琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~小平様~ 00cm 8

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~小平様~ 00cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週に接近した台風15号の影 響で琵琶湖は一時的に放水されましたが、余り水中の変化はない様子でした。そして、本日よりまた放水量が 300m³/sになった琵琶湖。メインチャンネルでは浮いているボートも少なかったです。 ボートキャスティングを克服セヨ! 本日のゲスト様はリップガイドサービスご利用は初めてとなる、千葉県松戸市からお越しの小平様です。小平氏は昨日から琵琶湖で釣行を楽しんでおられたようで、最終日の本日は午前中のみ少し時間が取れたので、当サービスをご利用になられました。今回のリクエストは「テキサスで50オーバーを釣りたい!」といったリクエストでした。本日はやや荒れ気味の琵琶湖本湖でしたのでシャロー1本勝負でガイドスタートとなりました。 朝から湿った空気が流れていた琵琶湖周辺。 本日の天気は曇りでした。風もやや強めで夏の気配は、全く感じられなくなってしまった。湖上の風は体感より強く感じられた。 2015年09月02日(水) 6時の琵琶湖水位 -25cm 現在の洗堰放流量 300m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 9.4mm 水温:26.50℃ 秋の空といった琵琶湖上空は本日も貸し切り状態でした。 出発出船! 荒れ気味な琵琶湖。チャンネル周辺が釣れるのは放水が下がってからですね。 人工島に到着です。ここでテキサスのカバー撃ちです。カバーの中に入れてく暇がないので、エッジのみを撃って行きます。私が良さげなポイントは全て外して、クライアント様にはポケットを撃っていってもらいます。 が...ここで問題が発生していました。クライアント様のタックルはデジコンのカルカッタコンクエストにナイロン14ポンド。ロッドはショートロッド。3投に2投にバックラッシュ。全てが上手くかみ合いません。カバー撃ちは2.3メートル先のカバーにキャストして、水深2.0メートルのボトムでリフト&フォールするだけの釣りですが、とても難しそうでした。 結局、午前中のプランでしたのでゲスト様にはノンキーが一本釣れただけで、時間が過ぎてしまいました。私の責任でしたすいません。一日プランでしたら、午後からは沖で喰わせ系のライトリグのパターンも試したい所でしたが。次回はライトリグの「落ちパク」のエリアを用意しておきます。次回サービスさせて頂きます。私の選択しているエリアが間違っているのでは?と思っている方もおられるでしょうが... ヒット! ヒット! ヒット! ヒット! ヒット!40オーバー ヒット!40オーバー ヒット!45オーバー チビは省略します。一等地は全て外してのキャストでした。 小平様、今日はありがとうございました。次回はサービスさせて頂く事でご了承頂きました。またよろしくお願いします。また琵琶湖に来られる際にはコチラのタックル紹介もご参照お願いします。
SUNLINE NEW FC SNIPER プロトタイプ (清水 盛三) 5

最新タックルとスタイルの関係!! (並木敏成)

2016 キープキャストにて行われた並木プロによるセミナーです。以下引用、自分がバスフィッシングに求めるのはトータルパフォーマンス。それの向上、そしてそれを常に追求してるんだよね。時にはパワーフィッシング、時にはフィネスフィッシングと...
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~加納様~ 00cm 15

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~加納様~ 00cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。今週は風も強く吹き荒れて釣果も少しずつ下がっていますが、爆釣している方も多数おられました。今週からは秋本番といった所です。 本日のゲスト様は毎度、お馴染みの愛知県からお越しの加納様です。加納氏は今年から会社でゴルフの接待の規模を縮小されて、バスフィッシング接待に変更されたとの事です。今回は私のお勧めのエリアでのご案内と後半は加納氏のエリアでの釣行となりました。魚は沢山いますがアプローチが非常に難しい琵琶湖となりました。 10月の第2週に突入。シーズンもそろそろ終わりです。後は秋の荒食い祭りを待つだけですね。シーズン中は有り難うございました。 本日の天気予報。天気予報の風速は大外れ。やはり季節の変わり目は大気が不安定。本日も爆風御礼となった。 2015年10月12日(月) 6時の琵琶湖水位 -35cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 3.5mm 水温:20.50℃ 朝は巻物のタックルをセットして準備です。本日は一緒に練習して頂く為に同じロッド、リール、ルアーを全てレンタルした。 出発出船! 本日も北へ向かいます。 ウィードのエッジをシューティングで狙います。使用したリグは7グラムのヘビダン。 が...風が強くでボトムがとれません。 ですので南湖東岸へ戻ります。 ここではエバーグリーン社のDゾーンTGの1/2 oz のダブルコロラドで狙います。ケビンバンダムがターンオーバ時に多様するパターンです。水深80センチ程の所にキャストして沈めないで止め巻きです。元々はメキシコでティラピアを釣るパターンだったらしい。ブレードは4番と5番のノンハーマードが自分はベストでした。参考資料はコチラ 全く同じタックルで一緒に呼吸を合わせてキャストしていきます。 加納氏にヒットです。大きいですよ!! が...「スポ〜ン!」*写真はルアーが抜ける瞬間 加納さん。スピナーベイトもクランクも絶対アワセてください! ヒェ〜 私にもヒット!38センチ。 ヒット!40センチ ヒット! ヒット! チビもヒット! 午後からは加納氏リクエストのエリアへ移動ですが... ここでタイムアップとなり、本日は終了です。バイトは無数だが、触れる魚は40アップが数本といった今週のリップラップガイドサービスの釣果でした。今回はワンバイトワンフィッシュをバラさせてしまった結果となりました。今後の反省点となりました。すいません。情報は知識にあらず。加納様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。 »ベイトリールのサミングについて 本日の気が付いた事のひとつ。それはクライアント様がバックラッシュを連発しており、挙げ句の果てにはブレーキをマックスで使用していた。ルアーの着水もバッチャン、ボッチャン。全く同じタックルだったのでおかしいなと思って、確かめたら分かった事です。 市販のベイトリールでブレーキ設定をマックスにする設定はまずないと思います。せめて+1位がベストだと思う。ベイトリールのデザインは写真の赤枠の様に親指が乗せれるようなデザインになっており、キャスト時には親指の腹を乗せて... 指先の指紋でラインを感じれるか感じれない程度の感覚で、キャスト後のサミング操作するのが理にかなっていると思います。バックラッシュするかしないかの問題ではなく、シャローでキャスティングする際にはルアーの着水をコントロールするのに必要なアクションです。シャローで生息しているバスは鵜や外敵からの音に想像以上に敏感です。上手い人程、ルアーの着水が奇麗(無音)です。今後は指ブレーキ機能の搭載もよろしくです。

もっと遠くへ!! キャスティング講座!! (村上晴彦)

【バス】 BASS SPECIAL TALKSHOW 「もっと遠くへ、更にディープを」 - 村上 晴彦 - DAIWAフィッシングショーOSAKA 2015
FS 2016 オープニング対談 ~キャスティング~ (川村光大郎 x 伊藤巧 x 早野剛史) 2

FS 2016 オープニング対談 ~キャスティング~ (川村光大郎 x 伊藤巧 x 早野剛史)

横浜で行われたジャパンフィッシングショー2016。オープニングで行われた川村光大郎 x 伊藤巧 x 早野剛史プロのトークです。以下、動画より引用:いや〜。でも早野君は去年のマスターズで年間一位だよね。凄いよね。でも最近のトーナメントってレベルって高いでしょ?そういえば...

最新の記事

ベイトリール塗装リペイント (シマノ カルカッタコンクエストズ )

SHIMANO CALCUTTA CONQUEST リール塗装サービスで受付しました  シマノ カルカッタコンクスト です。今回は纏めて所有されている 巻物リール の塗装依頼を頂きました。塗装の依頼を頂ければ オーバーホール の 基本工賃 は サービスとなります。リール塗装 に関する...
error: