タグ 琵琶湖ガイド やすいはコチラ!!

タグ: 琵琶湖ガイド やすいはコチラ!!

こちらでは 琵琶湖ガイド やすい に関する記事を纏めてあります。また琵琶湖ガイド やすい に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~岡村様~

リップラップガイドの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。本湖の状況からですが、先週の日曜日から続く大雨や強風による影響でコンディションは非常に悪く一筋縄で行かない琵琶湖の状況。 ヘビダンキャストでデカバスを狙い撃て! 本日のゲスト様は名古屋市からお越しの岡村様です。事前でのお電話での打ち合わせですと、普段はウェーディングでヘビキャロでおかっぱりを楽しんでいるとの事。今回のお題は「ギル系のビックベイト中心で50センチオーバーのみを狙いたい」との事でした。私もビックベイトが得意なので「是非ともスーパービックを狙いましょう!」と引き受けました。 当日の朝から風が吹き荒れています。強風です。 天気予報です。9時から風速が5メートルです。クライアント様には途中で中止になる事を了解して頂き、風裏で様子を見ながら遊漁させて頂く事になりました。 2015年06月27日(土) 6時の琵琶湖水位 -11cm 現在の洗堰放流量 150m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 3.2mm   タックル紹介 本日のクライアント様のタックルの紹介です。まずはデプスのブルシューターJrを3つ。そしてロッドはメインにバレーヒル ブラックスケールXP。リールはアブ・ビックシューターをセット。そして今回は風裏で釣りをする為にベイトフィネスタックルの ダイワ・エアエッジ ベイトフィネスをセットです。ちなみにベイトフィネスタックルは本日用に新調したものです。「瀧川さん。このロッドに入魂させてください!」とプレッシャーが掛かります。 私がセットしたルアーはジャッカルのガンタレル。カラーはロゼレッドです。ブルーギルって手に取ってみるととても奇麗なフラッシングを醸し出しています。 出港です。ザブザブです。 本湖に来ましたが人が誰もいません。本日は土曜日です... 思った以上に荒れており、少し風裏のシャローの移動しながらの釣行です。 木ノ浜のシャローに移動しました。 とりあえず、ビックベイトで私が一本50オーバーを掛けるも、掛けたあとに途中の取り込みでバラシしまった!...痛い... ブルシューターでウィードのエッドやストラクチャーの陰を狙います。ここで私が「風裏でベイトフィネスで少しやってみましょうか?」と提案します。 岡村様は容量もよくキャストが決まります。と...次の瞬間ラインが走ります! ギュンギュンラインが鳴ってます。事実上、爆風悪天候の中での貴重なビックバイトです! 「あかん!ドラッグが緩んでおる...」ジリジリ... ウ〜! また走ります! あ〜!この時点で3分弱が経過です。 ネット!ネット!手が震えてネットが掴めません。歓喜の笑顔です。まだ油断してはダメですよ!(笑) 50オーバーかと思いましたが、46センチ(>°))))彡)のバスでした。ニューロッドに入魂完了です。 この後は雨が降ったりと最悪な釣り日和となりました。岡村様、本日はありがとうございました。また天気の良い日に一緒に湖に出ましょう!また宜しくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~川様~

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~川様~ 1
リップラップガイドの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。本湖の状況からですが、前々日に滋賀県全域で80m程の大雨が降り本湖周辺が釣りにくい状況でした。フロッグゲームでの展開は出来ない状態でした。 アメザリクランクパターンでデカバスを狙い撃て! 本日のゲスト様は大阪市北区からの川様です。淀川から近くの所に住んでいるそうです。事前のメールのやりとりですとボートでの釣りは初めてで、バス釣りも3年ぶりくらいに再開したとの事です。釣り堀ではなく天然のバスを釣ってみたいという事でした。またクランクなどが好きという事でしたのでシャローで展開を見てみますか?と提案させて頂きました。 朝は6:45に大津駅で待ち合わせです。(リップラップガイドサービスでは最寄りの駅やバス停までは送迎は可能です。)時間通りにクライアント様が訪れてマリーナに向かいます。 本日の天気です。風が1メートル程で天気も良く、釣り日和です。 2015年06月24日(水) 6時の琵琶湖水位 -19cm 現在の洗堰放流量 150m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm   タックル紹介 ここでクライアントの川様が持ち込んだタックルの紹介です。上から... シマノ・ゾディアス(2ピース)とダイワ・ジリオン、サンライン ダイワ・エアーエッジ(2ピース)、ダイワ・ルビアス、サンライン リョービー・イクシオーネ、ロッド・ダイワ FM 6101LFB、サンライン(私レンタル) このイクシオーナというリールは今から15年程前に初めて買ったリールだそうです。また2ピースロッドも近年は、本当にいいものが発売されておりびっくりもしました。 そして今回の「アメザリ軍団」です。左上から時計回りに... エバーグリーン・ワイルドハンチSR アイマ・フラットシェイカー ストライクキング・KVD 1.5 (私リペイント) ケイテック・クレイジーフラッパー 3.6 (ヘビダンで使用) ラッキークラフト・RC 1.5 (私リペイント) ストライクキング・KVD 1.5 (ホットチリ) 兎に角、シャローのデカバスを狙い撃ってドラマ魚を手にして欲しいものです。シャローのアメザリパターンは水温が28度位からハマります。こんなにアメリカっぽいワイルドなバスフィッシングが展開できるのも琵琶湖東岸ならではです。このルアーをご覧になり唸っている方も多いかと思います。 出港です。狙うはビックフィッシュです。 まずは人工島の内部のヒシ藻などにクランクを絡めていきます。 まずは小さいですが一本ゲットです。 赤野井周辺へ移動です。 今回の特別なスタイル「タイタニック釣法」です。ゲスト様に船首に立って頂き、私がエレキを踏みます。シャローの釣りは圧倒的にフロントの方が有利です。男2人ですけどね... ここでゲスト様にあたりですが、取り込み中にばらしてしまいました。 今度は下物方面に移動です。 狙うはイクシオーネで釣るイクシーバスです。グリグリ巻きます。テンポをしっかりと合わせていきます。15年前のリールで40オーバーが釣れるか? やっとでました!イクシー 40オーバーです。(>°))))彡) 一瞬50オーバーか?!と思いましたが...久々にしびれた魚でした。川様、本日はありがとうございました。また宜しくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~松尾様~

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~松尾様~ 9
リップラップガイドの瀧川です。昨日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。本湖の状況からですが、前日まで結構な雨が降っており、水温が4度程低下した様子でした。ただ比較的にボトム系のリグで良型が釣れている状態でした。 ビックベイトでデカバスを狙い撃て! 本日のゲスト様は福岡県からお越しの松尾様です。なんと九州から遠路遥々、10時間もかけて琵琶湖においでくださいました。普段、九州では水路(クリーク)でのビックベイトで大型を狙っているとの事です。琵琶湖でもスーパービックを狙ってみたいという事で、事前にメールで段取りをさせていただきました。今回、狙うのは小さな魚より大きな夢です。 天気はあいにくの西北西の3メートルの荒れの模様。せっかく九州から来られたのですが、ゲスト様の安全を考慮して午前中で早上がりさせて頂く事を前提で、出船させて頂きました。   タックル紹介 今回のゲスト様のタックルの紹介です。スーパービック狙いの5本です。とにかく「60=ろくまる」を釣りたいという事でスピニングは使用していないとの事です。まずは インスピラーレ・スーパースタリオン・レボIB5 ラバージグをセットしたもの。 そして、インスピラーレ・スタリオンDG・レボCB これにノーシンカーの8インチをセット。喰わせ系です。そして右に見えるのが、deez 70H・レボMGXに巻きジグ。 そして、小森プロのステュディオス・69L・レボLTZ これにはジャンボネコをセットです。 そして持参したのが、ビックベイトボックスです。バスロイド、ブルシューター、ティンバーフラッシュ等々のデカバス専用です。 まず開始早々。何故か?南風が吹き荒れます。 とりあえずは、湖の状況を知って頂く為にネコリグで釣って頂く事にしました。早速ヒットです。(>°))))彡) バスの口から沢山の鮎が出て来ました。結構、小さいのを食べています。 ゲスト様の仕様しているステュディオス・69L(ベイトフィネス)です。グリップが特徴でシェイク用に出来ています。素材もラバーコーティングされていてフィーリングも良いです。ベイトフィネスは遠征される方やおカッパリのアングラーには本当に便利なアイテムですね。 開始、2時間でババ荒れです。ボートもザブザブで少し酔ってきてしまったので、一旦マリーナに戻って様子を見ます。 お昼まで待機して少し風が治まってきたので、取水塔にビックベイトを試しにいきます。それでも風が北西で強いです。本日は私が操船でゲスト様には後ろに座って頂くスタイルで周ります。 再度、雄琴沖に移動です。 観測所の柱をラバージグで撃ちに来ました。 ブルフラットのテキサスで撃ちます。ホールでドデカイのを狙います。 荒れてますが、上手く撃っていきます。 ここで「コンッ」というアタリが一回ありました。 ここでタイムアウトとなってしまいました。また次回、ビックフィッシュオンリー狙いで天気の良い日にお会い出来たら嬉しいです。松尾様。本日はありがとうございました。 P.S 松尾様からおみやげを頂きました。筑紫もち!この場を借りて再度、お礼を申しあげます。瀧川

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~竹中様~

みなさんこんにちは。昨日はリップラップガイド業の方に勤めて参りましたので報告です。本日のゲスト様は前回、ご利用頂いたタケナカ様から再度のご依頼です。琵琶湖オープンに参加されたいとの事で一緒に参戦しながら琵琶湖を回るプランとなりました。 ヘビキャロでデカバスを狙い撃て! 竹中様 当日の天気予報はお昼頃からの風速が北北西3mの風速予報。3メートルの風速ですと本湖は荒れてしまい、ボートでは釣りができなくなってしまいます。そこで私が提案したプランは午前中の10時頃まで、本湖西岸のチャンネルラインでヘビキャロ。そして風が吹いたタイミングで東岸or西岸の風裏でジカリグで撃つといったプランです。 初めて琵琶湖のトーナメントに参加する場合は、お知り合いのかたやガイドさんに頼むのがおすすめです。理由はスローダウン規制の場所や桟橋がボート等で混み合いますし、それなりの一連の流れを覚えて頂いた方が、より楽しくトーナメントを楽しめるからです。また参加するにあたっては保険加入も必要になってきます。私達は、当日はマリーナフレンズからエントリーをする事にしました。 今回のご案内したマップとポイント。1番は会場。2番は琵琶湖マリン南沖の2.5m-3.0m。3番は東岸の風裏。4番は西岸の風裏(ジャッカルロッジ前)*東から西、西から東への大移動プランとなった。 いよいよスタートです。琵琶湖オープンは7時に各マリーナからスタートして、13時に会場のアークロイヤルに帰着となる。3本の総重量でキーパーは30センチ。帰着時にはこのエントリーカードを提出連絡するルールとなっている。 朝一のポイントに到着です。ここではウィードの上に乗っている大型のバスをヘビキャロやジグヘッドでゆっくり狙う作戦です。釣れれば大きいです。 開始早々、ゲストの竹中様にヒットです。結構、大きいです。 使ったリグはコチラ。デプスのデスアダー5インチのプロブルーの7グラムのヘビキャロです。 開始2時間で風が強くなってきてしまい、湖上ではボートが操船するのが不可能な程の爆風状態。風裏に逃げます。 ここで使用するのがバークレーパワーホグの3.5インチ。リグはパンチショットで、ヒシ藻を撃っていきます。 こんな場所をゆっくり丁寧に狙います。入れてフリーフォールさせて、上げてシェイクを繰り返します。どちらにしても本湖では釣りができない状態です。 こんな所も狙います。しっかりカバーに入れていきます。釣れれば大きいです。 帰着出発まで5分となり、ここで竹中様にヒットです。魚が見えましたが、再度、ヒシ藻の中に潜ってしまっているようです。40オーバーです。「僕が取りますのでロッドのテンションを緩めないでください!」とラインを手繰っていくと、なんと藻化けです。ヒシ藻のツルはエンジンに巻き付いて取れない程の強硬ですのでフルフッキングが必要です。 ヒットルアーはO.S.P社ドライブシュリンプ4.8インチのパンチショットでした。 ここでマリーナに到着です。会場ではいろいろな展示会もやっております。今回はスズキマリンカップですので、最新のスズキのエンジンが展示されていました。またいろいろな方も参加されているので、大会に参加してお話してみる事もいい事だと思います。釣り人の輪も広がりますしね。 桟橋では横にクランカー木村プロと同駐艇となり、いろいろとお話させて頂きました。クランクベイト専用のロッドを何機種か製作中との事です。ビッククランク専用のロッドも拝見させて頂きました。 そして優勝された方は6900グラムと驚異的なウェイトでした。(55センチを3本)その他にも抽選会やジャンケン大会もありました。ゲスト様にはTシャツがアタリました。 そして大会が終了して、「会場周辺で少しでやってみますか?」とネコリグで探ってみると、40オーバー(>°))))彡)をキャッチです。タケナカ様。お疲れ様でした。またよろしくお願いします。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~庄田様~

リップラップガイドの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。本湖の南湖の状況からですが、南半分はスポーニングは終盤の模様。水温は人工島で24度、そして小ノ浜で20度。例年より比較的、鮎が多い様な気がします。 ノーシンカーリグに挑戦! 今回のお客さまは大阪市よりお越しの庄田様です。今月の始めにご指名頂きましたが、再度のご利用です。あれから琵琶湖マリン南店から出船し、満足いかない結果に終わったとの事です。まだバスフィッシングは始められて一年程で月に2回程の釣行との事です。釣れない事には何かしら原因があるのではないか?という事でタックルから調べて見る事にしました。   タックル紹介 今回、持ち込んで頂きましたタックルとセットしたリグの3点です。左から610MHのロッドにベイトリール14lbに10グラムのヘビキャロと長めのリーダーにゲーリーグラブ。中央はミィディアムアクションのスピニングロッドにセンコー3インチに2.2グラムのダウンショット。右はライトアクションのロッドにゲーリーのカリフォルニアロールに1.8グラムのネコリグです。今回も琵琶湖マリン南店の周辺で魚を探して釣るプランでスタートしました。 先日より始まっている周辺での藻刈り作業。幸いにも本日は風向きの関係で濁りは入って来ていない様子でした。 まず、狙ったのが琵琶湖マリン南店前でのなだらかなブレイクでのヤマセンコーワッキー掛けでダウンショットでのズル引きです。水温が上がり魚が浮き始めているのでそれらの魚を狙う釣りです。 ここで凄く大きな事に気が付きます。それは「上手くボトムがとれない」という事でした。釣りたい気持ちが気負いしているようで、キャストして直ぐにベセルを起こし、シェイクしながら早く巻いてしまうという癖が付いてしまっているようでした。自分も同じ経験があるのですが、ボートで釣りをする上で、2グラム程度のシンカーでボトムを取るというテクニックは凄く難しい事です。よく雑誌などで「ボトム3年 中層10年」という言葉がありますが、本当の事だと思います。 日が昇り、バイトが得られずままマンメイドストラクチャーへのキャスティングで釣ってみましょうか? と提案させて頂き移動します。ここで使用するのが、デスアダー4インチに3.5グラムのダウンショットのリアクションで狙います。キャストしてフリーフォールで落として、聴いていく釣りです。 ここでようやく一本をゲットです。フッキングもバッチリです。(CATCH OF THE DAY) そして午後のプライムタイムとなり、再度、琵琶湖マリン南店の横のフラットに戻ってきました。一番、大型が狙える時です。写真のような少し凹んだ場所をノーシンカーで狙います。 リグはセンコー4インチのオフセットフックをセットしたものを使用。 エビ藻のエッジに隠れているバスをリフト&ホールで狙います。バイトが出るのがウィードのトップにタッチした時です。 このパターンで出る魚は殆どが50クラスです。産卵から回復中の魚がウィードの陰に隠れてベイトを補食しているようです。 ここで意外な事が判明しました。それはノー感じのリグを操作して、ウィードのトップにタッチにするという事が一番難しいという事でした。ボートの流れもあり上手く操作できません。チビは釣れるのですが、大型はウィードの奥に潜んでいます。またヘビキャロの方もベイトリールが使用出来ない為に断念せざる終えなくなりました。事実上のお手上げとなってしまいました。解決策として再度、瀬田川に来て頂き、丘から私と一緒に練習する事を提案させて頂き終了となりました。庄田様、今日は一日ありがとうございました。また宜しくお願い致します。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~佐々木様~

本日は琵琶湖にてガイド業を行ってきましたので報告です。本日のゲスト様は大阪市からお越しの佐々木様です。今年からバスフィッシングを始められたそうです。先週もビワコマリン南店からお二人で出船されて、釣果の方がチビを一本だったという事でした。最近の琵琶湖では普通の釣果だと思います。せっかく琵琶湖に遠方から、来られるのでしたら大きい魚を掛けて頂きたいのが本望です。 アフターバスをヘビダンで狙い撃て! 佐々木様 朝一のマリーナに向かう途中で、クライアント様からのメールの再確認です。まず、持ち込むロッドが3本、主にベイトリールで釣りたい。といった内容の物でした。またビワコマリン南店(ヤマハマリーナ横)の周辺でポイントを案内して欲しいといった事でした。自分は「フィッシング・インストラクター」的な立ち位置で依頼者様の相談に乗りたい心構えです。 まずは朝一はタックルの打ち合わせです。リールは7.3のベイトリールに67MHの高弾性のロッド。ラインは6ポンド。 そしてリールはスピニング2500番に60のウルトラライトのロッドです。ラインは4ポンドのナイロンライン。結局、今日はこの2本のロッドのみで出船する事になりました。 そして結ばれていたワームが6インチのヤマセンコーにジグヘッド。 朝一は連日に魚が触れていた「鮎(アユ)パターン」を試みますが、鮎が魚探に移りません。鮎が何処かに行ってしまったようです。そして鮎がいた場所には... なんと巨大ギルがネストを作っているようです。ご覧の様に3インチのワームを丸呑みする程のママギルがブレイク上のフラットにウロウロしている状態です。 ここから数時間、私と佐々木様の修行が始まります。ご存知かと思いますが、まだバスフィッシングを始められて数ヶ月のお方に「こうやって...こうやって...こう動かしましょう!」というのは本当に難しい事です。まずシャローでリグのコントロールの練習(シェイク&シェイクオフ)をします。そして意外にもギルが結構、練習に役立ってくれました。 ここである練習法のメタファーを紹介します。1984年の映画「カラテキッド」からです。ストーリーはいじめられっこのダニエルさんがミヤギ演じるPat Moritaにカラテの弟子入りをして、いじめっこを公式大会でブッとばす!といったモノ。映画の中でダニエルさんが 修行する際にミヤギさんの車のワックス塗りばかりさせられます。ミヤギは「ワックス塗る、ワックス拭き取る=WAX ON WAX OFF」の一連の動作ををダニエルさんに命令します。ある日、飽きれたダニエルさんは「ヘイ!ミヤギ。僕はもっと凄い技を教わりたいんだよ!」とミヤギさん に詰め寄ります。そしてミヤギに突然、殴られ体がかってに動く事に気付きます。そうですね。ワックスを塗る作業はカラテの型と同じ動作だったという事です。 スピニングでラインスラッグを叩いては、ウィードに掛けては、揺すってはの「シェイク・イット〜シェイク・イット・オフ」の練習を繰り返します。ここで佐々木様が「釣れなかったかったらどうしよ〜(涙)」といいますが... 私「大丈夫ですよ。終わる頃には沢山、釣れてますよ!(笑)」と言葉のやり取りが続きます。 鮎パターンが崩壊してしまったので、再度のエリアを探します。ビワコマリン南店沖の2.5m〜3.5mのウィードのフラット&ポケットを探します。 こんな所がベストです。広大な琵琶湖といえども、今現在の琵琶湖は釣れる場所はピンスポットです。 そして、最終的に私が見つけたピンスポットです。写真がポイントと魚探の映像です。ウィードのエッジです。バスが結構、映っていました。 ここでリグをチェンジです。先程の練習していたスピニングを置き、ヘビーダウンショット(ヘビダン)にします。重さは5グラムと7グラムに変更しています。ワームはブルーラメ系のストレートワームです。本日に圧倒的に良かったのが、スワンプクローラーのモエビカラーです。ダニエルさんがカラテパンチを繰り出す時です。 再度、ヘビダンで「シェイク・イット〜シェイク・イット・オフ」を繰り返します。練習の成果が出ており動作は完璧です。 次の瞬間!佐々木様にビックバイトです。ウッ〜! 釣れました!45センチ(>°))))彡) 祝!初ヘビダン&初ダウンショットフィッシュです。 私にもヒットです。 午後の時点で結構、釣れてしまい...ライブウェルが定員オーバーになってしまいました! 終了の30分前は恒例のスーパービックを狙いに船を走らせます!ここででたらデカイですよ!と..前もってお知らせしておきます。 〜シェイク・イット〜シェイク・イット・オフ〜 次の瞬間!また佐々木様にバイトです。 ありゃ〜!将来の60でした。ここでタイムアップです。結局、2人で笑いながら帰着しました。 結果です。結構、釣れましたよ!! 45cm,40cm,38cm,38cm etc...佐々木様。今日は一日有り難うございました。次回はテキサスリグで狙いに行きましょう!リップラップガイドサービスをこれからもよろしくお願いします。

最新の記事

琵琶湖湖上へ (4月19日) 魚が深いよの56cm50cm

本日は夕方から室内作業日でした。今週は リールペイント のオーダーを沢山頂きました。ありがとうございます。朝は4:00に起床して 正午まで湖上調査へいってきました。 天気予報 ・雨量・放水量 日時 2019年 4月 19日 (金曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 4cm 洗堰放流量 (現在) 48m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.1mm 水温 14℃ 今週から水温も14度に達した。14度になると ミッドスポーン期 に突入します。 朝一は前回の片付けの時に外れてしまった Gopro のマウントを接着作業を行う...予定でしたが、両面テープのみ持参して...

1810068

error: