ワーム

こちらのカテゴリーは「ワーム&ソフトベイト」についてまとめてあります。

ビッフルバグ ワーム 紹介写真

お気に入りワームの紹介 ~ビッフルバグ~

今回のおすすめのワームは ジーンラルー社 ビッフルバグ です。自分が バカにしていたワームでしたが、使ってみてビックリしたワームなので 記事にしておきます。このワームは米国バスプロのTommy Biffle によってリリースされたモノです。日本では全く売れていません。理由はカッコ悪いからだと思います。実はこのワームは2010年のFort Gibson 優勝しており賞金は日本円で 約1500万円 程獲得させた ウィニングルアーです。 この様に 寄せ集めの様なシルエットです。ボディはスウィートビーバーらしく。 フロントの...
オススメワーム:ピットボス (バークレー) 4

お気に入りワーム:ピットボス (バークレー)

デタラメでは無く 狙って作られてる 私がプライベートの釣行で愛用しているワームを紹介します。それは「Berkley」の「Pitboss」ワーム。これはスキートリースのプロデュースしたワームです。数年前から日本国内で販売されてますね。米国では毎年、ニューカラーがリリースされてます。上記は日本未入荷のモノ。カラーは「Perfection=完璧」という名前が付いてます。一昨年、発売されたカラーです。それで お気に入りなカラーが、パーフェクションブルーフレックといいます。カラーはツートンなんです。そうですね!ザリガニとギル/魚と甲殻類 を足したカラーなんです。フィールドでバスが何を補食しているか分からない時に非常に便利です。この芸術的な色の配合といいバランスといい、とても素晴らしいワームです。釣れるワームは自分へのオマジナイって事もありますしね。 このハボックのピットボスは、偶然かと思ったら、左手だけボディに当たる様に設計されてるようです。後ろ足とテールが絡んでバランスを失わさせる仕組みのようです。よ〜く見ると左右非線対称なんです。片方のパーツ2点だけ1mm程大きいんです。ハードベイトでいう エラティカル アクション (不意な動き) を作り出してるんです。を水中で見ると本当に生きているような動きです。もの凄く絶妙なバランスで「凄いな〜」と思います。さすが本場ですね。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~島田様~ 57cm

リッ プラップガイドサービスの 瀧川です。本日は 琵琶湖で ガイド業を 行ってきましたので リポートです。2018年のゴールデンウィーク前半は 晴天無風な 釣り日和が続くのに対して、後半は悪天候が続きました。今年は 釣れているエリア と 釣れていないエリア がはっきりしている琵琶湖だと思います。 琵琶湖の チャンネルライン...
川村流ワーム収納方法!! (川村光大郎) 3

川村流ワーム収納方法!! (川村光大郎)

川村光大郎プロフィール・・・バスフィッシングを始めたのは7歳。いとこが持っていた、ルアーの恰好良さに惹かれた。以来陸っぱりのバスフィッシング一筋28年。ホームグラウンドの霞ヶ浦を中心に、日本全国の川や湖を釣り歩いている。爽やかなルックスと明るい性格から、「陸っぱりのプリンス」と呼ばれている。
オススメワーム:ハイパーフリーク (レイクフォーク) 5

お気に入りワーム:ハイパーフリーク (レイクフォーク)

本日のお気に入りのワームは「Lake Fork」からリリースされている。Hyper Freak(ハイパーフリーク=すんげぇヤツ)です。これは主にカバー撃ちに使っています。4.5inchと3.5inchがリリースされています。私は小さい方を好んで使用しています。5gと7gのテキサスで激シブの時に使用しています。バイトはワームが倒れ込み、地面を叩き付ける時に集中してます。この叩き付けが、絶妙にバイトを誘発するようです。ご存知かと思いますが、世には沢山のパドル系ホグワームがリリースされています。が、しかし、これらのパドルワームの成形は、ただパドルをボディに付ければ、いいという訳ではなさそうです。このワームは鼻からパドルまでに、45℃程のサスペンションとも言えるような、キャンバー角が付けられているんです。つまり、わざとボトムを叩き付けれるようになっている。丁度、ハリセンで殴るような感じです。素材も絶妙なマテリアルの配合バランスだと思えます。このバランスが無いと、ただのタヌキの金玉のようにブラブラするだけ... (笑) また、大好きなガーリックの臭いです。オススメです。
ズーム社よりフィネスワームが復刻!! (ZOOM) 2

ズーム社よりフィネスワームが復刻!! (ZOOM)

アメリカのジョージア州に拠点を置く大手ワームメーカー「ZOOM=ZBC」より新しいワームが発表されました。正確にはリバイバルのフィネスワームです。ズーム社では40年以上前から発売されているロングセラー"クラシック"。その名も「Z-3 finesse worm」3重層のハンドポワードのフィネスワームとなる。*従来のフィネスワームは「インジェクション=噴射製法」今回はZ社はじまって依頼の「ハンドポワード製法=手流製法」とな る。Z社の記事によるとこれらのワームはスレバスに効くらしい。そしてこのハンドポワードの「Garage Pours=ヘタクソ製法」を維持するのにえらく努力したらしい。カラーは3色「Prizm Shad, Sexy Shad and Morning Dawn」のみの発表。次のエリートシリーズ実践投入されるようで、まだ詳細は明らかにされていません。  Zoom Bait Company announces...

最新の記事

西の湖へ (7月11日) チャプター第2戦プリプラクティス

本日は明日 開催される NBCチャプター西の湖 第2戦 07/12 (日) ISM CUP に参戦するために 正午まで湖上調査へ。チャプターとは JB/NBC が開催している オフィシャル のバスフィッシングの大会トーナメントで...

2019086

error: