ロッドリペア修理&カスタム日記

ロッドリペア修理&カスタム日記

このカテゴリーでは「ロッド修理&カスタム」の業務を記録していきます。

コルクグリップのメンテナンス修理方法 (ロッドカスタム) 17

コルクグリップのメンテナンス修理方法 (ロッドカスタム)

シーズンもそろそろ終わりですね。オフシーズン中にやっておきたいのが、ロッドグリップのメンテナンス。今回はコルクグリップのメンテナンスの紹介です。全ては参考資料までとし自己責任で回覧ください。SEO対策として残しておきます。 ロッドのコルクグリップのメンテナンス 今回の修理するロッドグリップの拡大写真です。このロッドで約2年使用です。雨に濡れて風に吹かれ、絵の様にはコルクの形成層が表面に波うってます。またコルクの目抜けもあります。これをメンテナンスします。ロッドを握った時に凄く違和感があります。 用意するのは 空研ぎサンドペーパー #400 です。 研磨用スポンジも用意します。無い方は台所用のスポンジでいいと思います。用意したサンドペーパーをスポンジサイズに切ります。*ちなみにこの写真で仕様しているのが、3M社製のスポンジです。スポンジの硬度も選べ非常に便利です。 次に各パーツにマスキングをします。細かいキズが付くのを防ぐ為です。 次に研ぎます。必ず一方 方向へ「シュ、シュ」と擦ります。ほうきで床をはくイメージです。ここでネチネチやるとコルクが目崩れします。音が無くなる程度で良いです。後は目で確かめましょう! 終わったら、ウェットティッシュで拭きます。 次に目抜けの修理をします。 用意するのは歯ブラシとコルク用のパテ。ロッドの修理屋さんで購入できます。今回はジャストエース社製のモノを使用です。代用品は沢山あります。 そして次に目抜けの部分にブラッシングします。中からゴミやカスを出します。軽く擦って頂ければOKです。 そして先程のパテをマイナスドライバーや小型スクレーバーにとります。パテに水分が溜まっている場合(ビシャビシャの時)は少しティッシュなどにおきましょう。ピーナッツバター位の粘度がベストです。 そしてギュッと詰め込みます。 完成です。この目抜け用のパテはコルクグリップ全体に塗る人もいますが、今回は手の腹に当たる場所だけが、気になったので部分的に施しました。各自のお好みでどうぞ! 今回は2本やりました。なんといっても握った感覚がとてもいい感じに戻ります。魚を掛けたくなる気分が戻ってきますよ。修理カスタムの申し込みは こちら からお願いします。
ワイルドサイド

レジットデザイン ワイルドサイド WSC 72H+ グリップ改造 (ロッドカスタム日記 #86)

今回は レジットデザイン ワイルドサイド WSC 72H+ のグリップ延長カスタムをします。グリップの長さや格好は色々とあります。最近の傾向は ロングキャスト重視 の方はエクステンドカスタム、ショートキャスト重視 の方はショートカットカスタム が主流です。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに カスタム 致します。 バスロッドの...
ロッドのEVAグリップをコルクにカスタムする写真

ダイワ BL-772HXHFB をコルクグリップ へ改造する (ロッドカスタム日記 #22)

今回は ダイワ ブラックレーベル 772HXHFB をコルクグリップ へ改造します。ロッドのグリップ素材、EVAからコルクへ変更です。リップラップ ロッドカスタムでは グリップの延長から カット。そして セパレートグリップへの改造等々 なんでも理想を形にします。 ロッドの グリップは 自由自在に カスタム可能です。 今回はグリップのメイン部分のみをコルクへ変更。そしてエンド部分は...
EG社 テムジン ブラッシュスティンガー補修日記 写真

エバーグリーン TMJS-66ML のコルクグリップ 張り替え (ロッドカスタム日記 #23)

今回は エバーグリーン社 テムジン ブラッシュスティンガー TMJS-66ML の コルクグリップを 貼り替えます。全体的に かなり使用してある状態で グリップが 朽ちてきてしまっている 様子でした。 コルクグリップの 補修メンテ お任せください。 まずは...
ウィン フィッシング グリップにカスタム...交換方法 14

ウィン フィッシング グリップにカスタム…交換方法

先月の フィッシングショー にて出展されていた winn Grips社。最近では MHX社 や KISTLER社 がオリジナルで OEM製品 をリリースしているようです。自分のパンチング用ロッドにひとつ試しで付けてみようと思います。グリップ力 が上がれば 7フィート 異常のロッドでも更なるフッキング力...

ビックベイト用ロッドのバランサー加工改造 (ロッドカスタム日記 #44)

今回は ビックベイト用ロッド のバランス調整改造をします。グリップエンド部にウェイトを挿入させて、ロッドの先重り感を無くす(調整)します。ロッドに対する感覚や好みは人それぞれ リクエストには成るべく対応致します。 アジングからジギングロッドまで改造は お任せください。 まずは 全体的なリクエストを紙面に起こします。大凡は既に膨大な過去のデータがあるので、照らし合わせて平均値を出します。*遠方の方は動画等でリクエストを撮影して、添付して頂いても可能です。迅速に対応致します。 まずはエンドグリップを抜きます。これらのカスタム後は メーカーの免責保証は適用されません。自己責任でお願いします。 スポットとな 今回は+20グラムのバランサーを入れる事になりました。パイプの中にウェイトを挿入しても ガタが出ないように調整します。ただ入れればいいと 言う訳ではないのが、難しい所です。 あとは接着を施して完成です。今回の代金は 部材込みで 約4000円 前後 となります。エンドグリップが抜けない場合は 破壊させなければならない事がありますのでご理解ください。ロッドの修理...

最新の記事

テクナGP TAV-GP 64S ULJ ミドストSP グリップ修理 (ロッドカスタム日記 #104)

今回は テクナGP TAV-GP 64S ULJ ミッドストローリングスペシャル の修理をします。写真の様に フォアグリップ のトップ部分が取れてしまったそうです。リールを締める際に ボキッ と良くある破損です。ムサシロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに カスタム修理...

2136265

error: