23.1 C
Kyoto
2024年5月27日(月)

トップウォーター

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~高様~ 55cm 13

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~高様~ 55cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業に勤めてまいりましたので報告です。6月14日。昨日より東北地方がいよいよ梅雨入り。来週からは日本全国で本格的な雨になるそうです。 浮き浮きデカバスを狙え! 本 日のゲスト様は大阪からお越しの高様です。ゲスト様とは以前に書き込みを頂いてから、連絡を頂くようになりました。本日は嫁に内緒でリップラップガイドサービスをご利用です。wife or bass. 普段はシーバスや鯛釣りをやられているそうです。今日は久々のバス釣りなので大きいのを狙いたいそうです。「私が釣り方をアレンジするのでデカバスを狙いましょう!」というプランでスタートです。 本日の琵琶湖は天気予報は当たらず。朝から南風が吹いた。 2016年6月14日(火) 6時の琵琶湖水位 -18cm 現在の洗堰放流量 150m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:23.5℃ 朝一に虹がかかる。車のトランクからポッパーを2つ用意した。 タックル紹介クライアント様のタックル紹介。今回はピクシーをメインに使用して頂いた。 今日はよろしくお願いします。 朝一はポッパーで勝負をしてみた。 使用したルアーはジャッカル社のエスケーポップ グランデ。琵琶湖で良く釣れます。トランペットの様に鳴る場所ならぬ、釣れる音があるので挑戦してみてください。「ペッペッ」とか「ピョォピョォ」です。 ペッ!ペッ!とやっていると「バコ〜ン」とサメみたいなバイトです。 55cm!! (>°))))彡) 私にもヒットです。 このサイズが沢山! (>°))))彡) デカバスを狙いましょう!という事で嫁に内緒でオロシモへ移動します。 エビ藻をテキサスで狙います。「ドガ〜」とラインが走ります。 51cm!! (>°))))彡) 嫁に内緒パワーは半端ないです!!...
津風呂湖で表層ピクピク入門!! (松本猛司) 3

津風呂湖で表層ピクピク入門!! (松本猛司)

人気の無料動画サイト「APS TV」より... THE STRONG POWER BAIT Vol.96が公開された。今回は王道のパターン「表層ピクピク」のパターンに迫る。
三原流 表層テクニック披露!! (三原直之) 3

三原流 表層テクニック披露!! (三原直之)

ジャパンスーパーバスクラシック2015で大逆転優勝をかざった三原直之の池原攻略に­完全密着!クラシックで7㌔近いウエイトを単日で釣りあげた、その妙技に迫る!大会後­直後のフィールドを舞台にクローラーベイト&サイトテクを駆使して巨バスを鬼連打!独­特の感性と、ハイプレフィールドで磨きあげられた進化する才能をとくとご覧あれ!

ナマズ用ルアー”ポンパドールJr.” (ジャッカル)

ポンパドールとは?・・・トップウォータープラグの醍醐味を余すところなく体感できる超実践型ノイジー。それが”ポンパドール”です。レイダウンやオーバーハングが入り組む、複雑なシュチュエ―ションの攻略に、タックルボックスから外すことのできない程高い実釣能力を備えつつも、ルアーフィッシング本来のドキドキ感を極限にまで高めるために生まれました。クロールアクションを開始するスピードを目安に、ストップ&ゴーを織り交ぜたリトリーブを実行するだけでビックバスに抜群のインパクトを与えます。
野池をアイアンマウスで攻略!! (穂崎裕太) 3

野池をアイアンマウスで攻略!! (穂崎裕太)

アイアンマウス・・・極薄軽量金属だから成せるキレのあるドッグウォークアクション、そして厚み0.3mmのシャープなエッジと三日月ホールによって、水流を薄く掻き分けると同時に水に空気をはらませる為、前例の無い細かいスプラッシュとスプラッシュ音を発生させます。ボディ全体で水面皮膜を削ぐような連続的な首振りアクションと金属カップが織り成すスプラッシュにより、水面で逃げ惑うベイトフィニッシュを忠実に再現する事に成功しました。そして、一世を風靡したペンシルベイト「タライロン」に採用しているクラッカーボールシステムをアイアンマウスにも採用し、タライロンのように常に金属ボール同士が接触するのではなくランダムに接触するようにリファイン、ソフトな金属サウンドを発生させます。 関連tweet: https://twitter.com/yutahosaki/status/618254735942877185
琵琶湖トップウォーターゲームのトレンド!! (森田哲広)

琵琶湖トップウォーターゲームのトレンド!! (森田哲広)

記事元:琵琶湖トップウォーターゲームのトレンド!! (森田哲広)

24分以内に読まれた記事

6755645