テクニック、パターン&テーマ

テクニック、パターン&テーマ

こちらのテゴリーでは「テクニック、パターン&テーマ」関係のリンクです。

琵琶湖へ (9月16日) 野洲川沖で47cm 他 7

琵琶湖へ (2016年 9月16日) 野洲川沖で47cm 他

本日は湖上調査へTAQさんと少し浮いてきました。用事があるのでお昼過ぎまでの釣行です。釣れるかな? 本日も少し雨がパラついたり、曇ったり、晴れたりの繰り返し。風は吹かず。 2016年9月16日(金) 6時の琵琶湖水位 -35cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:28.5℃ 本日に確かめたいのが2つの鮎パターン。まずはみんな大好き野洲ゾン川へ。 2.5〜3.0メートル。1.5〜2.0メートルのウィードに隠れている2キロ デカバスを鮎パターンで狙います。 私はヤマセンコーのノーシンカー早引き! TAQさんはバレーヒル社のブースターブレードを使用。まずはチビをゲット! TAQさんはメタニウムにZPI製のNRC©スプールを購入された。これで軽量級のルアーも投げれるようになった。道具は使わないと面白くないという事でさっそくキャストを繰り返す。結果、本日は恩恵を100%得られる事になった。 バコ〜!ヒット。 37センチ!(>°))))彡) イェエス。 またまたバコ〜!ヒット。 北の荒くれ者!47センチ(2100) (>°))))彡) 凄い引きでした。 次は鰐浜北(わにはまきた)へ移動。 来月になると南湖がスーパーターンオーバーを起こして激シブになる為にディープラインの調査です。ディープの釣りはサイズは選べませんがマニアックでメチャ面白いです。 狙うは10メートルの鮎パターン。備後筋中層カーブの店小森シェイク釣方!(笑) なかなか上がってきませんでしたが、30センチ位のがヒットです。小さい割には北っ子です。ディープラインで掛ける魚はまた面白いです。魚探を見ながらシューティングは11月初旬頃が一番いいかも知れません。 おっ?? こんなん食べてました。 本日は半日で早上がりとなった。TAQさん!お疲れ様でした。
瀬田川へ (2016年 1月15日) 30

瀬田川へ (2016年 1月15日)

本日も16:30で仕事を〆て瀬田川へ30分程のチェックへ。 まず表層水温は5℃でした。 西風が強く今日は寒かった。 2016年1月5日(金) 6時の琵琶湖水位 -23cm 現在の洗堰放流量 37m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.3mm 水温:8.2℃ 今日はまたオリジナルロッドでジグヘッドです。 第4ガイドの位置を変えました。いい感じです。オリジナルロッド製作は面白いです。 昨日はリップラップ店へオーバーホールのお手伝いへ。これはUS DAIAWAのサービスセンターの写真です。お手本にしている写真です。前に①②③種のグリスを並べる。工具は左か右のトレーに整頓して並べるです。最近は理想のオーバーホール業務が行えるようになってきました。 そういえばキスラーのZ-BONEが入荷していました。同時にマグネシウムシリーズ2というテニスラケットの様なグリップロッドです。ブランクはノースフォーク社製のSM(低弾性)シリーズだそうです。 そしてガイドには電子レンジガイド。一番左のガイドの真ん中はグルグル回るのか?と思っていたのだが固定式だった。いろいろありますね〜
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~庄田様~ 18

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~庄田様~

前略。先日、ルアーショップ「リップラップ」店にてご挨拶させて頂きました。瀧川です。本日は琵琶湖にて「バスフィッシングガイド」業務に努めて参りました。事実上、本日が初出勤日となりました。早速、結果をリポートさせて頂きます。 ジグヘッドワッキーで春バスを狙い撃て! 一昨日に飛び込みで依頼が入り、慌てて準備しました... ボートもピカピカです。このリップラップロゴを背負うという事は責任も大きいです。同時にお客様の命も預かるという事も忘れてはならないがフィッシングガイド業務です。さて本日のゲストは大阪府守口市からお越しの庄田様。去年の夏にバスフィッシングをはじめたばかりで、まだ35センチのバスしか釣った事がないという事で40アップを釣りたいという事と、次回またレンタルボートで出船する時にどんな感じで釣りをすればいいか?といったご相談でした。今現在の琵琶湖は2馬力のレンタルボートが20艇出船で半分がオデコといった厳しい状況が続いています。 タックル紹介 自分がおすすめしたのは、これらのストレート系のジグヘッドの釣りとダウンショットの釣りでした。琵琶湖のミッドスポーン時に威力を発揮するのが、ブルーラメやグリーンラメといったブルー系のラミネーションワームです。水温が上がる10時頃まではジグヘッドワッキーなどでズル引きでボトムを狙い、水温の上昇と供にダウンショットに切り替えて浮かせて狙います。ダウンショットで重要なのがリーダーの長さで約5cm変わるだけ釣果が激変する時があります。今日は10cm程のリーダーが有効でした。 エリア紹介 本日のメインエリアです。西岸は岬の風裏を狙います。東岸は10センチ程のチビの猛攻だらけでした。 まず、ダウンショットの釣りは今日が初めてという事でしたので、キャストからラインスラッグの叩き方まで一連の動作を私と一緒に繰り返していきます。ダウンショットの釣りは私は亀山ダムにて覚えたもので、実は凄い難しい釣りです。私は5年位の習得がかかりました。ボートの釣りはどうしてもラインにテンションが掛かってしまうのが難しい所です。 今回の狙った水深は2.5m。ウィードのショルダーを魚探で探します。画像みたいな凹んだ場所がベストでした。 ここで庄田様にヒットです。小型でしたが、ククッと入り、ジャップしてバレてしまいました。なんとアワセ方を説明していなかったのです。私の責任です。すいません。 再度、動作を繰り返していきます... ズルズル...1.2.3 ズルズル...1.2.3のリズムです。次の瞬間にラインが走っています。 釣果 ロッドが絞り込まれて...初ダウンショットで初40アップ(>°))))彡)です。おめでとうございます。価値ある一本でした。やはりバイトが出始めるのが11頃です。 タイムリミットまで一時間。今度は50オーバーを狙いに水深3mラインを狙います。 すると私に48cm(>°))))彡)がヒットです。申し訳ありません... 12時までの半日ガイドでしたが、2人でバイトが20バイト位とれて、魚も5〜6本といった所です。どうしてもバイトがお昼からに集中してしまうのが、春琵琶湖の難しい所です。一応は目標は達成できて満足して頂けたのが幸いでした。庄田様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。ブラックバスと琵琶湖にも感謝です。

オーバーホール日記#13:シマノ アンタレス DC 洗浄&注油

オーバーホールで受付けしました シマノ アンタレス DC です。オーバーホールのみでの受付です。社外製のパーツがリールにセットしており、メーカーにて修理やオーバーホールを断れた方の依頼も受付可能です。 清掃&グリスアップ、各部調整で業務終了です。皆さんもリールのオーバーホールをお忘れなく。グリスの種類やドラグ強さは統べて調整できます。今回の代金は基本料金4000円でした。アンタレスのギアはメタルと樹脂が混合ですので、2年毎にギアを交換して頂きたいですね。写真の樹脂も少し摩耗しています。タックルは大切に。展開図
瀬田川へ (2015年 7月22日) ティンバーフラッシュで... 5

瀬田川へ (2015年 7月22日) ティンバーフラッシュで…

本日も16:30で仕事を〆て瀬田川へ...世間はボーナスが出て景気がいいですね〜。釣果も景気良くなって欲しい所です。 本日も10:00から雨です。梅雨空け発表は少し早すぎましたね。 2015年07月22日(水) 6時の琵琶湖水位 -3cm 現在の洗堰 全開放流 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 2.6mm 水温:24.50℃ 本日もコイツです。彼は先日のチャプター京都の時に3キロフィッシュをバラシたので、次回、ばらしたらタックルベリー行きを宣告した所です。運を運んでこないルアーは売却する派です。 釣れる気配がプンプンです。ギルっ子やバスっ子はメチャ沈んでいます。目視できないです。 4メーターラインのディープからも引っ張ってこれるのが、これらのビックベイトです。雨さえ降ってれば関係ないですね。でろ! パシャ。パチャ。引いていると...「シュパ〜ン」出たよ〜 38(>°))))彡)くらいかな〜。本気喰い。ビックベイト最高〜(笑) 君やるじゃないか〜。「ヘイ。ボス。ありやんす。へへ。」
琵琶湖プリスポーン攻略 (奥村哲史) 3

琵琶湖プリスポーン攻略 (奥村哲史)

奥村哲史プロがバレーヒル・ビートライダーのスイミングで早春の琵琶湖プリスポ­ーンバスを狙う。特徴的なロングノーズアイでウイードをかわし、ナーバスなバスを狙い­撃つ。

最新の記事

ダイワ ハートランド 8112HRB-AGS15 グリップカスタム (ロッドカスタム日記 #93)

今回は ダイワ ハートランド 8112HRB-AGS15 の エンドグリップ をショート加工します。こちらのロッドは既に他店で カスタム されたモノですが 再度の リカスタム で受付ました。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに...
error: