ワーム

こちらのカテゴリーは「ワーム&ソフトベイト」についてまとめてあります。

三原流 表層テクニック披露!! (三原直之) 3

三原流 表層テクニック披露!! (三原直之)

ジャパンスーパーバスクラシック2015で大逆転優勝をかざった三原直之の池原攻略に­完全密着!クラシックで7㌔近いウエイトを単日で釣りあげた、その妙技に迫る!大会後­直後のフィールドを舞台にクローラーベイト&サイトテクを駆使して巨バスを鬼連打!独­特の感性と、ハイプレフィールドで磨きあげられた進化する才能をとくとご覧あれ!
ドライブカーリー実釣動画!!  (川村光太郎) 4

ドライブカーリー実釣動画!! (川村光太郎)

ドライブカーリーとは?・・・形状を吟味したツインカーリー。テール同士が複雑に ジャレあうような独自のアクションは、シングルカーリーには出せない別格の艶めかしさ。ライブリーに躍動するボディのクネリと相まって、唯一無二のシェイ キングアクションを生み出した。これまでのカーリーテールワームとは一線を画す多彩なアクションが、アングラーにさら なるバイトをもたらす。
ジャッカルのホッグ系ワーム"アーケロン"が公開!! (小野敏郎) 1

ジャッカルのホッグ系ワーム”アーケロン”が公開!! (小野敏郎)

アーケロンとは?・・・複雑に入り組んだカバーもすり抜け、バイトまで持ち込ませる力のある、対カバー用ホッグとして開発されたワームがアーケロンです。カバーへのすり抜け性能に特にこだわり、カバーへ入っていく方向に対して妨げとなるパーツの一切は排除。ウィードマットやリーズなど、リグを打ち込むのが難しい場所へも難なくすり抜けていきバスにアピールします。今回はプロトワームを小野プロが解説。
バークレー パワーベイト マックスセント写真

次なる臭いワーム “マックスセント” 登場 (バークレイ)

去年の ICAST2017 にてデビューした バークレー社 からの新製品 パワーベイト・マックスセント シリーズ のワーム。これは バークレー社 の持ち味である "ワームに臭いを付ける" といったモノ。過去にも バイオソルトシリーズ や...
ポップシャッド "ポッパー型ワーム" (Z-Man) 8

ポップシャッド “ポッパー型ワーム” (Z-Man)

ソフト素材のポッパー新発売 アメリカのオーランドのICAST2014にて、デイビッドウォーカー氏によって紹介された新作ルアー「Z-MAN社 ポップシャッド」(Z-MAN社はUSのバスルアー業界にチャターベイトをドミネートした会社で要注目なブランド)これはワーム型のポッパーでどこにでもありそうなワームですが、ネットインプレですとかなりの高評価でした。同時に米サイトの記事も少し紹介します。自分も少しオーダーをかけてみました。 まず全体的なフォルムはサイドのフィンがスタビライザーの役目を果たし、逆テーパーになっているテールがトゥイッチ時に水面を押し上げて逃げ惑うベイトを演出できるらしい。またボディはZ社の特殊なプラスチック製造法で4/0(よんぜろ)フックをセットしてもしっかりとホールドが可能らしい。場合によっては6/0(ろくぜろ)でも可能らしい。テスターの記事によると20尾のバスを釣っても身切れ等のトラブルがないそうだ。正しく漁具に近いルアーといった印象だ。©Z-Man Essentially, the Pop Shadz are meant to be rigged on an worm...

最新の記事

ダイワ ハートランド 8112HRB-AGS15 グリップカスタム (ロッドカスタム日記 #93)

今回は ダイワ ハートランド 8112HRB-AGS15 の エンドグリップ をショート加工します。こちらのロッドは既に他店で カスタム されたモノですが 再度の リカスタム で受付ました。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに...
error: