎日です。 そして最後に小話をひとつ。写真は元ニューヨークヤンキースの投手ジムアボット(1988年のオリンピックの代表選手にも選出)彼はなんと右手がないピッチャー。右手首から先がない。しかもピッチャーとしては好成績を残している。そしてどうやって投げるかというと、手首のない右手に右利き用のグラブを乗せて投球し、ボールが来たらすかさず左手にグラブをはめて捕球し、さらにグラブを外して送球する。手がない人でこれぐらいの事はしてる。そう考えると「ある手」は使わない方がバチアタリな世の中だと思いませんか? 写真をクリック。

最新の記事

テクナGP TAV-GP 64S ULJ ミドストSP グリップ修理 (ロッドカスタム日記 #104)

今回は テクナGP TAV-GP 64S ULJ ミッドストローリングスペシャル の修理をします。写真の様に フォアグリップ のトップ部分が取れてしまったそうです。リールを締める際に ボキッ と良くある破損です。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに カスタム修理...

2136229

error: