ロッドリペア修理&カスタム日記

このカテゴリーでは「ロッド修理&カスタム」の業務を記録していきます。

ロッドのトップガイドを新品に交換方法 (ロッドカスタム) 59

ロッドのトップガイドを新品に交換方法 (ロッドカスタム)

ロッドのトップガイドを新品に交換する 今回はバスロッドのトップガイドを交換します。トップガイドを壊したり破損した方は簡単に直せます。ただ初期工具費用が掛かるので数本でしたら、お店に依頼した方がお得です。またロッドのカスタムは大切なロッドを破損する可能性もあるので、心配な方は依頼した方がいいでしょう。全ては参考資料までとし自己責任で回覧ください。SEO対策として残しておきます。 古いガイドを抜く まずトップガイドを抜く作業です。ガイドの背中の部分を1秒間程ライター炙り、糊を飛ばします。ここで長く炙ると熱でブランクが曲ってしまいます。必ずブランクには間接的に熱を伝導させてください。糊は直ぐに飛びます。全ての作業は力はいれず、刃は立てずにやさしく丁寧にゆっくりが原則です。 次にペンチで「スポッ」と抜きます。 次に残りのスレッドの表面を炙ります。1秒間程で「ジュッ」と焦げる程度で良いです。 写真の様にヒゲを探します。そしてクルクルと古いスレッドを引き抜きます。 剥けました。こんな感じで残り後があります。 再度に残りのスレッドの表面を炙ります。 次にアセトンで吹きます。アセトンは女性がマネキュアを剥がす時に使用している溶剤です。うまくやってください。 新しいガイドを付ける 次にブランクの径を計ります。ノギスで少し「ギュッ」と押さえた次の瞬間が径です。 そしてガイドを選別します。ガイドはアメリカ製や日本製等々、無限にあります。フジのトップガイドリストはコチラ ちなみに自分は琵琶湖でテストしたデータを取っています。ガイドを大きくしたらどうなるか?小さくしたら感度はどうなるか?とか...あのサイズでバレたけど何故か?とかいろいろ記してあります。例としてシェイクするロッドのガイド径は大きめ。巻きモノの直進性を高めるならば小さめ... 次にガイドの取り付けをします。用意するものは、アルコールランプとホットグルーです。ホットグルーを使わない方も多数います。*ホットグルーとはロウソクのロウのような材質でガイドとブランクの隙間を埋める接着剤です。温度や湿度に関係なく体積が変わらない接着材です。 スポッ! 炙り〜の! 塗り〜の。 次にブランクとガイドを1秒間程、同時に炙ります。 ブチュ!冷ませば固まります。下のはみ出したグルーは取り除きます。 ガイドにスレッドを巻く いよいよ巻きます。フジのハンドラッパーを使用すると便利です。フジのカタログに巻き方が詳しく書かれています。 クルクル。マキマキ。 終わりです。5分程で完了!慣らします。 いよいよコーティングに移ります。用意するものはフジのフィニッシングモーターとエポキシ溶剤と筆です。エポキシ溶剤はいろいろなメーカーからリリースされていますが、アメリカ製の FLEX COAT UV LIGHT がお勧めです。とにかく被りません。 塗ります。 こんな感じで気泡だらけになります。 ここでアルコールランプを使用して、気泡を飛ばします。火を通すのみで気泡が飛ばせます。アルコールランプの燃焼温度はライターの火より低く溶剤が燃え難いです。 奇麗に出来ました。 これ重要です。残りの溶剤をガムテープの上などに塗っておきましょう。天候や湿度、温度で溶剤の乾燥する時間が全く違いますので確認用になります。
G.Loomis スピニング SJR 721 GLX トップガイド修理写真

G.Loomis スピニング SJR 721 GLX トップガイド修理 (ロッドカスタム日記 #65)

今回は G.Loomis クラシックスピニング SJR 721 GLX のガイドを修理します。クライアント様は ロッド を踏んでしまい ガイド を曲げてしまった様子です。ガイドは使い手が知らないうちに 曲がったり割れたりしてしまいます。リップラップロッド リペア&カスタムズ では...
レジットデザイン WSC72M ガイド修理写真

レジットデザイン ワイルドサイド ガイド交換 (ロッドカスタム日記 #53)

今回は レジットデザイン ワイルドサイド WSC72M ティップセクションのガイドを交換します。写真では解り難いですが、ガイドが曲がってしまい グラついており新品に交換を希望との事でした。リップラップロッド リペア&カスタムズ では 数十種類のガイドの在庫が 常時あります。 バスロッドの ガイド交換チューンは お任せください。 今回の使用するガイドです。フジ工業製 PKTSG 5.5...
ノリーズ ハードベイトスペシャル HB640ML 修理写真

ノリーズ ハードベイトスペシャル HB640ML ガイド修理 (ロッドカスタム日記 #76)

今回は ノリーズ ハードベイトスペシャル HB640ML の修理をします。写真の様に リングがガイドから外れてしまった様子。リングが外れてしまった場合は 新品のガイドに交換となります。リップラップロッド リペア&カスタムズ では あなたのロッドを希望通りに カスタム 致します。 バスロッドの ガイド修理 は お任せください。 まずはスレッドを剥きます。 今回の使用するスレッド2色です。これらの...
シマノ コンクエスト Gルーミス ガイド交換写真

シマノ コンクエスト Gルーミス ガイド交換 (ロッドカスタム日記 #52)

今回は シマノ コンクエスト Gルーミス 843s SJR 第1ガイドを交換します。最近のロッドは第一ガイドに 小径のガイドが標準設定されています。第1ガイドの口径を上げる事で ラインの放出が良くなります。リップラップロッド リペア&カスタムズ では 数十種類のガイドの在庫が 常時あります。 バスロッドの ガイド交換チューンは お任せください。 まずはスレッドを剥がします。 今回の使用するガイドです。フジ工業製...
シマノ ゾディアス 172MH-G グリップ改造 写真

シマノ ゾディアス 172MH-G グリップ改造 (ロッドカスタム日記 #41)

今回は シマノ ゾディアス 172MH-G のグリップを改造します。リクエスト内容は EVAセパレートグリップ から コルクのストレートグリップへ変更。そして5cmのグリップのショート化です。グリップが短くなれば 取り回しが楽になります。逆に長くなれば 固定が楽になります。+5cmの差でも大きな違いが実感できます。 バスロッドの グリップ改造は お任せください。 まずは簡単な設計図を見ながら打ち合わせです。30cmのグリップを25cmに変更、グリップは3:7程のシェイプ加工、そしてグリップエンドには ハイカーコルク (ラバーコルク)を装着します。遠方の方は手書きでいいので...

最新の記事

琵琶湖湖上へ (4月26日) いやいやGW突入!

本日も正午まで 湖上調査 に行ってきました。年号が変わるからなのか?世間はそれ程 騒がしくない様子。それでも ゴーデンウィークはやってきます。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2019年 4月 26日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 2cm 洗堰放流量 (現在) 51m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 3.3mm 水温 16℃ 今週末は生憎な爆風nor雨予報。後半はガツンと晴れて欲しいね。 マリーナ到着 マリーナに到着したが、誰も居ない...営業しているのかな? 今日からまたワームを入れ替えます。魚が浮いているようで 鮎パターン なるモノを試す。 今年の ゴールデンウィーク...

1810689

error: